高齢者によくみられる病気のひとつ「高血圧症」とは?訪問介護で気を付けたいポイント。

高血圧症

 

くらたろう
くらたろう

今回はで高齢者によくみられる病気の一つ「高血圧症」について訪問介護で気を付けたいポイントを解説します!

スポンサーリンク

高齢者によくみられる病気のひとつ「高血圧症」とは?

利用者と介護職

 

高血圧症とは様々な原因から血圧が正常値よりも高い状態が続く疾患です。

高血圧症は下記の2つに分類されています。

  • 本能性高血圧・・・原因が不明な高血圧
  • 二次性高血圧・・・原因がはっきりしている高血圧のことで、腎臓病や糖尿病、甲状腺の病気などのホルモン異常などから高血圧を引き起こします。

に分類されており

高血圧症の9割は本能性高血圧で、つまりほとんどの高血圧が原因不明だということです。

 

また高血圧症は放置していると動脈硬化が進むことで

  • 狭心症、心筋梗塞
  • 心不全
  • 脳卒中
  • 大動脈瘤

などのさまざまな重篤な合併症を併発する恐れがあります。

高血圧症を放置することは極めて危険な状態であると言えます。

 

高血圧症の症状

高血圧症のやっかいなところは初期の動脈硬化が進んでいない状態だと自覚症状がほとんど無いという点です。

ただし動脈硬化が進むと先ほど解説したような重篤な合併症を併発する可能性があります。

また二次性高血圧の場合は、原因となっている疾患によって浮腫や過剰な汗などの症状がみられることがあります。

 

高血圧の治療の一例

高血圧症の治療は、まず生活習慣の見直し改善を図ることを第一とします。

  • 食塩や油分の摂取量の制限
  • 野菜を摂取する
  • 禁煙
  • 飲酒量を適量にする
  • 運動

などの生活習慣の見直しを行います。

さらに薬物療法として、下記の降圧剤の内服を行います。

  • カルシウム拮抗剤
  • ACE阻害薬
  • ARB阻害薬
  • ループ利尿剤
  • β遮断薬
  • α遮断薬

また血圧を下げる薬には副作用も存在しており簡単に解説しておきます。

  • 血管を広げる薬(カルシウム拮抗薬、ARB阻害薬)・・・顔の紅潮、動悸、頭痛、ほてり感、浮腫、便秘など
  • 血管の収縮を押さえる薬(AEC阻害薬)・・・から咳など
  • 利尿薬(ループ利尿剤)・・・だるさ、頭痛、吐き気など
  • 交感神経の働きを抑える薬(β遮断薬など)・・・徐脈

 

スポンサーリンク

「高血圧症」について訪問介護で気を付けるべきポイント

高血圧症について解説しましたが、そんな高齢者に対してヘルパーが介護する際に日常生活で気を付けるポイントは下記のとおりです。

  • ケア中にできるだけ決まった時間に血圧測定を行う
  • 食事などの生活習慣の改善を図る
  • 降圧剤とほかの薬や食べ物との飲み合わせを主治医に確認しておく
  • 極端に暑い温度での入浴や居室とトイレの温度を小さくする
  • 入浴を中止すべき血圧を主治医に確認しておく
  • 処方薬の服薬確認
  • 降圧剤の種類に応じた副作用に注意する

 

くらたろう
くらたろう

このポイントを意識しながらケアをしていきましょう!

高血圧は自覚症状があまりないこともあり、利用者さんも軽視しがちです。

ヘルパーさんは決して軽視せず健康状態の観察を行いましょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回は高齢者によくみられる疾患である「高血圧症」について解説しました。

高血圧症は加齢に伴い増加してく病気です。特に高齢者では高血圧症は非常に多い疾患です。

高血圧症は心筋梗塞などの重篤な合併症を引き起こすこともありますので、訪問介護でも十分注意してケアを行っていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。少しでも参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました