パーキンソン病の方への支援で知っておきたい5つのポイントを解説。

 

 

パーキンソン病と聞くと、有名人ではボクシングのモハメド・アリさん、俳優ではマイケル・J・フォックスさん、日本では永六輔などが発症した事で知られています。

訪問介護現場でもパーキンソン病を患っている利用者の介護をすることがあります。

ですがパーキンソン病とはどのような病気でどのように関わっていけば良いのか分からないという声をしばしば耳にします。

そこで今回はパーキンソン病とは?

そして支援者としてパーキンソン病の人との関りで重要な5つのポイントを解説します!

 

スポンサーリンク

パーキンソン病とは?

 

パーキンソン病の定義

パーキンソン病の定義は

 

典型的な左右差のある安静時振戦(4~6Hz)ある。

歯車様強剛、動作緩慢、姿勢反射障害のうち2つ以上が存在する。

(難病情報センターより引用)

とされており難病に指定されています。

 

スポンサーリンク

パーキンソン病の特性

 

パーキンソン病の進行について

パーキンソン病は、進行性の難病です。進行状況については、個人差がある為さまざまです。

主症状により進行症状に差が出ています。振戦(ふるえ)が主症状では進行が比較的遅く、動作弛緩が諸症状だと進行が速いと言われています。

治療によりますが、通常では発症して10年程は普通の日常生活ができると言われています。

その中でも、寝たきりになる事もあります。

 

スポンサーリンク

パーキンソン病の4大症状について

①安静時振戦

自分の意志とは関係なく、安静にしている時に手・足・顔面に振戦と言われる震えが起きます。

逆に、意識して手・足を動かしている時は震えが抑えられる傾向があります。

多くの方は、進行しても震えは続きますが、1割程度の方は震えが無くなるという報告もあります。

 

②筋固縮

全身の筋肉が硬く強張り、スムースに体を動かせない状態になります。

ご本人が気づくというよりは、診察にて医師により判断されます。

パーキンソン病の方の前腕を医師が肘の所まで曲げ伸ばししたりして診察します。

筋肉の強張りにより、その動作に抵抗が起きます。他の病気と比べてパーキンソン病を診断する重要な所見です。

 

③無動・寡動

病状の進行により、症状が出ます。体を動かす事が困難になる症状です。

日常生活を送る上でも、困難な事が多く出てきます。

瞬きをする事や、口の筋肉を動かす事が困難になり、話す事が難しくなる事があります。

 

④姿勢反射障害

姿勢反射とは、体の姿勢がバランスを崩した時に、重心を移動しバランスを保つ事です。

その姿勢反射に障害が起こり、バランスを保てなくなり、転びやすくなる事を姿勢反射障害と言います。

 

 

スポンサーリンク

パーキンソン病の4大症状から起きる困難さについて

 

コミュニケーションについての困難さ

コミュニケーションについては、まず安静時振戦で意志と反した震えが起こります。

人に見られることに嫌悪感を抱く方もいらっしゃいます。

その為、人に見られる事で怒りっぽくなる事が引き金となりコミュニケーションが円滑に行えない場合があります。

 

機能面に着目すると、無動の症状により言葉を発する事が困難になると、聞き取りにくくなります。

何度も聞き取るうちに面倒になり口数が少なくなる場合もあります。

 

ADL面での困難さ

無動や姿勢反射障害により、転倒しやすくなります。

小刻みに歩行することもある為、小さな段差でもまたぐのが困難な場合があります。

また、無動により口の筋肉が衰え、咀嚼しにくくなり食事にも影響が出ます。

 

 

スポンサーリンク

パーキンソン病の方が受けられるサービス

パーキンソン病は、重症度によって受けられるサービスが違います

重症度の分類では、「ホーン・ヤールの重症度分類」と「生活機能障害度分類」があります。少し解説しておきましょう。

 

ホーン・ヤールの重症度分類は、1度~5度に分別されています。

1度:体の片側のみの手足の震え、筋肉の強張りがある。体の障害が無い、もしくはあっても軽い症状。
2度:両側の手足の震え、両側の筋肉の強張りがある。日常生活や仕事にやや支障がある。
3度:小刻みに歩行する。方向転換で転倒しやすい。日常生活上支障があるが、介助を要さない。職種により仕事の継続が可能。
4度:立ち上がりや歩行が困難になる。生活の多くの場面で介助を要する。
5度:車椅子が必要になる。ベッド上での生活時間が長くなる。

 

生活機能障害度分類は1度~3度に分類されています。

1度:日常生活や通院にほとんど介助を要さない。
2度:日常生活や通院に部分的な介助を要する。
3度:日常生活に全面的な介助を要する。歩行・立ち上がりを介助無しでは行えない。

となっています。

ではパーキンソン病の方が受けられるサービスを見ていきましょう!

 

医療費助成サービス

指定難病で、厚生労働省の定めた範囲の状態の場合、医療費に対する助成制度があります。

この場合、公的支援を受ける場合はホーン・ヤール重症度が指針になります。

 

福祉サービス

肢体不自由の障害が法で定められた程度である場合は、身体障害者手帳を申請により取得できます。

パーキンソン病が原因で、身体障害者福祉法適応の場合は、肢体不自由となります。

手帳取得が出来れば、総合支援法での福祉サービスを利用出来ます。

サービス内容は、各自治体によってさまざまです。

65歳以上の方は、介護保険制度優先の為注意が必要です。

 

スポンサーリンク

パーキンソン病の方の支援で知っておきたい5つのポイント

 

パーキンソン病は、進行性の難病である為進行に合わせて関わり方も変化させる必要があります

今回は5つポイントをまとめてみました!

