同行援護って難しいって本当?仕事の重要性について解説。

頭を抱えている女性

 

同行援護とは、外出が難しい視覚障害者をサポートする仕事であり重要な仕事です。

仕事内容は、平易に説明すると目が不自由だからこそ直面してしまう外出時の課題を解決するためのサポートを行うことです。

これから、同行援護の仕事をしたいと考えている人の多くは、

  • 「同行援護って難しいの?」
  • 「同行援護ってどのぐらい重要な仕事なの?」

などの疑問を抱いていると思います。

 

なので、今回は同行援護の仕事の難しさと、仕事の重要性について徹底解説していきます。

 

 

 

スポンサーリンク
本記事の信頼性

介護業界11年目のちょいベテランで現役の管理者兼サービス提供責任者が執筆しています。

保有資格:ヘルパー2級、基礎研修、社会福祉士、同行援護、全身性ガイヘル、ほか

制度などの解説記事は「厚生労働省の一次情報」をもとにしています。

同行援護の仕事内容は難しいって本当?

ハート

 

冒頭でも申しました通り、同行援護の仕事内容は目が不自由だからこそ直面してしまう課題を解決するためのサポートを行っています。

主に、外出時において

  • 外出に伴う視覚情報の提供
  • 代筆・代読
  • 移動の介助
  • 食事、排泄などの介助

などが仕事内容として挙げられます。

これらの仕事内容は初心者には難しく、慣れるまでは大変な内容だと言えます。

また介護職が長い方でも、視覚障害者への対応はまた違った難しさがあるのも事実です。

ですがその分、やりがいがあり視覚障害者に頼られる重要な仕事だと感じられると考えます。

 

スポンサーリンク

同行援護は視覚障害者を守る重要な仕事

サポート

 

先に述べたように、同行援護は視覚障害者が直面してしまう課題を解決するためのサポートを行っており、仕事内容も難しさはあると思います。

 

同行援護は、情報を提供する等の仕事だけをこなせば良いというものではありません

視覚障害者は外出をする際、目が不自由だからこそ危険に遭遇する可能性が高いので、危険な事物から身を守ることや、事故を出来る限り減らすために注意を払ったりする必要があります。

 

 

視覚障害者の身を守る

同行援護は危険な事物から視覚障害者を守ることや、事故を出来る限り減らすために注意を払ったりしなければいけません。

実際に、同行援護を利用している最中に事故が起こったという事例もあるため、サービス提供中は気を抜かないで緊張感をしっかり持つ必要があります。

また同行援護のガイドヘルパーにとって大切なことは、事故を未然に防ぐために注意を払うことだけではなく、事故が起こってしまった場合の対処も非常に大切だと言えます。

事故に遭ってしまった際に、同行援護のガイドヘルパーが狼狽してしまい適切な対処をすることが出来なかったという事はあってはなりません。

なぜなら対処が適切ではない場合に、本来助かる命だったのに助からなかったという事も起こり得るかもしれないからです。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は同行援護って本当に難しい仕事なのか?そして仕事の重要性について解説しました。

実際のところ、仕事内容は難しい面があります。

慣れるまでは大変なのですが視覚障害者にとっては、自分自身で行うことが難しい事をサポートしてもらえるので利便性が高いサービスです。

また同行援護は、視覚障害者に情報を提供するという仕事をこなすだけではなく、視覚障害者を危険から守らなければいけません。

同行援護の従業者は他人事だと考えずに、しっかりと注意を払い事故を未然に防ぐ必要があります。

もし、事故が起こってしまった場合は適切な対処をする必要があるために、焦らずにしっかり冷静でいなければいけません。

これらのことから、同行援護は決して簡単な仕事ではないという事が分かると思います。

ですが、同行援護はやりがいのある仕事ですし、同行援護自体を必要として頼りにしているという人も多くいると思いますので、同行援護の厳しさを知りそれでも本気で目指したいという人は精一杯頑張って同行援護の仕事に従事してください。

最後までお読みいただきありがとうございました。少しでも参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました