【訪問介護】喀痰吸引を安易に考えていませんか?要注意!

 

喀痰吸引を安易に考えていませんか?

 

喀痰吸引は医行為として、本来は医師や看護師などの免許を持ったものでないと行うことは出来ません。

医行為というのは、医師等の免許を持つ者以外の者が行うと生命又は身体に危険が及ぶ可能性のある医療的な行為を言います。

 

 

見様見真似で行うものではない

 

認定特定行為業務従事者の認定を受けていないヘルパーさんが、喀痰吸引を見様見真似で行うことは止めましょう。

また、自分自身が認定を受けていても事業所も届出を行なっているか確認して下さい

 

 

傍目には吸引チューブを口腔や鼻腔から入れて、吸引圧を掛けて痰を引いているだけに見えるかもしれません。実際そうなのですが細かく様々な事を観察しています。理由は、吸引することで負っているリスクを下げる為です。

 

 

喀痰吸引の研修に行ったヘルパーさんが周りにいる人はその人でも良いですし、いなければ看護職にでも良いですが、何の知識もない人が喀痰吸引を行うことで遭遇する最悪の事態を聞いてみて下さい。衝撃の答えが返って来ると思います。

 

 

喀痰吸引を見様見真似で行うリスク

 

喀痰吸引を見様見真似で行うリスクとは、何でしょうか?

絶対に覚えておいて頂きたいことですが、喀痰吸引の最悪のリスクは吸引された人が亡くなることです。チューブで少し吸っただけで亡くなるってと思われたかもしれませんね。

 

人体には、迷走神経というはっきりと何処を通っているか分からない神経があり、副交感神経もその一つです。そして副交感神経が心臓に対して負っているのは拍動を抑制することです。

 

吸引チューブを奥まで入れすぎて、チューブで副交感神経を刺激したことによる迷走神経反射を引き起こすと、チアノーゼが一気に出て、心臓が止まります。迷走神経反射によるCPAを防ぐ、又は蘇生させるには心臓マッサージや気道の確保に加えて医療職の静脈注射による薬物投与などが必要です。そして、迷走神経反射から薬物投与までの時間が開き過ぎて間に合わない為、在宅や施設で吸引を行なっており、迷走神経反射を引き起こすとまず亡くなると思って差し支えありません

 

 

もう一つの亡くなるリスクが無気肺です。喀痰吸引のチューブは圧をかけて痰を吸引しています。吸引圧を掛けて痰を引くときは、痰だけでなく同時に肺の空気も吸っています。

無気肺は、吸引だけが原因になるものではありませんが、吸引圧が高過ぎたり、吸い続けたりすると肺の空気が無くなることで、収縮することでもなり得る状態です。

無気肺が広範囲且つ急激に起こった場合は、呼吸困難やショック症状によって生命に危害が及ぶこともあります。

 

 

亡くなる以外のリスクは感染症にかかることです。喉より奥は無菌に近い状態の為チューブを奥まで入れ過ぎると、それによる感染症が起こります。気管切開の喀痰吸引に無菌の清潔操作が必要なのはこれが理由です。

 

 

生命や身体への影響以外の影響とは?

上でご説明した通り、喀痰吸引は医行為に指定されています。

免許を持つものか講習を修了したもの以外が生業として喀痰吸引を行うと、医師法違反(無資格医業)に問われます。

 

 

免許を持っていない・講習を修了していないものに吸引を指示した者も同様に無資格医業で医師法違反になります。医師であっても無資格者に指示すれば医師法違反に問われます。たかが痰の吸引と思っている行為が違法行為ということですね。

 

 

最近の例をいうと新潟の施設の施設長である医師が、講習を修了していない介護職に痰の吸引や胃瘻を指示して、無資格医業で送検されています。それも3年程度前のことを今指摘されています。

 

医師・看護師・介護福祉士などの資格者の場合は、信用失墜行為の禁止に関する条項に触れて資格が剥奪される可能性もある程の重大な行為であることを忘れてはいけません。