 

 

自尊心を傷つけない関わり

他の難病と同じく、だんだん出来ない事が増えていく為、寄り添い精神的に支える事が重要です。

特に、自尊心が傷つくとうつ状態になったりして2次的な障害に陥る事もあります。介

助が必要になると、家族や介助者は大変な面が増えると思いますが、重い通りに体を操れない辛さは、一番ご本人が感じています。

 

特に男性の場合は、介助を受け入れるのに耐性が低く怒りっぽくなる事もあります。

介助以外での、一緒に楽しめる時間を作り心の安心の共有も必要です。

 

 

転倒への注意、ほんのささいな段差でも転倒の危険あり

無動・姿勢反射障害によって、歩行可能な状態でも転倒には配慮を要します。

また、小刻みに歩くようになった場合は、以前はつまずかなかった小さな段差や滑りの悪い絨毯やマットで転倒してしまう事もあります。

立ち上がりが困難になり、バランスが保たれない状態になった場合も転倒に対して注意が必要です。

 

 

歯科医師や言語聴覚士に食事に対しての評価をしてもらうことも検討する

食事に関しては、病状が進むと発語が困難になったり嚥下障害になる為、食事中にものを詰まらせないよう配慮が必要です。

歯科医師や、言語聴覚士(ST)の対応が可能な場合は、食事に対する評価をしてもらい、食形態(一口大・刻み食・柔らか・ペースト等)を確認しながら健康と安全を保つ必要があります。

 

無動の症状により、食べこぼしば増える場合もあります。ご家族で介助する場合は、特に「赤ちゃんじゃないんだから。」と冗談でも言うと、ご本人の自尊心が傷つきます。その為、声かけには十分配慮が必要です。

 

 

 

非言語的コミュニケーションも有効活用しましょう

進行すると、口の筋肉がうまく動かなくなる為、言葉が聞き取りにくくなります。

その為、コミュニケーションを取る事がおっくうで、コミュニケーションの時間が減る傾向にあります。

コミュニケーションが減ると、認知症になりやすい場合もある為、出来るだけコミュニケーションは取りたいものです。

また、非言語表現(ノンバーバルコミュニケーション)も、人によっては有効です。

長年連れ添った夫婦が、「あれ。それ。」で通じる事があるように、指差しや表情でもコミュニケーションを取れる場合があります。

安静時振戦・筋固縮・無動の症状があっても、最重度の進行状態でない限りは、表情が無くなるわけではありません。

 

スポンサーリンク

まとめ

ここまで、パーキンソン病の定義・特性・サービス・関わり方のポイントを紹介してきました。

それはあくまでもベースとなるものです。

同じ難病でも、その方その方でさまざま個性が違います。特性があり、その上に個性があります。完治の難しい難病だからこそ、長い目で見て寄り添い付き合い続ける事が必要です。

とはいっても、当事者の方や周りのご家族はとても大変な思いをされています。

ピアカウンセリングと言われる、同じ境遇の方同士で関わったり、難病の方の家族で情報を共有する活動もあります。

インターネットの普及で、コミュニティも増えています。公

的な機関や、医療に相談する事は勿論ですが、インフォーマルサービスと言われる家族・友人・近隣住民・ボランティア等を巻き込んだサービスも利用し、精神安定と生きがいを保つことが大切です。

 

 

現役介護士が実際に登録してオススメな介護転職エージェント
【かいご畑】

介護職としてキャリアを積みたい人におすすめの転職支援サービスです。
・訪問介護で働くなら必須の資格「介護職員初任者研修」
・サービス提供責任者になる為の資格「実務者研修」
の2つを無料で取得することができます。

~かいご畑はこんな方にオススメ~

• 初任者研修、実務者研修(費用負担あり)を取得したい人
• 介護職の経験がない人
• 派遣社員、パート・アルバイトで働きたい人
• 介護職としてキャリアを積みたい人
• 転職が初めてで面接などサポートを受けたい人

良かったら登録してみてくださいね。

【マイナビ介護職】

転職・求人の大手「マイナビ」が運営していて、安心して利用することが出来ます。
20代~30代で正社員を希望している人はかなりオススメです。
非公開求人が多いのもマイナビ介護職の魅力的な所です!

マイナビ介護職はこんな方にオススメ

• 正社員で働きたい人
• 給与などのよい条件で働きたい人
• 20代・30代で求人を探している人
• 履歴書の書き方や面接のサポートを受けたい人
• 関東・関西などの都市部の人

良かったら登録してみてくださいね。

【きらケア介護求人】

求人数が他に比べるとトップクラスに多く、転職と言えば「きらケア」というぐらい定番です。
サポートアドバイザーが介護業界に詳しいので安心して転職活動を行うことが出来ます。

~きらケアはこんな方にオススメ~

• 未経験やブランクのある人
• 正社員や派遣社員、パート・アルバイトで働きたい人
• 転職が初めてで書類作成などのサポートを受けたい人
• 首都圏や都市部で転職したい人

良かったら登録してみてくださいね。

ヘルパー / サービス提供責任者
スポンサーリンク
ヘルパー会議室