現役ヘルパーが複雑な訪問介護員同士の人間関係を解説!

訪問介護ではヘルパーやサービス提供責任者、事務員などが働いていますが、その中でも最も多いのはヘルパーです。

大きな事業所になりますと常勤ヘルパーが数名、登録ヘルパーが数十名と数が多くなりますので、時折ヘルパー同士の関係性が悪くなることもあります。

 

ではなぜヘルパー同士の人間関係が悪くなることがあるのか?

そして人間関係で苦労しないためのポイントについて探っていきましょう!

 

スポンサーリンク

ヘルパー同士の関係性が悪くなりやすい理由

ヘルパー同士関係性が悪くなりやすい理由として、同じ利用者に複数のヘルパーがサービスに入っているということが挙げられます。

 

例えば、週2回調理に入っている利用者のケースを見てみましょう。

ヘルパーのAさんは料理が得意で、非常に手の込んだ料理をして出来るだけ利用者に美味しく食べてもらおうと工夫をしていました。しかし、時々時間がかかってしまい時間がオーバーしてしまうこともありました。
ヘルパーのBさんは料理はあまり得意ではなく、特に手のこんだ料理はしませんでした。時間はきっちりしており必ず毎回時間通りに終わっていました。

 

このようなケースの場合、利用者からしてみればヘルパーのAさんの方が『良いヘルパー』となり、Bさんは『手の抜いたヘルパー』だと評価されてしまいがちです。Bさんからしてみれば「Aさんが余計なことをするから私の評価が悪くなる」と思う可能性は高いです。

 

しかし、事業所として考えるとBさんは決して手の抜いたヘルパーではありません。場合によっては時間を延長してしまうAさんの方が問題となります。

 

サービス提供責任者の場合は、サービスに直接入るわけではありませんので、どうしても利用者の評価をそのまま受けてしまいがちですが、本当の実情を知る努力をしていかなければいけませんね。

 

ここでは調理を例に挙げましたが、利用者からよく挙がる声としては「掃除のやり方が違う」「あの人は笑顔で、あの人はいつも不愛想だ」ということもあります。しっかりとサービス提供責任者がヘルパーに事情を聞いて、なぜそのような行動をしているのか、注意すべきところ、褒めるところを抑えておくことが大切です。が実際にこのことが出来ていない事業所はあります。(サービス提供責任者はなかなか忙しいです・・・)

 

それができていない事業所は、気がついた時にはヘルパーから「あのヘルパーさんが入っている利用者には行きたくない」と言われてしまいヘルパー同士の人間関係が悪くなってしまいます。

 

スポンサーリンク

ヘルパー同士で仕事の調整をしないようにしましょう

ヘルパーをする方は主婦の方が多いのが特徴であり、家事の合間にヘルパーとして働いている方もいます。そのため、急用などが入って仕事をキャンセルするケースも多いのです。

 

通常であればヘルパーが事業所に行けない旨を連絡して、サービス提供責任者が代わりのヘルパーを手配していきますが、時々ヘルパー同士で仕事の調整をしてしまうことがあります。

また、事業所によってサービス提供責任者自身が「休むなら代わりのヘルパーを探して」と指示を出す場合があります。

ヘルパー同士で仕事の調整をしていくと関係性が悪くなったり、様々なデメリットがありますので注意が必要です。

 

それではどのような関係性の悪化、デメリットがあるのでしょうか?

ベテランが新人をいいように使ってしまう

新人の方であれば、どうしてもベテランへルパーに逆らうことが出来ず、急な仕事を引き受けてしまう可能性があります。新人の方に負担がかかり新人のヘルパーが続かなくなってしまうのです。

 

サービス提供責任者が機能しなくなる

ヘルパーが困った時に手助けをするのがサービス提供責任者です。休むと連絡をしたにもかかわらず「自分で代わりを探すように」と言われたヘルパーは憤りを感じるかと思います。サービス提供責任者が信頼されなくなり、そういった事業所はヘルパーをまとめる人がいなくなってしまいますので、ヘルパー同士の関係性は悪くなってしまいます。

こういったヘルパー同士でのやり取りは行われやすいですが、トラブルも多いですので、事業所を必ず通してもらうようにしましょう

 

スポンサーリンク

ヘルパー同士の関係性が良い事業所の見分け方

ヘルパー同士の人間関係が良くお互いが助け合えている事業所は全体の雰囲気が良いものです。

そういった事業所は関係性が悪くなってしまう前に、対策を取って出来るだけ関係性を良くしていく取り組みを実施しています。

どういった取り組みかというとヘルパーが集まる機会をしっかりと設けているということです。

 

ヘルパーという仕事は直行直帰も多いため、『一緒の利用者の所にサービスを提供しているがヘルパー同士で顔を合わせたことが無い、見たことが無い』ということもしばしばあります。

お互いがどういった人間かを知らないため、勝手なイメージを膨らませ人間関係の悪化につながるわけです。

例えば

ある訪問介護では毎月1回茶話会を開いてヘルパー同士の交流を持ってもらうことを目的としていました。ケースを1例か2例ほど出して勉強会をするところもあります。しっかりと顔を見て話をすることによって関係性を良くしようと取り組んでいる事業所もあります。

 

これからヘルパーとして働こうとしている方は面接を受ける訪問介護事業所がヘルパー同士が集まる機会をしっかりと設けているかを確認してみるのが良いです。しっかりと行っている事業所は働きやすい職場の可能性が高いです。

 

スポンサーリンク

最後に

今回は訪問介護事業所内でのヘルパー同士の人間関係について解説してきました。

良く勘違いされやすいのが、訪問介護は施設介護に比べると職員同士が顔を合わすことが少ないので人間関係が楽と言われたりします。確かにそういった面はあると思います。基本的に単独で仕事が完結するため楽な面もあります。

ですが顔を合わさないからこそ人間関係が悪い方へ悪化してしまうこともあるということを覚えておいてくださいね!

ぜひ今回の記事を参考にしていただき人間関係で困らないような事業所で、活き活きと働けるヘルパーさんが増えれば良いなと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

転職を考えている!介護の仕事がしたい!という方は是非下記を見てくださいね!

介護系の資格をとりたい!という方は是非下記を見てくださいね!