ヘルパーさんが介護福祉士を目指すべき理由とメリットを解説!【介護資格】

 

 

訪問介護員が介護福祉士を目指すべき理由とメリット

 

ヘルパーとして働いている方の中には、介護福祉士を目指して働いてる方もいるでしょう。また、今は目指していなくても将来的に目指そうと考えている方も多いと思います。

 

介護福祉士を取得すべき理由とはどのようなものがあるのでしょうか。また、資格を取得した際のメリットなどについてもご紹介していきます。

 

 

待遇はどの程度良くなるの?その理由は?

介護福祉士は介護の国家資格になります。介護職員初任者研修は民間資格ですので、資格に対しての価値は介護福祉士の方が高いといえます。

 

 

実際に介護福祉士の方が待遇が良いです。それでは具体的になぜ待遇が良くなるのか、またどの程度待遇が良くなるのか見ていきましょう。

 

 

・事業所に入る金額が高くなることがある

介護福祉士を取得している方が一定の割合がいる場合、特定事業所加算という加算を算定できる可能性が高くなります(他の条件もあり)そのため、訪問介護としては出来るだけ介護福祉士を増やして加算を算定しようとします。

加算を算定することが出来ればそれだけ訪問介護に入る金額が多くなりますので、介護福祉士に良い給料を支払っても良いと考えるのです。

 

 

・サービスの質が高くなる

訪問介護としては出来るだけサービスの質を高めて、良いサービスを提供し、そうすることによって多くの方に選ばれる訪問介護事業になることを望んでいます。

介護職員初任者研修と介護福祉士が同じサービスを提供したとしても、やはり介護福祉士の方がサービスの質が高い傾向にありますので、介護福祉士の待遇を良くしてより多くの方に働いてもらうおうと考える訪問介護は多いのが現状です。

 

 

・給料が良くなる

介護福祉士と介護職員初任者研修の訪問介護員としての給料を比較してみましょう。

ある求人を見てみると介護職員初任者研修の給料が基本給17万円でした。対して介護福祉士の場合は基本給が20万円、資格手当が1万円の合計21万円になり、4万円の差が出ていました。

 

多くの求人を見てみると介護福祉士の方が2万円~4万円程は高いことが多いのです。

 

 

 

その他の介護福祉士を取得した後のメリット

待遇以外にはどのような点でメリットがあるのでしょうか。

 

・転職に強くなる

介護福祉士は介護のトップ資格です。介護をする方は介護福祉士を持っていることによって、様々な現場で活躍が出来ます。

つまり転職に強くなるということです。違う訪問介護で働くのも良いですし、施設系などに転職することが出来ます。

 

いくら経験があったとしても、介護の基礎的な資格である介護職員初任者研修だけでは転職に有利になるといえず、希望する職種に就けないこともあります。

介護福祉士の場合は希望する職種に就けることが多く、なおかつ給料も転職をすることによって向上する可能性もあります。

 

 

・責任のある仕事を任される

訪問介護員として活躍するのも良いですが、もっとレベルアップを望んでいるのであればサービス提供責任者になることもできるのが介護福祉士のメリットです。介護職員初任者研修ではサービス提供責任者になることができませんので、大きな違いであるといえます。

将来的に訪問介護で上に立ちたい、責任のある仕事をしたい、自分で様々なことを決めたいと考えているのであれば介護福祉士の取得は第一歩になることでしょう。

 

 

・訪問介護員の中心的な役割を担う

サービス提供責任者はしたくないが、訪問介護員として活躍したい、中心的な役割で働きたいと考えているのであれば介護福祉士の取得はおすすめです。訪問介護員の大半は介護職員初任者研修です。介護福祉士の役割としては指導やスーパーバイザーがあります。

他の訪問介護員のスキルアップの為に研修会を開いたり、様々な相談を受けたりアドバイスをしたりなども介護福祉士としての役割に含まれますので、中心的な存在で働きたい方は介護福祉士を是非取得しましょう。

 

 

デメリットは無いが取得するまでが大変

介護福祉士の資格を持っていることに対してのデメリットはありません。もしデメリットがあるとすれば、それは取得までの道のりが大変だということでしょう。時間、労力、お金がかかってきます。

 

 

例えば時間ですが、介護福祉士は国家試験を受けなければなりませんので、その勉強をする時間が必要になります。働きながら取得を目指す場合はそれなりに覚悟をして勉強に取り組まないと難しいでしょう。

 

特に主婦の方などは家事もありますので、その労力は非常に多くのものとなります。またお金もかかります。働きながら介護福祉士を取得するためには実務者研修の修了か、介護職員初任者研修+喀痰吸引等研修が必要になります。それを受講する為の費用も必要になってきます。

 

まとめ

今回はヘルパーさんが介護福祉士を目指すべき理由とメリットを解説してきました。

介護福祉士を取得する事で

待遇面は?

  • 事業所に入る金額が高くなることがある
  • 介護の質が上がる
  • 給与が良くなる

メリットは?

  • 転職に強くなる
  • 責任ある仕事を任される。
  • 訪問介護員の中心的な役割を担う。

デメリットは?

  • 時間・労力・お金がかかる。

 

介護福祉士の試験は国家資格の中では合格率は高い方ですが、それでも30%から40%の方は毎年不合格となりますので、きちんと受験勉強、受験に向けての準備をする必要があります。

詳しくは下記を参照ください!

介護福祉士はそれらのことを犠牲にしてでも取得する価値のある国家資格です。様々なメリットがありますので、是非目指してみることをお勧めします!