【ケア資格ナビ】はどんな資格サイト?資料請求方法から評判まで徹底解説!

 

介護職に転職するために知識を習得したい人や、介護職でさらにステップアップしたい人が考える手段の1つです。介護の資格には、介護福祉士という国家資格をはじめさまざまな資格があります。

介護の資格を習得する方法は、資格試験だけではありません。講義を受けなければ取れない資格もあります。

 

また、資格試験に向けたスクールなどもありますが、日程や費用はそれぞれ場所により違ってきますし、場所も全国に沢山あるので悩む人も少なくありません。

「ケア資格ナビ」は、完全無料で介護の資格を取得する講座や講義案内をしています。

ケア資格ナビには、どのような資格があるのでしょうか。登録方法や評判を含めて徹底解説します!!

 

スポンサーリンク

「ケア資格ナビ」とは?

 

ケア資格ナビとはどんなサイトなのでしょうか。ケア資格ナビの基本情報を紹介します。(2019年12月現在の情報をもとに作成しています)

 

「ケア資格ナビ」の基本情報



  • 会社名:ケア資格ナビ
  • 運営会社:株式会社ネットワーク(東京都千代田区)
  • 設立年月日:2001年10月(ケア資格ナビは2005年1月から運営)
  • 料金:無料
  • 地域:全国
  • 総資格数109件(うち介護系の資格20件)
  • スクール数:92件
  • 年間利用者数約200万人

 

「ケア資格ナビ」は、資格の資料を取り寄せるサイトとなります。

介護や福祉の資格の資料が約半数の48個で、どのような資格なのか、どのように転職にいかせるかなどの情報も記載されています。

すべて資料請求やスクール情報も全て無料で取り寄せることができるので、転職を考えている人や、資格を取得したい人にもおすすめのサイトです。

 

「ケア資格ナビ」で取り扱っている主な資格

「ケア資格ナビ」は介護の資格をはじめとして様々な資格を取り扱っています。ここでは、介護の資格、その他の資格の主なものを紹介します。

 

介護の資格

※特に資格があると働きやすい資格を記載しています。

 

  • 介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)
  • 実務者研修
  • 介護福祉士
  • 喀痰吸引研修
  • ケアマネジャー
  • 社会福祉士
  • 精神保健福祉士
  • 社会福祉士受験資格取得
  • 介護事務
  • 福祉用具専門相談員
  • ガイドヘルパー
  • 同行援護従事者
  • 行動援護従事者 など(計20種類)

その他の資格

  • 保育士 受験資格取得
  • 保育士
  • あん摩マッサージ
  • 登録販売者
  • 心理カウンセラー など

 

 

スポンサーリンク

「ケア資格ナビ」の利用の流れ、利用方法は?

 

「ケア資格ナビ」の利用方法はどのようにすればよいでしょうか。「ケア資格ナビ」の利用の流れ、利用方法を含めて紹介します。

「ケア資格ナビ」の利用の流れ

「ケア資格ナビ」は、資料請求をケア資格ナビに行うとケア資格ナビから直接スクールに送付を依頼し、スクールより資格請求者に直接送付される仕組みです。「ケア資格ナビ」が資料をもっている訳ではありませんので、常に新しい資料が送付されてきます。

ケア資格ナビ」の利用方法

「ケア資格ナビ」の利用方法を紹介します。

 

①取得したい資格を選ぶ

自分が取得したい資格をクリックすると、資格の情報や資格の費用がわかります。転職したい施設や資格の難易度などでも選ぶことができます。

②地域を選ぶ

講座が開催されている地域(九州等の広い枠組み)からさらに都道府県を絞り込みます。

③資料請求をクリック

自分の気になるスクールがあったら資料請求をクリックします。

④送付先を入力

資料の届け先を入力します。

氏名、住所、電話番号、メールアドレス(任意)

定期的に届くメールマガジンの有無、利用規約も確認しましょう。

⑤資料が届く

資料請求は手続き後、2~4日で届きます(地域によって異なります)。

複数の資料請求の場合は、それぞれの資格スクールから届きます。

 

スポンサーリンク

「ケア資格ナビ」のメリット・デメリット

「ケア資格ナビ」のメリット・デメリットはどのようなところでしょう。それぞれ紹介します。

 

資格の数・・・◎

「ケア資格ナビ」の資格の量は、介護職として働く上での資格のほか、保育士や心理カウンセラーなどさまざまな資格があります。介護職として働いていても知らない資格もありますので、転職を考えている人、新たな資格を取得したい人などさまざまな人が利用できるサイトです。

 

資格の情報・・・〇

資格の情報は、申し分ないです。資格に必要な情報をはじめ資格にかかる費用も分かりやすく説明されています。

 

資料請求のしやすさ・・・◎

資料請求はしやすいです。

サイトを利用する場合、登録をして利用をするのであるのではなく、ほしい資料があった時のみ送付先を登録し、資料を請求しますのでサイト内に必要な資料請求のスクールがなければ観覧だけでも可能です。

また、複数の資料の請求も可能で、送付先を登録すれば1度の登録で送付されます。

 

資料が届く早さ・・・〇

資料が届く早さは、2~4日とそこまで早くありません。

また、ケア資格ナビから直接送付されるのではなくスクールから送られてきます。

複数の資料請求をする場合、1つ1つ送られてくる日程に誤差があり、それぞれ別のところから送られてきますので、資料の量が増えますので注意が必要です。しかし、スクールから直接送付されますので常に新しい資料が送付されます。

 

利用のしやすさ・・・〇

利用のしやすさは〇です。

全国にスクールがあり、曜日や料金の比較ができます。スクールの数も多いですので利用がしやすいです。送付後の情報については、メールマガジンを不可にすればメールも届きませんので、手軽に利用できます。

しかし、資料の詳細を知りたい場合は「ケア資格ナビ」が答えてくれるのではなく、資料のスクールに直接問い合わせしなければならないところが大変です。

 

その他

「ケア資格ナビ」は中立のサイトですので、どこのスクールがよいなどの評判や口コミは書いていません。

スクールに通い、卒業すれば資格が取得できるところなら違いがありませんが、ケアマネジャーや介護福祉士の対策のスクールを受講する場合は、口コミなどの情報が重要です。

スクールを受講する場合は口コミの情報を自分で調べる必要があります。

 

スポンサーリンク

まとめ

「ケア資格ナビ」は、資格習得のための情報やスクールの情報が気軽に検索できるサイトです。転職を考えている人だけでなく、スキルアップしたい人、介護職以外の転職を考えている人など幅広い人に対応しています。

検索するだけなら住所を登録する必要もありませんので、気軽に利用できます。

自分に合ったスクールを探すのは難しいですので、すぐスクールに申し込みをするのではなく、資料請求をし、検討した上でスクールを利用する上でも利用しやすいサイトといえます。

資格取得を考えている方は下記からどうぞ!!