高齢者によくみられる病気のひとつ「肝炎・肝硬変」とは?訪問介護で気を付けたいポイント。

肝炎・肝硬変

 

くらたろう
くらたろう

今回はで高齢者によくみられる病気の一つ「肝炎・肝硬変」について訪問介護で気を付けたいポイントを解説します!

スポンサーリンク

高齢者によくみられる病気のひとつ「肝炎・肝硬変」とは?

女性介護士と男性利用者

 

肝炎とは肝臓が障害を受けて炎症を起こした状態を指します。

ウィルス性(A、B、C、E型)、アルコール性、自己免疫性、薬剤性を原因とした肝炎があり、ウィルス性が全体の8割を占めています。

肝炎には急性と慢性とで分けられ、それぞれの特徴と症状は下記の通り。

  • 急性肝炎・・・急激に肝細胞が障害をうけ、発熱、全身倦怠感、食欲不振、お腹の鈍い痛み、嘔吐が起こります。症状が進むと黄疸などの症状も出現します。
  • 慢性肝炎・・・長期間にわたり肝障害が持続します。自覚症状はあまり少ないが、全身倦怠感、疲労感、食欲不振などの症状が起こります。慢性肝炎は肝臓が線維化し、小さくなる肝硬変になることがあります。またウィルス性のうち、B型とC型は急性肝炎から慢性肝炎になりやすい。

 

また肝硬変は肝臓がんの原因となる危険性が高くなるため注意が必要です。

肝硬変は自覚症状がある場合とさまざまな症状が出現する場合がありますが、進行すると黄疸、吐血、浮腫、腹水などの症状が現れることがあります。

 

肝炎・肝硬変の治療の一例

急性肝炎はC型肝炎をのぞき、自然治癒やしやすい疾患です。重症化しないよう見極め、安静療法を行います。

その他、状況に応じて食事療法と薬物療法で治療を行います。

慢性肝炎、肝硬変に関しても状態に応じて食事療法、薬物療法での治療となります。

 

【治療薬の例】

ウィルス性A型肝炎 特効薬はない。急性肝炎の場合は安静療法。ワクチン予防接種はあり。
ウィルス性B型肝炎 抗B型肝炎ウィルス薬(ゼフィックス、バラクルード、ヘプセラ、テノゼット、ベムリディなど)
ウィルス性C型肝炎 抗C型肝炎ウィルス薬(レベトール、コペガス、ソバルディ、ハーボニー配合錠など)
ウィルス性E型肝炎 特効薬はない。急性肝炎の場合は安静療法
アルコール性肝炎 重症アルコール性肝炎の場合はステロイド薬
薬剤性肝炎 原因となっている薬剤の中止をまず行う。必要に応じてウルソなどを服用
自己免疫性肝炎 ステロイド薬やウルソなど
肝硬変 ウルソ、グリチロンなど

 

くらたろう
くらたろう

この他にも、ウィルス性肝炎や肝硬変では注射薬のインターフェロン製剤が投与されることもありますので覚えておきましょう。

 

スポンサーリンク

「肝炎・肝硬変」について訪問介護で気を付けるべきポイント

よしっ!のポーズの介護士女性

肝炎・肝硬変について解説しましたが、そんな高齢者に対してヘルパーが介護する際に日常生活で気を付けるポイントは下記のとおりです。

  • 利用者の肝炎の原因、進行度を把握しておく。
  • ヘルパーに感染の危険性があるのかを主治医に確認しておく。B型、C型肝炎の場合、血液感染の危険性があるためゴム手袋を使用する。
  • 禁酒を促す。
  • 食後に安静にしておくように促す。
  • 全身観察(浮腫や脱水など)
  • 風邪や肺炎などの感染に注意しておく。(感染症にかかりやすいため)
  • 服薬の飲み忘れが無いように服薬確認を行う。

 

くらたろう
くらたろう

このようなポイントを意識して訪問介護サービスを提供していきましょう!

肝炎・肝硬変は進行すると肝臓がんに起因する恐ろしい疾患です。

しかも肝硬変になった肝臓が元に戻ることはありません・・・できる限り進行を防げるように医療連携が密に必要になります。

スポンサーリンク

まとめ

今回は高齢者によくみられる疾患「肝炎・肝硬変」について解説しました。

肝臓は沈黙の臓器と言われているほど進行しないと症状が出ない臓器です。ですが高齢者の場合、すでにかなり進行している場合もあり、急に昏睡状態に・・・なんてこともありえます。十分な注意をしてケアに臨みましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。少しでも参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました