高齢者によくみられる病気のひとつ「腰部脊柱管狭窄症」とは?訪問介護で気を付けたいポイント。

腰部脊柱管狭窄症

 

くらたろう
くらたろう

今回は高齢者によくみられる疾患の一つ「腰部脊柱管狭窄症」について訪問介護で気を付けたいポイントを解説します!

スポンサーリンク

高齢者によくみられる病気のひとつ「腰部脊柱管狭窄症」とは?

高齢女性の肩を抱く女性介護士

 

腰部脊柱管狭窄症とは、骨・関節・椎間板・靭帯などが肥厚し、脊柱管が腰の部分で狭くなり神経の圧迫をおこす病気です。

脊椎は、椎骨と呼ばれる骨が積み重なってできています。脊椎の中には一つ一つの椎骨には穴が空いていて、1本の管のようになっています。脊柱管というパイプ状の空間がありその中を脊髄が通っています。

加齢や病気が原因で、腰椎にある馬尾神経または神経根の通り道が狭くなり、痛みや歩行状態に障害がおきてきます。

神経の圧迫が進行して日常生活に支障が出てくるような場合は、手術を行うこともあります。

 

腰部脊柱管狭窄症の原因

加齢・今までの労働状態により組織の変化をおこします。中高年に多くみられ老化が始まりクッションの役目をしている椎間板も老化などの影響で椎間板や腰椎の変形が進み症状が出てきます。

脊柱管は背骨、椎間板、関節、黄色靱帯などで囲まれた脊髄の神経が通るトンネルです。

背骨が変形し神経が圧迫を受け、神経の血流が低下し脊柱管狭窄症が発症します。

痛みの度合いが強くないからと放置していると手術が必要な状態になります。

 

腰部脊柱管狭窄症の症状

  • 腰の痛み
  • 臀部(でんぶ)の痛み
  • しびれ
  • 足の痛み
  • 足の筋力低下
  • 歩行障害(長距離歩行は困難)
  • 排尿障害(失禁など)
  • 肛門周囲にしびれた感じがする

 

腰部脊柱管狭窄症の検査について

  • 問診視診・・腰痛、足の痛み・しびれ、感覚の異常、歩ける距離の確認
  • エックス線検査・・骨の状態を診るために撮影
  • MRI検査・・神経の異常を確認
  • 脊髄腔造影(ミエログラフィー)・背中から造影剤を脊髄腔内に注入し様子を透視・撮影

 

腰部脊柱管狭窄症の治療法について

  • 保存的治療(手術をせずに受ける治療)・コルセットの着用
  • 温熱療法、けん引などの理学療法
  • リハビリテーション(筋力トレーニング・ストレッチ)
  • 手術
  • 血流改善薬・鎮痛剤・ビタミン剤など内服薬の服用
  • 血流改善薬の点滴
  • 局所麻酔薬
  • ステロイドなどのブロック注射

 

手術はどんな手術をするの?

基本的には内視鏡化手術を行います。内視鏡だと傷跡も目立たず、術後の痛みが軽く、回復も早いと言われています。入院期間は個別状態により違います。術後1~2週間ほどで退院となる場合が多いです。

手術は下記を実施します。

  • 除圧術・・神経の圧迫を取り除く
  • 除除圧固定術圧術・・神経の圧迫を取り除いた後に骨を移植して金属のネジ/棒の固定

 

スポンサーリンク

「腰部脊柱管狭窄症」について訪問介護で気を付けるべきポイント

よしっ!のポーズの介護士女性

 

腰部脊柱管狭窄症の利用者に対して訪問介護で気を付けたいポイントを下記にまとめています。

 

  • 外出時は転倒予防が必要。見守りや杖・シルバーカーの使用を検討する。
  • 高齢者が重たい物や腰を曲げる動作・長時間の同じ姿勢をしない様に声掛け注意をする。
  • 起居動作・立ち上がり時は転倒の可能性が高いので見守り介助をする。
  • 室内の転倒予防 動線に物は置かず転倒事故は起きないように室内を整備する。
  • 足の挙上が悪いので入浴時浴槽のまたぎなど転倒しない様に入浴補助用具を検討し入浴時の見守り・一部介助をする
  • 認知症で自分から症状を訴えができない事もあるので痛みの表情がないか、歩行状態を観察し状況を確認する。
  • 歩行状態の方で痛みのひどい時は安静を促し移動は車椅子での対応に切り替える。
  • 移乗時介助は痛みにより高齢者の全体重がヘルパーにかかる場合も想定し、リスク回避をする為、2名での安全な介助も検討する。
  • 痛みが強く苦痛があり眠れない、うつ状態等の場合、早期に医師に相談し対応方法等指示を仰ぐ。
  • 腰部脊柱管狭窄症手術後のケアについて日常生活での注意点を医師から指示を頂きケアを行う。

 

スポンサーリンク

さいごに

今回は高齢者によくみられる疾患である「腰部脊柱管狭窄症」について解説しました。

腰部脊柱管狭窄症から転倒に繋がり、寝たきりになることは珍しいことではありません。ケアの中での転倒予防をどのように行うかを考えながら、安全で安心した生活を送って頂ける様サポートをしましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。少しでも参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました