へルパーをするなら介護職員初任者研修は必須。その理由と資格のすべてを解説!【介護資格】

 

訪問介護員として働いている方のほとんどが介護職員初任者研修を取得しています。しかし、資格を取得するためにはある程度の時間とお金が必要になり、出来れば資格無しで働きたいと考えている方も多いのです。

 

 

訪問介護員が介護職員初任者研修を取得すべき理由とはどのようなものがあるのでしょうか?

 

 

介護職員初任者研修は必須資格

 

介護職員初任者研修の資格は世間にあまり浸透していないといえます。初めて聞いたという方も多いのではないでしょうか。しかし、ヘルパー2級は聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか?

実はヘルパー2級が移行して、介護職員初任者研修になったのです。

ヘルパー2級は訪問介護員として働くためには必須の資格でした、つまり介護職員初任者研修も訪問介護員として働くためには必須の資格になります。

 

資格を持っていないと報酬を算定出来ない

 

訪問介護は介護保険上のサービスの一つであり、訪問介護を行うことによって介護保険の報酬を得ることが出来ます。その条件の一つとして訪問介護員が最低でも介護職員初任者研修を取得していることが挙げられます。

 

 

つまり何も資格を持たない状態で訪問介護をしたとしても、介護報酬をもらうことが出来ないということなのです。これが訪問介護員には介護職員初任者研修が必須であるという大きな理由の一つになります。

 

 

介護のプロとして活動をする

 

介護は特に資格がなくとも出来るものです。家族が行っていたりしますので、介護をするのに特別な学習を受けておかないと、介護が出来ないというわけではありません。

 

しかし、介護報酬をもらって介護を提供するのであれば、一定以上の介護技術や知識が必要なのです。

看護師や医師の資格がある方が診察や治療をすることによって、医療保険が適用されると同じように、

介護でも介護福祉士や介護職員初任者研修の資格を持ったプロの従事者が介護を提供することによって介護報酬が発生するのです。

 

 

 

最低限の知識は必要

 

介護職員初任者研修は介護の資格の中でも基礎的な資格であり、介護の基本を覚えることが出来ます。

 

この基本がきちんとしていないと適切なサービスは提供することが出来ませんし、最悪の場合事故を起こしてしまう可能性がありますので十分注意する必要があると考えられます。

 

 

それでは最低限の知識とはどのようなものなのでしょうか。カリキュラムを見ながら説明をしていきます。

 

職務の理解

介護従事者として何を仕事としているのか、職務について学びます。

 

介護における尊厳の保持・自立支援

高齢者の尊厳や、あくまでも自立を促すことが目的であることなど、介護が何を目的としているのかを学びます。

 

介護の基本

介護についての基礎知識になります。介護とは何か、介護は何をするものなのか、介護の基礎の基礎を学びます。

 

介護・福祉サービスの理解と医療との連携

介護保険や福祉サービスについての基礎知識を学びます。また、介護は一人で出来るものではありません。近年では他職種とのチームケアが必須になってきており、連携方法や、他の職種について学んでいきます。

 

介護におけるコミュニケーション技術

介護は対人援助技術です。人を相手にしますしコミュニケーションは必須であるといえます。また、相手が高齢者ですので、高齢者におけるコミュニケーションの注意点などを理解していきます。

 

老化の理解

老化していくとはどのようなことを言うのか、身体的な変化や心の変化などを学びます。

 

認知症の理解

介護と認知症は切っても切れません。認知症とはどのような病気なのかということを中心に学びます。

 

障がいの理解

障がい者の心理や障がい者への介護方法などを学びます。

 

こころとからだのしくみと生活支援技術Ⅰ 基本知識の学習

体の仕組みを学ぶことは介護をするものにとって必須の事です。また、心のケアも重要視されていますので、心と体の基礎的な部分について学びます。

 

こころとからだのしくみと生活支援技術Ⅱ 生活支援技術の学習

生活を支援するということは直接的な介護だけではありません、掃除や洗濯、調理なども生活を支える重要な部分です。

 

こころとからだのしくみと生活支援技術Ⅲ 生活支援技術演習

ここでのカリキュラムは実践編です。実際に掃除をしたり、ベッドメイキングをしたりなど、様々な支援を行います。

 

 

 

少ない時間でも取得が可能

 

資格を取得しようと思いますと、まず思うことが時間ではないでしょうか。取得までどれぐらいの時間がかかるのか分からず、前に進めない方も多いかと思います。介護職員初任者研修を取得するには最短で2週間、1か月もあれば取得することが出来るでしょう。

また費用に関しては、6万円~15万円かかります。場所によっては一定の条件を満たすことによって金額の補助をしてくれるところもあります。

 

まとめ

今回は介護職員初任者研修が必須である理由を紹介しました。

介護職員初任者研修は費用も時間もそこまでかかりませんし、資格を取得すればすぐにでも訪問介護員として働くことが出来ます。介護を始める方にとっては入門編として必須の資格ですので是非取得してみてくださいね!