重度訪問介護の「できること」「できないこと」を正しく理解しましょう!

重度訪問介護 できること できないこと

 

重度訪問介護は、重度障害者に対して居宅における身体介護や家事援助など、生活全般にわたる総合的な支援を行います。

 

今回は重度訪問介護で「できること」「できないこと」を整理しましょう!

重度訪問介護は「介護保険の訪問介護」や「障害福祉サービスの居宅介護」とはできる範囲が違いますので正しく理解していく必要があります!

 

 

スポンサーリンク

重度訪問介護サービスで「できること」とは?

〇マーク女性

 

ここでは、重度訪問介護サービスで「できること」について見ていきます。

同じ訪問系サービスでも居宅介護とは違って、重度訪問介護ならではの「できること」を紹介します。

 

 

重度訪問介護では「見守り」支援ができる

重度訪問介護の1番の特徴ともいえるのが、見守りを支援として算定できる点です。

長時間在宅で支援を行うサービスなので、支援が不要な時間は見守りとして利用者の自宅で過ごすことになります。

利用者の希望で一人で過ごしたいから別の部屋で過ごしていてと言われるような状況もありますが、できるだけすぐに対応できる場所で見守りをすることが望ましいです。

 

 

重度訪問介護では外出支援ができる

重度訪問介護は外出の支援も可能です。

重度訪問介護の時間数のうち、移動加算として支給された時間数だけ外出支援の請求ができます。

外出は日常的な買い物はもちろん、余暇であったり冠婚葬祭でも利用することが可能です。

 

家の中だけでなく、外に出る支援も包括している点が重度訪問介護の非常に柔軟な部分と言えます。

 

 

重度訪問介護では入院中の支援ができる

一定の条件をクリアすることで入院中の利用者に対して重度訪問介護サービスを提供することができます。

  • 医師や看護師へ利用者の意思伝達の代弁
  • 介助方法の伝達(伝達時のヘルパーによる直接支援)

を行うことができます。

下記に詳しく解説してますのでよかったら参考にしてみてください。

 

 

スポンサーリンク

重度訪問介護サービスで「できないこと」とは?

×マーク女性

 

次に、重度訪問介護サービスでは「できないこと」について見ていきます。

ここは居宅介護ともかぶる部分になってきますが、決まったことを行う居宅介護に比べて、長時間サービスである重度訪問介護は余白の時間ができやすく、つい「できないこと」までやってしまったりお願いされたりします。

トラブルにならないよう、ここで紹介する内容を覚えておくことが重要です。

 

 

重度訪問介護では利用者本人が関係しない家事はできない

重度訪問介護で意外と多いのが利用者の家族に関する家事のお願い事をされること。

そんなことないでしょう?と思われますが、実際はここに悩まされる人が多くいます。

掃除や洗濯、調理についてもですが、基本的に利用者に関すること以外は重度訪問介護では行うことができません。

 

重度訪問介護では非日常的な家事はできない

利用者に関することであったとしても、日常的に行う掃除や調理でない場合はそれも重度訪問介護では行うことができません。

例えば

  • 車の掃除
  • 庭の整備
  • 模様替え
  • ペットの世話
  • 手の込んだ料理

なども重度訪問介護のサービス外になります。

こちらも線引きが難しかったり、断りづらい場合が多く、ヘルパーを悩ます要素になっていることが多いです。

 

 

重度訪問介護では経済活動に関することはできない

重度訪問介護は、就労中の支援や通勤など経済活動に関することへの支援ができません。

家庭内で商品販売のお手伝いということもアウトです。

あくまで日常的に必要なケアが重度訪問介護で行うべき支援であるので、そこはルールとして捉えましょう。

 

 

重度訪問介護では医療行為はできない

ここは難しい部分になってきますが、前提として医療行為はできないと考えてください。

医療的ケアとして、喀痰の吸引や経管栄養は医師の指示書をもらったり、適切な研修を受けた上で行っても良いとされていますが、もちろん、契約時にこのことを話し合う必要があります。

 

そのような話し合いのないまま医療的な行為を行うことは絶対にしてはいけません。

摘便や褥瘡等の治療の要求などがあっても決して応じてはいけませんし、何が医療行為で何が医療行為ではないか?を事業所の責任者がまず把握し、現場のヘルパーに周知する必要があります。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は重度訪問介護サービスの「できること」「できないこと」を解説しました。

長時間サービスならではの見守り支援ができるという点もありましたが、長時間だからこそアレコレと利用者やご家族にお願いされることも多くあります。

本来はできないことを自分だけならという気持ちでやってしまうと、利用者にとってもこの人はやってくれたのに違う人はやってくれないという気持ちになりますよね。

長い目で見て、相手の気分を害さないためにも、できることとできないことを区別しておくことは大切です。

最後までお読みいただきありがとうございました。少しでも参考になれば幸いです

訪問介護の転職は求人サイト「カイゴジョブ」だけでOK!

・訪問介護の求人数が1都3県で約3000件、近畿2府1県で約2000件と国内最多数と圧倒的!
・サービス提供責任者や登録ヘルパーなど雇用形態を問わず求人件数が多い!
・登録者数はなんと60万人!

現役訪問介護職の私の経験から言うと訪問介護の転職活動はとりあえず「カイゴジョブ」だけ登録しておけば問題なしです。
※施設介護は別ですので注意してくださいね。

重度訪問介護
記事が役にたったらシェアしてね!
くらたろうをフォローする
ヘルパー会議室