介護職も知っておきたいコミュニケーション技術『バイスティックの7原則』とは?

 

バイスティックの7原則は対人援助技術の基本的・根本的原則の事です。

高齢者、児童、障がい者、様々な分野で幅広く活用できる援助技術になっています。

 

本来はソーシャルワーカーが個別援助における援助関係の実践原則として提示しているものなりますが

介護職員にとっても有効活用できる原則なんです。

 

特に訪問介護では高齢者や障がい者宅に訪問し、1対1で支援を行ってきます。

1対1であるがゆえに機械的ではないコミュニケーションが非常に大事

で、信頼関係を築く上でバイスティックの7原則は不可欠な原則です。

 

今回はこの対人援助の基本的な姿勢を学び現場で活かしてみてくださいね!

 

 

スポンサーリンク

バイスティックの7原則とは?

 

 

① 個別化の原則

利用者が抱える困難や問題は、どれだけ似たようなものであっても、人それぞれの問題であり

「同じ問題は存在しない」

とする考え方の事を指します。

利用者は一個の人格的存在です。

一人ひとり違った生活体験やパーソナリティ、能力を持っています。

したがって一律的ではなく個別的に支援していく必要があるということですね。

 

こんな事にならないように注意してください!!

利用者のAさんは、過去にかかわったBさんの問題にとても似てるな。
生活環境や、心身の状態まで似てる・・・。
だったら過去のBさんとニーズも同じはず

アセスメントは適当で良いかな・・・。

 

→→→結果として

Aさんと過去のBさんのニーズは違い適切な支援ができなかったケースが良くあります。

 

② 自己決定の原則

何事も決定するのは、支援者ではなく、あくまで利用者が決定するということです。

 

 

③ 受容の原則

利用者の考えは、利用者の人生経験や思考から来るものであり、利用者自身の個性です。

「利用者の考え方を否定せず、なぜそういう考え方になるかを理解する」

という考え方の事ですね。

 

例)糖尿病を患っておられるAさん

主治医からは食事のカロリー制限の支持を受けている。

Aさんは昔からのグルメで何よりおいしい食事をしているときが一番の幸せである。だからついつい食事制限がありつつも、食べ物に手を出してしまう。

 

そんな中で、支援者がAさんに「糖尿病を悪化させないためには食べるものを我慢して、主治医の指示に 従った食事制限していかなければいけません」と言ったとします。

このときにAさんはどう感じるだろうか?

健康のために納得して反省する・・・。

健康を無視し反論する・・・。

 

このようなときにも利用者の心理や価値基準がどのように作り上げられてきたのかを把握し

そのプロセスを「受け入れた」上で

これからどうして行けば利用者の気持ちにも沿った支援を考えることができるか?

その出発点が「受容」となります。

 

「受容」について注意してほしいのは、
何でもかんでも受容しなければならないという事ではないという事です。

例えば
社会的に逸脱した考え方などを無理に受容する必要はありません

ただ、支援者は利用者さんの事を善悪で判断してはいけないよ
という事です。

 

 

④意図的な感情表出の原則

支援者が利用者の思いを理解し、利用者が自らの感情を遠慮なく吐き出すことができるように働きかけることです。

「そのときにどう感じましたか?」という、コミュニケーションを行うことで

利用者の「その時」の「それに対する」感情を引き出していくことが大切です。

 

また、支援者が利用者の感情を自由に表出させることによって

 

利用者は、自らの状況を客観的に認識することができるようになりますよ。

 

 

⑤統制された情緒的関与の原則

支援者が感情的になってはならないということです。

常に冷静に物事の判断を行い、利用者の気持ちを受け止め、それが何を意味しているのか?の理解をします。

その上で意図的に対応することが求められているということです。

 

支援者自身が、自分自身をいかに客観視できるのかという事がとても大切です。

 

⑥非審判的態度の原則

支援者自身の倫理的価値判断によって、批判、否定、追求をしない

あるいは、またその価値判断を強制することがあってはならないということです。

 

⑦秘密保持の原則

利用者に害をなす可能性があるため、利用者の個人的情報をもらしてはならないとする考え方です。

支援者は利用者の個人的な生活状況や秘密に触れることが多く、それだけに秘密保持が職業倫理上強く求められているということです。

これは当たり前の事ですね。

 

スポンサーリンク

最後に

今回はバイスティックの7つの原則について解説しました!

この7つの原則は相互関係にありに深いつながりを持っています。

たとえば「非審判的態度の原則」と「受容の原則」は表裏一体のものです。

非審判的態度は受容を行うためには不可欠なものです。

利用者の行動や思考を、支援者自身の価値観や、一般常識で善悪を判断することなく「受け入れる」ことから受容が成り立ちます。

最後までお読みいただきありがとうございました!少しでも参考になれば幸いです。

 

ヘルパー / サービス提供責任者
記事が役にたったらシェアしてね!
くらたろうをフォローする
現役介護士が実際に登録してオススメな介護転職エージェント
【かいご畑】

介護職としてキャリアを積みたい人におすすめの転職支援サービスです。
・訪問介護で働くなら必須の資格「介護職員初任者研修」
・サービス提供責任者になる為の資格「実務者研修」
の2つを無料で取得することができます。

~かいご畑はこんな方にオススメ~

• 初任者研修、実務者研修(費用負担あり)を取得したい人
• 介護職の経験がない人
• 派遣社員、パート・アルバイトで働きたい人
• 介護職としてキャリアを積みたい人
• 転職が初めてで面接などサポートを受けたい人

良かったら登録してみてくださいね。

【マイナビ介護職】

転職・求人の大手「マイナビ」が運営していて、安心して利用することが出来ます。
20代~30代で正社員を希望している人はかなりオススメです。
非公開求人が多いのもマイナビ介護職の魅力的な所です!

マイナビ介護職はこんな方にオススメ

• 正社員で働きたい人
• 給与などのよい条件で働きたい人
• 20代・30代で求人を探している人
• 履歴書の書き方や面接のサポートを受けたい人
• 関東・関西などの都市部の人

良かったら登録してみてくださいね。

【きらケア介護求人】

求人数が他に比べるとトップクラスに多く、転職と言えば「きらケア」というぐらい定番です。
サポートアドバイザーが介護業界に詳しいので安心して転職活動を行うことが出来ます。

~きらケアはこんな方にオススメ~

• 未経験やブランクのある人
• 正社員や派遣社員、パート・アルバイトで働きたい人
• 転職が初めてで書類作成などのサポートを受けたい人
• 首都圏や都市部で転職したい人

良かったら登録してみてくださいね。

ヘルパー会議室