高齢者によくみられる病気のひとつ「糖尿病」とは?訪問介護で気を付けたいポイント。

糖尿病

 

くらたろう
くらたろう

今回はで高齢者によくみられる病気の一つ「糖尿病」について訪問介護で気を付けたいポイントを解説します!

スポンサーリンク

高齢者によくみられる病気のひとつ「糖尿病」とは?

車イス男性と介護職

糖尿病とは、血糖値が高くなる・尿に糖が出る病気のことです。(※糖は血液中に含まれるブドウ糖)

1型・2型があります。

  • 糖尿病1型・・・子供など若年性に多く膵臓(すいぞう)のランゲルハンス島のβ細胞が障害されてインスリンを産生できなくなり、生きて行く為にインスリンを補う治療が櫃必要な状態です。肥満とは関係はありません。
  • 糖尿病Ⅱ型・・・40歳以上の中高年に多く運動不足や食べ過ぎなどの生活習慣・遺伝性が加わって、インスリン分泌の量やインスリンの効き具合が低下します。するとインスリンの作用不足が起こり、血糖値の高い状態が続くようになります。家庭内血縁者に糖尿病の人がいる。肥満の人が多いのも特徴です。

 

くらたろう
くらたろう

糖尿病は現在40歳以上では4人に1人と年々増加しています・・・

 

血糖値が上がる仕組み

なぜ 血糖値は高くなるのでしょうか。

人は食事を食べると血液の中のブドウ糖が増えます。

体の中に膵臓と言う臓器がありこの臓器から「インスリン」と言うホルモンが出て

このインスリンの作用で一定の血糖値をコントロールします。

糖尿病になるとインスリンの量が減り血液の中のブドウ糖を体内に取り込めなくなり血糖があがるという仕組みになっています。

 

糖尿病の症状

初期では、自覚症状は少ないと言われていますが、高血糖状態が続くことが下記の症状が現れることがあります。

  • 喉の渇き・・・血管の中に糖質が多くなるので薄めようと脳に指令がでて水分を頻繁に飲みたくなります。
  • 尿量の増加・・・水分を多量に飲むため頻繁にトイレに行き尿量が増えます。
  • 食欲の増進・・・血液の中に糖分が増加し処理をしようとインスリン(血液の中の糖をエネルギーに変えて血糖値を下げるホルモン)が多く出るので食欲が増します。
  • 体重の減少・・・糖尿病が悪化するとブドウ糖をエネルギーとして吸収できなくなり自分の脂肪・筋肉をエネルギーに変える為 体重の減少があります。見た目に病気で痩せている感じが見受けられますね。

 

さら高血糖を長期間放置すれば下記の合併症を起因する可能性があります。

糖尿病性網膜症

眼底にある網膜で視力を司る役割の血管の血糖値が高くなり詰まる、破れるなどの状態になり出血。その結果視力の低下などが起きます。

進行すれば失明になる場合もあります。定期的に眼科を受診し見てもらう事が予防に繋がります。

 

糖尿病性腎症

血糖値の高い状態が長く続き、動脈硬化が進行し、腎臓の血管が、破れたり詰まったりして老廃物をろ過することができなくなります。

進行するとむくみ・息切れ・胸苦しさ・食欲不振 手のしびれ・腹痛と発熱などの症状がでる事あり重度化すると腎臓の機能が不全を起こして透析を進められる事もあります。

 

糖尿病性神経障害

高血糖による神経細胞への血流不足(栄養不足)が挙げられます。

「感覚神経」・・・痛みなどを感じる

「運動神経」・・・筋肉を動かす

「自律神経」・・・心臓や胃腸の働き・血圧や体温を調整する。

三つの神経に障害が起こります。

症状は足の先がしびれ・手や足の感覚が鈍る・吐き気、食欲低下、消化不良・便秘・下痢・排尿障害・顔面神経麻痺など痛みや障害が出ます。

 

動脈硬化

糖尿病になると血管の老化が起こり血管壁は硬くなり血液が流れにくくなります。心臓・脳の血管を詰まらせ、「心筋梗塞」や「脳梗塞」を発症。脳梗塞後遺症で麻痺が残り最悪死亡に至る事もあります。

 

 

糖尿病の診断はどのように行うのか

現在は血液検査で血糖値やHbA1cの数値で正常、糖尿病予備軍、糖尿病の可能性が高いかを判断します。

食後、血糖の数値は1~2時間をピークに下がっていきます。

基本的に正しくデータをとるには空腹時に採血をした方がよいとされています。

 

正常値 糖尿病予備軍 糖尿病の可能性(対策治療が必要)
80mg/dl~99mg/dl 100mg/dl ~125mg/dl 126mg/dl~
HbA1c 5.6%未満 HbA1c 5.6%~5.9% HbA1c 6.0%以上

 

くらたろう
くらたろう

HbA1ⅽとは過去1-2か月間の血糖値の平均値のことです。血液検査で行います。

 

糖尿病の治療法とは

糖尿病の治療は基本的に、食事療法・運動療法・薬物療法で血糖コントロールすることが大切になります。

 

