【障害福祉サービス】居宅介護で「できる」4つの事とは?介護保険の訪問介護との違い。

居宅介護でできる4つのサービス

 

障害福祉サービスの一つである「居宅介護」には具体的にどのようなサービスが含まれているのでしょうか?

居宅介護で提供することができるサービスを4つに分けて解説します。

 

 

スポンサーリンク

障害福祉サービスの居宅介護で「できる」4つのサービス

女性介護士と男性利用者

 

居宅介護で提供できるサービスは大別すると4つにわけることができます。

それは

  1. 身体介護
  2. 家事援助
  3. 通院等介助
  4. 通院等乗降介助

 

 

となっています。一見すると介護保険の訪問介護と同じような感じかな?と思いますが、居宅介護ならではのサービス内容が含まれています。

それぞれ見ていきましょう!

 

 

居宅介護の身体介護

居宅介護で提供できるサービスの一つに身体介護という項目があります。

  • 入浴介助
  • 排泄介助
  • 食事介助

など、その人の身体に直接触れる支援を行うことができます。

また、例えば食事の準備や後片付け等、一連の行為に関わる行為全般的が身体介護の範囲になります。

もう少し具体的な例を挙げるのであれば、起床や就寝のサポートや体位変換。服薬介助等を行うことができます。

 

居宅介護の家事援助

居宅介護で行うことができる支援の二つ目が家事援助となります。

家事援助の特徴として本人が行う事ができないまたは家族によるサポートも困難という場合に支援を行うことができます。

具体的な支援内容としては

  • 調理
  • 洗濯
  • 掃除
  • 買い物
  • 処方薬の受け取り
  • 育児支援

 

が家事援助の範囲として含まれます。

育児支援は介護保険の訪問介護では無い業務になります。

育児中の障害者に対し、必要だと認められた場合には育児支援を行う事もできます。

育児支援の例を挙げると・・・

  • 利用者の子供に対しての食事(授乳)や掃除、洗濯
  • 通園または通学の為の送迎あるいは送迎補助
  • その他子供の健康管理や発育の補助

このような支援が認められています。

また、家事援助も身体介助と同様に支援を行う為に必要な一連の行為も支援の範囲として含まれています。

 

 

家族のサポートが困難という部分が認められる条件とは?

  • 同居する家族も疾病や障害を抱えている。
  • 同居する家族の高齢化により家事を行う事が難しい場合。
  • 介護疲れによる虐待や共倒れの懸念が認められる。
  • 家族が不在の際に行わなくては本人の生活に支障がでてしまう場合。

基本的に家族と同居する人についてはこれらのケースが認められる場合のみ家事援助を行うことができます。

 

 

居宅介護の通院等介助

居宅介護ではヘルパーによる通院介助を行う場合は、通院等介助を利用します。

通院等介助は

  • 身体介護を伴う
  • 身体介護を伴わない

の2つに分けれています。

「身体介護を伴う」はの身体介護と同額、「身体介護を伴わない」は家事援助と同額になっています。

また通院等介助が「等」となっているのは、病院以外にもヘルパーによる外出介助が可能であるためです。

例えば

  • 官公署への公的手続き
  • 障害福祉サービスにおける指定相談支援事業所へ相談に行く

などを通院等介助を利用してヘルパーによる介助が可能となっています。

 

院内の算定は?

通院介助時の院内の取り扱いに関しては、基本的に院内介助の算定は不可とされています。

理由は介護保険の訪問介護と同じですが、院内は病院側が対応することになっているためです。

ただし、病院側の支援が不可能な場合を前提として

  • 院内の移動介助
  • 排泄介助
  • 障害からパニックになる可能性のある利用者への見守り

などは院内介助を算定できる可能性があるため、管轄の自治体と相談してみましょう。

 

 

居宅介護の通院等乗降介助

こちらは通院等介助を車両で行う際に乗車・降車の際に支援が必要かつ、病院等の窓口で、ヘルパーが手続きを行う必要がある場合には通院等乗降介助を提供することができます。

尚このサービスは必要な時間ではなく「回数」で支給量が決定されます。

 

その他にできること

その他に居宅介護でできることとしては

  • 利用者からの相談、助言
  • 代読、代筆

などが可能になっています。

 

スポンサーリンク

まとめ

居宅介護で提供できるサービスとして

  1. 身体介護
  2. 家事援助
  3. 通院等介助
  4. 通院等乗降介助

 

 

大枠ではこれらのサービスを提供することが可能となっています。

また居宅介護で「できないこと」に関して下記に詳しく解説していますのでよかったら参考にしてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。少しでも参考になれば幸いです。

訪問介護の転職は求人サイト「カイゴジョブ」だけでOK!

・訪問介護の求人数が1都3県で約3000件、近畿2府1県で約2000件と国内最多数と圧倒的!
・サービス提供責任者や登録ヘルパーなど雇用形態を問わず求人件数が多い!
・登録者数はなんと60万人!

現役訪問介護職の私の経験から言うと訪問介護の転職活動はとりあえず「カイゴジョブ」だけ登録しておけば問題なしです。
※施設介護は別ですので注意してくださいね。

居宅介護の知識・情報
記事が役にたったらシェアしてね!
くらたろうをフォローする
ヘルパー会議室