喀痰吸引等研修を修了するメリットってなに?【介護資格】

 

喀痰吸引等研修を修了するメリットって?

喀痰吸引等研修を修了するメリットは、色々あります。どのメリットに魅力を感じるかは人それぞれですし、修了していること自体に意味を感じる人もいるでしょう。

ではメリットについて見ていきましょう!

 

 

安全に行うことができる

 

医行為である喀痰吸引・経管栄養・胃瘻を一定の条件下で研修を修了した介護職が行なっても良いとされたのは、ニーズがあるからです。

しかし、あくまでもヘルパーさんの本分は、医行為ではなく生活を支援することです。

その上で、医師の指示の下で医療職と連携して吸引や経管栄養・胃瘻を行う以上安全が担保されなければなりません。この研修を修了することで、リスクとその回避の仕方、万一の時の救急蘇生法などを身に付けるので、より安全に行えるようになります。

 

 

また、救急蘇生法は医行為に限らず、もっと言えば仕事中に限らず私生活でも役に立つ内容です

自分の配偶者や子供たちが目の前で急変したり、異物を詰まらせた場面を想像して下さい。あなたは助けることができますか?救急蘇生法や異物除去の方法を知っている、又は実践したことがあるのと全く知らないのとでは、大事なご家族の救命率は異なります。

つまり、職務だけでなく大事な家族を守る確率を上げられる手立てを身に付けられるということですね。

 

 

コンプライアンスを遵守する

 

吸引等の為にこの研修を修了することは、コンプライアンスを遵守することになり、信用度も異なるでしょう

最近は、吸引などに限らず内部告発などがあるのか数年前の内容を指摘され、介護保険法や医師法違反などで処分される例がよくあります。そのようなことにならないようにする為にも、是非とも修了しておきたいところですね。

 

 

啓発できる

 

吸引や経管栄養などの部分だけでなく、手洗いや清潔・不潔、救急蘇生法、観察項目を根拠に基づいた内容で周囲に啓発できるようになりますね。

 

 

市場価値の上昇

 

転職の時などでは特に自分の市場価値がどれくらいなのかは気になるところです。安売りしたくはないし、高く買ってもらうには付加価値を付ける必要がありますね。

その付加価値の1つとして、認定特定行為業務従事者の認定を使います。

合法的な医行為の実施と知識や技術の証明に用いることも勿論出来ます。

 

 

この研修は、自施設から何人も行けるわけではなく、あまり多いと他の事業所の人が受けられない為、人数を制限されます。せいぜい2人位です。また、事業所の費用で受講させるよりも既に持っている人を雇う場合は、この研修だけを観点に据えれば受講のための経費が浮きます。

 

 

まとめ

今回は喀痰吸引研修を修了するメリットは

  • 喀痰吸引を安全に行うことが出来る
  • コンプライアンスの遵守
  • 啓発が可能
  • 市場価値の上昇

この研修は事業所から申し込まなければなりません。

上で説明したようなメリットがあるので、今更などと思わずに機会があれば、受講したい旨を上司に伝えてみては如何でしょうか!