食事療法

  • 毎日の朝・昼・夕の食事をバランスよく食べる
  • 食事の偏りをなくす、油料理よりあっさり料理を食べる
  • アルコールは控える(医師に相談し飲んでも良いなら適量)
  • 満腹になるまで食べず7分目 8分目で止める習慣をつける
  • 夕食は早い目に終わらせ夜遅くの食事は控える
  • 早食いはせずにゆっくりよく噛んで食べる
  • カロリー計算が必要な場合 自分では難しい様であれば糖尿病食(メニューのある宅配食を使うのも便利)

 

くらたろう
くらたろう

ちなみに血糖値を下げる可能性のある食材は玄米・豚肉・緑色野菜・まいたけなどが良いとされています。

 

運動療法

ウオーキング(有酸素運動) 自立者であれば1日1万歩、無理をせずに1回20分から30分程度を毎日継続する事が重要です。

くらたろう
くらたろう

歩行が不可能な場合はPTに相談し上肢・下肢でできる体操をして頂いてもいいですね。

 

 

薬物療法

インスリン分泌を促す薬 グラクティブ、ジャヌビア、トラゼンタなど
インスリンの働きをよくする薬 グリコラン、メトグルコなど
食後の高血糖を抑える薬 グルコバイ、ベイスンなど
糖を体外に排出して血糖をさげる薬 スーグラ、デベルザなど
インスリン注射 グラルギン、ノボラピッド、トレシーバなど

などを状態に応じて行います。

 

 

スポンサーリンク

「糖尿病」について訪問介護で気を付けたいポイント

よしっ!のポーズの介護士女性

糖尿病について解説しましたが、そんな高齢者に対してヘルパーが介護する際に日常生活で気を付けるポイントは下記のとおりです。

 

日々の生活において食事療法・運動療法を促す

最初から無理な事をするとストレスがたまり逆に暴飲暴食になるので自分のペースを考えて継続する事が大事です。

認知症がある場合、食べ過ぎる事が多いので食事量を管理しましょう。

 

低血糖に注意する

薬物療法をしている場合や食事量の減少や運動量が多すぎ 体調不良時等に低血糖に(血糖値が下がりすぎる)なる事があります。

症状は、気分が悪くなる・冷や汗・吐きそうになる・胸がドキドキする・酷い場合は痙攣・意識がうすれる・倒れるなど最悪の場合、死に至ることあります。

いつ起きるかわからないので どこに行く時も砂糖やブドウ糖を鞄に入れておき、低血糖の症状時に口に入れる様にすると良いでしょう。

 

くらたろう
くらたろう

高齢者の場合、低血糖症状も認知症などで、うまく伝えられない場合があります。普段と表情が変わらないかもよく観察しましょう。

 

皮膚トラブルの確認

糖尿病は血液の流れが悪くなります。すると傷や水虫等健康な人ならすぐに治る傷も化膿しやすくなります。

ひどい場合は足を切断しないといけなくなる場合もあります。

基本ですが移乗時に皮膚剥離などしない様に注意しましょう。また入浴時は全身傷がないかも確認すると良いです。

特に足に傷がないか指の間も確認し、清潔に保つケアが必要です。早期発見・早期治療で悪化しない様にする事が重要です。

くらたろう
くらたろう

フットケアはかなり大事です。

例えば、靴ずれから壊死してしまうこともあります。それほど傷が治りにくいのです・・・

排便のチェック

排便もきちんと出ているか。便秘で力を入れてする場合、血管が弱いので破れたりしない様に排便コントロールをしましょう。繊維の多い食材の接種や水分量も重要。便秘の場合は下剤で調整も必要ですね。

 

室温や湿度などの環境整備を適切に

糖尿病の方は抵抗力が弱くなりやすいため、風邪をひいても治りにくくなります。

生活を送るうえで、室温や湿度、また衣類など、できるだけ風邪をひかないような環境を整える必要があります。

 

こまめに医療連携を図る

まず第一に血糖値を測定し、日々の血糖値を通院時などに主治医に伝える必要があります。

薬の変更やインスリンの量を変更する際の判断材料になります。

またインシュリンの自己注射が難しい人は内服に変更が可能か主治医と相談し、高齢者に負担がかからない様に配慮する事も重要です。特に意識障害が起こる場合は血糖を上げるホルモン薬を事前に処方をしてもらうなど、主治医に相談や支持を仰ぎ、こまめに医療連携を図りましょう。

 

くらたろう
くらたろう

また緊急時の対応について、医師の指示を周知徹底しておくと安心ですよ。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は高齢者によくみられる疾患である「糖尿病」について解説しました。

糖尿病は自覚症状があまりない病気ですが、気になる症状がある場合は医師に相談し早期発見・早期治療をすることが大切です。

糖尿病を放置すると怖い合併症(目・腎臓・神経3大合併症)に加え動脈硬化を引き起こす事もあります。

血糖のコントロールをする事が合併症の予防にも繋がります。

介護従事者の専門的知識が重要になります。最後までお読みいただきありがとうございました。少しでも参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました