【入浴介助】ヘルパーが身体介護を上手く行う方法。【訪問介護技術】 

入浴介護は身体介護の中でも難しい部類であり、初心者の方にとっては難易度の高い介護であるといえます。入浴介助の中には、洗身や洗髪以外にも着脱介助や、おむつ交換なども含まれており、様々な技術が必要とされています。

ここでは、ヘルパーが行う入浴介助の注意点や上手に行うポイントについてご紹介していきます。



 

入浴介助で考えられるリスクについて

入浴介助を上手く行う前に、入浴介助のリスクについて知っておきましょう。リスクを知ることによって様々な危険を回避することが出来ます。

 

リスク① 転倒の危険性が高い

浴室は湯や石鹸などで床が滑りやすくなっていることがあり、転倒の危険性が高いことを認識しておきましょう。特に浴室は転倒をしてしまいますと大きな事故につながりやすくなりますので注意が必要です。

また、普段立てる人でも床が滑りやすくなっているため立ちにくくなる、移乗介助が必要になる場合もありますので、もし滑って動けなくなるような状態でしたら滑り止めマットなどを引いて対応をするようにしましょう。

 

利用者と同様にヘルパーの足も滑りやすくなっていますので、滑り止めのサンダルなどを履いて対策をすることをお勧めします。

 

リスク② 温度差に注意する

浴室と浴室外の温度差が高いと心臓に負担がかかりますので注意が必要です。特に脱衣場などが寒い状態ですと、血管が一気に収縮して脳梗塞などの危険性が高まりますので温度差には気を付けておいた方が良いです。

また、お風呂の温度自体にも注意しておきましょう。お湯張りも入浴介助の中に含まれています。あまりにも熱いお湯につけてしまい全身やけどを負わせたケースもありますし、あまりにぬるい温度だと風邪を引かせてしまうこともありますので39度前後の適温が望ましいと言えます。

 

利用者によっては「風呂は熱い湯じゃないと嫌」と昔からの習慣で熱いお湯につからないと気が済まない方もおられます。そういった方はサービス提供責任者を通じ、ケアマネや主治医に相談し対応するようにしましょう。

 

リスク③ ケガをさせやすい

通常の部屋であれば床はクッション素材になっていることもありますし、何よりも靴下や服を着用していますので多少何かにぶつけたとしてもケガをすることは少ないです。

しかし、入浴時の場合は浴槽を始めとして床も固く、側面も固い素材でできており、服を着用していませんので何かにぶつけた際はケガをしやすい環境であるといえます。

特に皮膚が弱い方にとっては、ケガをしやすくなりますので十分気を付けた方が良いといえます。

 

入浴介助を上手に行うポイント

入浴介助の危険性が分かったところで、入浴介助を上手く行うポイントについて説明をしていきます。入浴介助を上手に行うヘルパーは高齢者からしても安心できる存在で人気が高いといえます。是非この機会に上手に行うポイントを覚えておきましょう。

 

ポイント① 導線を考えることから入浴介助は始まる

導線を考えると言われてもいまいちピント来ないと思いますが、

要するに 利用者が入浴する際の脱衣から入浴後の着衣までを、危険なくスムーズに行うことが出来るような流れ を考える事から入浴介助は始まります。

利用者の身体状態を把握し、どこまで介助が必要で、どのような入浴環境が必要かを探っていきましょう。

 

ポイント② 環境を整える

入浴介助の導線を考えると入浴介助は様々な危険性が伴いますので、環境を整えることが大事になります。

環境を整えるポイントとしては、「動きやすくする」ということがポイントになります。手すりがついていると自分で浴槽から出入りできる方もいますし、立位が取れる方もいますので介助を行いやすいです。

また、浴槽の出入りを手助けするボードもおすすめですので、是非検討をしてみましょう。福祉用具であれば介護保険が適用されますので安く購入することが出来ます。サービス提供責任者に相談をして、ケアマネジャーに話を持って行ってもらいましょう。

 

ポイント③ 残存機能を生かす介助

入浴介助の導線を考えると、どこまで介助が必要かを判断する必要があります。

これはどの介助についても共通して言えることですが、入浴介助に関しては非常に大切なことになります。やはり自分で動くことによってリハビリにもなりますし、何よりも安全に動くことが出来ますので、残存機能を生かして自分でできることは出来る限り自分で行ってもらうようにしましょう。

一部分だけでも自分で行うようにしてもらうこともポイントの一つです。

例えば、

「洗身をする場合背中は自分で洗うことはできないが、足は自分で洗える」

という方もいますし、

「腕だけ自分で洗うことが出来る」

という方もいます。そういった方は、一部分だけでも自分で洗ってもらうようにしましょう。

 

ポイント④ 移乗介助は密着が大切

浴槽から出入りする際に介助をするのであれば、出来る限り密着して行うようにしましょう。体を離して行いますと手だけの力で介助を行うことになりますので、非常に不安定です。

体を密着させることによって、触れる範囲が広くなりますので体全体で支えることになって安定します

 

ポイント④ 全身のチェックを行う

入浴以外に裸を見る機会がありませんので、体に傷がないか、褥瘡が出来ていないかなど全身のチェックを行うことは非常に大切なことです。高齢者は自身でも気づいていない内に傷や発赤が出来ていたりします。是非入浴介助の時は全身を観察するようにしましょう。

特に褥瘡は早期発見が非常に大切になりますので、早期に発見できるようにしっかりと見ておくことが必要になります。

 

まとめ

入浴介助は危険性が高く、出来る限り慎重に安全に行うようにしましょう。また、入浴はリラックスが出来る場でもありますので、安全に入ってもらいつつ、気持ちよく入ってもらうことも意識すると良いです。

最初は介助をしにくいかと思いますが、徐々に慣れてくるかと思いますので、上手に行うポイントをしっかりと意識して行うようにしましょう。