ガイドヘルパーが知っておくべき同行援護の「目的」とは?

同行援護の目的とは?

 

同行援護は視覚障害者に対して外出のサポートを行うサービスですが、ガイドヘルパーは同行援護を何のために行うのかを理解しておく必要があります。

今回は

  • 同行援護の目的
  • 具体的にどのような支援を行うのか?

に着目し解説していきます!ぜひ参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク
本記事の信頼性

介護業界11年目のちょいベテランで現役の管理者兼サービス提供責任者が執筆しています。

保有資格:ヘルパー2級、基礎研修、社会福祉士、同行援護、全身性ガイヘル、ほか

制度などの解説記事は「厚生労働省の一次情報」をもとにしています。

同行援護の目的、何のために行うのか?

 

女性介護士

 

同行援護の目的は日本視覚障害者団体連合会が下記のように明示しています。

 

同行援護の目的は、安全かつ快適に視覚障害者への『移動の支援』を行い『視覚情報の提供』を行うことです。

(日本視覚障害者団体連合会HPより引用)

 

目の不自由な方に、安全で快適かつスムーズな移動ができるように助け、まわりの情報を知ってもらうためにあるということですね。

これが同行援護の目的なのです。

外からの情報の8割は目から入ると言われています。

見てわかる情報が80パーセント、あとの20パーセントは耳、鼻、口(味覚)、触感ということです。

目からの情報が受け取りにくい方が外に出る時、ガイドヘルパーがともに歩いて8割を利用者に伝えていきます。

ガイドヘルパーが利用者の目になって、利用者がスムーズに社会生活を送れるように、同行援護はあるのです。

 

 

同行援護では具体的にどのような支援を行うの?

前述の通り、同行援護ではガイドヘルパーが利用者の目になって「移動の支援」を行うとともに「視覚情報の提供」を行います。

 

ガイドヘルパーはただ一緒に歩くだけではない

視覚障害者にとって外出は命の危険と常に隣り合わせです。

ガイドヘルパーは危険性を回避し、安心・安全に歩けるようにうながします。

利用者が危ない目に合わないように情報を伝え、誘導し、命を守ります。

 

「視覚情報の提供」とはどういう事か?

たとえば電車の乗り降りであれば

  • どこ行きの電車が何時に来るのか
  • ホームに入ってきた電車はどこから乗車するのか
  • 電車内はどの程度の混雑具合か
  • 空席はあるか

このように周囲の様子がわかるように、具体的な言葉で利用者に伝えます。

 

また視覚情報を伝えるだけではなく、ガイドヘルパーは利用者の気持ちにも配慮する必要があります。

電車の中であれば

・席に座りたいのか、それとも立ったままが良いのか

・立ったままが良いなら、つり革や手すりの位置はどこにあるのか

このように利用者の心情を要所要所でキャッチし対応していくことがガイドヘルパーに求められている資質でもあります。

 

 

代読・代筆で注意しておきたいポイント

他にも利用者の希望があれば代読や、代筆をおこないます。

 

代読では、書類や手紙などをガイドヘルパーが読み上げます。

利用者の方を向いて、聞きやすい声ではっきりと伝えます。場合によっては少し低めの声の方が利用者にとって聞き取れやすい方もいます。

注意しておきたいのは、利用者のプライバシーへの配慮が必要です。どうしても周囲に聞こえてしまうようであれば利用者に周囲の状況を伝えましょう。

 

代筆では、書類に住所や名前、必要事項などをガイドヘルパーが代筆します。メモや手紙を依頼されることもあります。

代筆はあくまでも利用者の代わりです。

そのため

  • 誤字脱字は無いように書く
  • できる限り丁寧できれいな字で書く
  • 勝手に省略をせず言われたとおりに書く

この3点に注意してガイドヘルパーは代筆を行いましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は同行援護の目的と具体的な支援内容を解説しました。

同行援護の目的は

  • 移動の支援
  • 視覚情報の提供

の2点が大きな目的となります。

ですが、ガイドヘルパーの仕事は「ただ一緒に歩くだけ」「ただ情報を伝えるだけ」ではありません。

利用者の外出に伴う危険性の回避、そして視覚情報の先にある利用者の心情に対応していくことがとても大事だということを忘れずに同行援護を行っていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。少しでも参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました