重度訪問介護で働くなら知っておきたい5つの前知識【まとめ】

重度訪問介護で働きたい

 

重度訪問介護で働いてみたいけど、あまり知らないのでうまく働けるか不安・・・

 

転職しても上手くいかなかったら意味ないし、働く前にある程度の情報が欲しい。

 

確かに・・・。重度訪問介護って特殊な部分もあるので事前に知識を蓄えておくことはめっちゃ大事です。

 

そこで今回は

 

  • 重度訪問介護で働いてみたい方
  • 重度訪問介護に興味がある方
  • 重度訪問介護で働くことに不安がある方

 

に向けて、現役介護士である私が重度訪問介護で働くなら知っておくべき5つの前知識を紹介します!

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

※こちらも併せて参考にしてみてください。

スポンサーリンク
本記事の信頼性
  • 介護業界11年目のちょいベテランで現役の管理者兼サービス提供責任者が執筆しています。
  • 保有資格:ヘルパー2級、基礎研修、社会福祉士、同行援護、全身性ガイドヘルパー、ほか
  • 制度などの解説記事は「厚生労働省の一次情報」をもとにしています。

重度訪問介護で働くなら知っておきたい5つの前知識

アイデア

 

私の経験上、重度訪問介護で働くにあたって知っておきたいことは下記の6つです。

 

  1. 重度訪問介護の「仕事内容」
  2. 重度訪問介護で「働くための資格」
  3. 重度訪問介護の「リアルな利用方法」
  4. 重度訪問介護を「ストレスなく続けるコツ」
  5. 重度訪問介護の「給料相場と求人探しのコツ」

 

それぞれ深掘りしてみていきましょう!

 

 

① 重度訪問介護の仕事内容について知る

まず何といっても重度訪問介護のサービス内容を知らなければ話になりません。

厚生労働省によると下記のとおり。

 

重度の肢体不自由者又は重度の知的障害若しくは精神障害により行動上著しい困難を有する障害者であって常時介護を要するものにつき、居宅において入浴、排せつ及び食事等の介護、調理、洗濯及び掃除等の家事並びに生活等に関する相談及び助言その他の生活全般にわたる援助並びに外出時における移動中の介護を総合的に行うとともに、病院等に入院又は入所している障害者に対して意思疎通の支援その他の支援を行います。

障害福祉サービスの内容 |厚生労働省より引用

 

はい。ややこしいですね。(苦笑)

下記の記事で分かりやすく解説してますのでこっちをご参考ください。

 

 

② 重度訪問介護で働くための資格について知る

重度訪問介護の利用者は重度障害をかかえている方が対象となります。

一言で「重い障害」とはいっても、症状のあり方は十人十色。それぞれの方に合った介助の仕方・コミュニケーションの取り方を学びながら習得していくことになります。

重度訪問介護の仕事に挑戦したい方は、以下の資格の中から一つ必要になります。

 

  1. 介護福祉士、看護師、准看護師
  2. 実務者研修、介護職員基礎研修
  3. ホームヘルパー1級
  4. 介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)
  5. ホームヘルパー3級
  6. 重度訪問介護従業者養成研修(基礎課程・追加課程・統合課程)

 

重度訪問介護従業者養成研修については、独自の資格設定となっていて特に障害の重い方に特化した内容のカリキュラムなっています。

重度訪問介護で働きたいけど無資格って方におすすめの資格です。2~3日程度で取得できます。

 

下記でより詳しく解説してますので良かったら参考にしてみてください。

 

ちなみに重度訪問介護従業者養成研修を取得するのであれば、統合過程まで修了するようにしましょう。

基礎課程のみだと限られた利用者しかサービス提供ができませんので要注意です!

 

 

③ 重度訪問介護のリアルな利用方法を知る

重度訪問介護で働いたことがない方は、たとえ仕事内容がわかっていてもイメージしにくいと思います。

実際の現場では重度訪問介護はどのように利用されていて、ヘルパーはどのようなことをしているのかを知ることで具体的にイメージできると思います。

 

下記でかなり詳しく解説していますのでご参考ください。

 

この記事はかなりリアルに書きましたのでスタートダッシュに役立つと思います。

 

④ 重度訪問介護をストレスなく続けるコツ

重度訪問介護は下記の3つの理由から「きつい」仕事だと思われがちです。

 

  1. サービス提供が長時間になること
  2. 気難しい利用者への対応がストレス
  3. 身体介護の技術面が高度

 

確かに、この3つの理由から「きつい」と感じることはあるかもしれませんが

重度訪問介護の仕事は慣れればけっこう「楽」です。1~2か月程度で慣れてきます。

 

ただ、仕事ですのでストレスが無いかといわれると嘘になります。

経験上、できる限りストレスなく仕事を続けるコツがありますので下記をご参考ください。

 

 

⑤ 重度訪問介護の給料相場と求人探しのコツ

前の4つで働くにあたっての知識は蓄えられていると思いますので、最後に重度訪問介護の給料相場と求人探しのコツを知っておきましょう。

 

重度訪問介護の給料は介護業界の中でも高めに設定されていることが多いです。

 

✓首都圏の正社員であれば

  • 夜勤のみ・・・月32万~35万円程度
  • 日勤のみ・・・月23万~26万円程度
  • 夜勤+日勤・・・月24万~28万円程度

 

✓登録ヘルパーなどのパートであれば

  • 時給・・・1200円~1800円程度
  • 夜勤手当・・・一回5000円程度

 

がだいたいの相場になっています。

 

ただし、訪問介護事業所は介護業界の中でも倒産件数No1と小規模事業所はマジで簡単につぶれていきます。

経営的に安定している法人で働かないと危険ですので、私の経験上のコツを下記にまとめました。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は重度訪問介護で働くならしっておきたい5つの前知識を解説しました。

おさらいしておきます。

 

それぞれのリンクに飛べますので、ご活用ください。重度訪問介護で働きたい方の力になれれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

タイトルとURLをコピーしました