実務者研修って?サービス提供責任者になるための方法を解説!【介護資格】

 

ヘルパーがサービス提供責任者になる為には実務者研修が必要?

訪問介護事業所では、多くのヘルパーをサービス提供責任者がまとめています。そのため、ヘルパーの中にはサービス提供責任者になりたいと考える方もいます。しかし、サービス提供責任者になるためにはどのようなことをしていく必要があるのか、きちんと理解をしているヘルパーは少ないといえます。

ここではヘルパーがサービス提供責任になるための道筋、実務者研修の取得方法やメリットなどについてご紹介していきます。

 

 

サービス提供責任者になるためには何が必要なのか

サービス提供責任者は誰でもなれる訳ではありません。サービス提供責任者は資格が必要であり、その資格を取得しておきませんとサービス提供責任者になることはできないのです。

まずは資格要件についてみていきましょう。

 

 

サービス提供責任者になるための資格要件

サービス提供責任者になるためには、実務者研修を取得しているか、介護福祉士を取得しているかになります。初任者研修でも実務経験が3年以上あればサービス提供責任者になることができますが、求人自体がほとんどありませんし、将来的には出来なくなりますのでここでは省きます。

 

まず介護福祉士は介護の資格の中で唯一の国家資格であり、国家試験に合格をしなければいけません。実務者研修の受講が必須になりますのですぐには取得することが出来ません。実務者研修に関しては、介護福祉士のように試験がなく(卒業試験はあり)、受講を受けるだけで取得することが出来ますので、取得するまでの道のりは短いといえます。

 

 

実務者研修の取得がおすすめ

実務者研修は働きながら取得することが出来ますし、ハローワークの訓練校にも採用されている資格ですので、職業訓練対象者であれば受講をしながらお金をもらうこともできます。

介護福祉士の場合は、試験に落ちる可能性も考えられますし、受講をする為の試験勉強などで非常に時間がかかりますので、まずは実務者研修を取得しておくことをお勧めします。

 

 

実務者研修を取得するためには

実務者研修を取得するにはどのようにしていけばいいのか。また、取得するまでの時間や費用についてもご紹介していきます。

 

 

実務者研修を取得するにはスクールに通う

実務者研修の受講を行っているのは認可されたスクールです。スクールに通うことによって受講を受けることが出来るのです。スクールは専門学校が実施しているところもありますし、ニチイなど大手の会社でも開催をしています。

スクールによって違いますが、ほとんどの場所では自宅学習をメインとしており、通学するのは1週間ほどとなっています。自宅で頑張れる方は出来るだけ自宅学習が多いところ、通学をして学びたいと考える方は、出来るだけ通学が多いところにしておきましょう。

 

 

取得する為の費用は?

取得するまでの費用は通うスクールによって違います。安いところであれば10万円前後、通常であれば15万円前後といったところが平均です。また持っている資格によっても違います。初任者研修やヘルパー1級などを取得している場合はさらに安くなります。

費用に関してですが、都道府県によっては貸付制度を行っているところもあり、授業料の半分を負担、その後一定年数その都道府県内で勤務をすることによって全額免除されるという制度もあります。

また、訪問介護事業所をやっているスクールであれば、自社の訪問介護事業所で働くことによって全額免除される場合もあります。これは非常に大きな金額となりますので、受講前に調べておくことが大切になります。

 

 

取得するまでの期間は?

期間は無資格の方であれば半年で取得することが出来て、初任者研修などの資格を取得している方であれば1か月から3か月で取得できます。これはあくまでも目安ですので、働きながら取得する場合は、もう少し時間がかかる場合もあります。

 

 

実務者研修を取得するメリット

実務者研修を取得することによってどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

 

仕事の幅が広がる

無資格でも介護の仕事をすることが出来ますが、無資格で働ける場所は限られていますし、求人も非常に少ないのです。

近年の求人は最低でも初任者研修、実務者研修を持っていれば望ましいというところも多いですので、求人も無資格に比べると非常に多いといえます。

 

 

サービス提供責任者になれる

これは実務者研修の最大のメリットであるといえます。特に女性の方、主婦の方にはおすすめです。サービス提供責任者は在宅介護サービスの介護職の中では最も給料の多い職種であり、月に25万円以上で募集をしている求人もあります

その為、正社員のヘルパーやデイサービスの介護スタッフなどと比べても非常に優遇されているといえます。

 

 

まとめ

  • サービス提供責任者になるためには実務者研修がおススメ
  • 実務者研修取得費用は10万~15万円、全額免除される所も・・・
  • 取得期間は1か月~3か月が目安
  • 求人も多くサービス提供責任者になれば好待遇を期待できる可能性あり

 

実務者研修は他の資格に比べると取得しやすい割に、メリットの多い資格であるといえます。仕事の幅も広がりますし、サービス提供責任者になれば給料も高くなります。迷っている方は是非取得をお勧めします。