訪問介護で入るゴミ屋敷の実情と対応方法を解説!

 

訪問介護をしていると、ある程度綺麗で居心地の良いお宅もあれば、掃除が行き届かないお宅に訪問することもあります。

今日は、その中でとりわけひどい「ゴミ屋敷」をとりあげていこうと思います。

 

ヘルパーなら1度は経験するであろうゴミ屋敷。

ゴミ屋敷の問題は片付かないだけではなく、

  • 食中毒などの危険
  • 転倒のリスク
  • ダニやノミなどの問題
  • 料理ができないほどの台所

など多岐にわたります。

通常のヘルパーサービスを提供できる在宅環境ではなく、なかなかにゴミ屋敷は大変です。

 

そこで今回は

 

訪問介護で出会うゴミ屋敷の実情ときれいにする方法

 

を解説していきます!

ヘルパーさん頑張れ!

 

 

スポンサーリンク

訪問介護でゴミ屋敷は解消できるのか?

 

「訪問介護でゴミ屋敷」というと

普通の掃除できれいになるレベルではありません

 

ヘルパーだけではゴミ屋敷をきれいにしていくことは難しく、キーパーソンになる人とチームになることが必須です。

 

ゴミ屋敷を解消するためにチームをつくる

ゴミ屋敷を、ヘルパーのサービス提供時間だけで解消することは難しいです。

ヘルパーは介護保険でできることも限られているので、他の専門職と連携をとってチームをつくることが近道です。

それは

  • 地域包括支援センター
  • 民生委員
  • 家族

民生委員と家族は専門職ではありませんが、協力してくれれば非常に強い味方になってくれます。

 

スポンサーリンク

訪問介護でゴミ屋敷の掃除はどこまでできるの?

 

訪問介護は介護保険上「できること」「できないこと」が決まっています。

 

詳しくは下記記事を参考にしてください!

簡単に言うと大掃除的な掃除はヘルパーはできない事になっていて、

あくまでも日常生活上の必要な掃除のみと定められています。

 

なので介護保険のサービスで問題なくできる範囲内では

  • 布団に脚を伸ばせないほど散らかっていたら、布団の上だけ片付ける。
  • キッチンの流しがぬめりとカビで洗い物が山積みならば、流しを使えるレベルまできれいにする。
  • 床が油でズルズルだったら、大掃除にならない範囲で掃除する。
  • 玄関のゴミを片付けて玄関の床が見えるようにする。

ぐらいが妥当な範囲になります。

 

 

ゴミ屋敷の掃除で介護保険上可能な範囲を言いましたが

実際の現場ではこの範囲に収めて掃除をすることは難しいです・・・

本当はダメなことですが、ヘルパーさんが頑張って掃除し綺麗にしている所もあるのが実情です。

やらなければどうしようもないのです・・・ヘルパーさんは大変です。

 

スポンサーリンク

利用者がゴミを捨てたがらない理由と対応方法

 

利用者の中にはゴミを捨てることに拒否反応を示す方が結構います。

「それは捨てないで!」なんて怒り出すことも・・・

 

ゴミを捨てれない理由は大きくわけて2種類ありますので見ていきましょう!

 

もったいない精神からゴミを捨てれない

戦時中に生まれ育った方は「もったいない」という気持ちを持っている方が多いです。

そのため物が捨てられない傾向にあります。

 

そういった利用者に対しては

  • まずもったいないという気持ちに共感する
  • 衛生面で良くないことを伝える
  • 不衛生な場合のリスクを話す
  • 第3者にも伝えてもらう
  • 利用者さんのことを案じていることを伝える

などの対応をしてみましょう!

「もったいない精神」は言い方を変えると「物を大事にする」ということでもあります。

良い事でもありますので何より共感を示すことを忘れずに!

 

精神疾患を発症していてゴミを捨てれない

例えば、アルコール依存症や鬱、せん妄などの精神疾患を発症している場合もゴミ屋敷化しやすい傾向にあります。

他にも配偶者の死別からセルフネグレクト化し、掃除をしなくなるケースもあります。

 

このような利用者の場合は

  • 様々な症状により正しく判断できないことをヘルパー側が理解する
  • 医療と連携を取り、適切な治療を受ける

 

ゴミ屋敷を解消することは大事なことですが、精神疾患の場合はまず医療的ケアが必要です。

精神面が安定してくると掃除ができるようになる利用者も多くいます。

 

 

スポンサーリンク

ヘルパーがゴミ屋敷に入る前に準備しておくもの5選!

 

訪問介護で出会うゴミ屋敷は非常に不衛生臭いも強烈です。

ですが、ヘルパーは1日に何件も利用者宅に訪問しますので、何も準備しないと次の利用者に迷惑をかけてしまいます。

「〇〇さん今日なんか臭うね・・・」なんて利用者に言われてしまいかねません。

 

ゴミ屋敷のサービスにあたって準備しておくものをあげておきます。

 

  • マイスリッパ・・・場所によっては足の踏み場もないほど汚れていたりします。スリッパが無いと靴下が汚れ放題です。
  • ゴム手袋・・・カビの生えたもの等、不衛生な物を触りますので何枚か持っておきましょう!
  • マスク・・・強烈な臭いを放っているお宅もあります。マスクごときでは防ぎきれませんが無いよりマシ!
  • 消毒用アルコール・・・不衛生ですのでどのような菌が潜んでいるか分かりません。
  • 替えの衣服やエプロン・・・どうしても衣類が汚れたり、臭いがついて取れない場合があります。そのまま次の利用者宅に行けないので替えの衣類は持っておきたい所です。

 

この5つは私もゴミ屋敷に行く時に持っていってます。ぜひ参考までに!

替えの衣類を持っていくのは結構面倒ですが・・・

 

スポンサーリンク

まとめ

今回はゴミ屋敷について解説しました。私もゴミ屋敷は何度か経験しましたが、とにかく「きつい!」です。

不衛生で臭いもきつく、次の訪問先にそのまま行けない・・・なんてことも良くあります。

ですがゴミ屋敷に好きで住んでいる人はいません。

ゴミ屋敷にいたるまでのそれぞれの経緯があります。

ゴミ屋敷は目に見えるSOSであり、社会的孤立の象徴でもあります。

心の病気からセルフネグレストと言われる自分に価値がない、自分を大事にできないことの現れだったりもします。

現場のヘルパーさんはかなりきついと思いますが少しでも参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

ヘルパー / サービス提供責任者
記事が役にたったらシェアしてね!
くらたろうをフォローする
現役介護士が実際に登録してオススメな介護転職エージェント
【かいご畑】

介護職としてキャリアを積みたい人におすすめの転職支援サービスです。
・訪問介護で働くなら必須の資格「介護職員初任者研修」
・サービス提供責任者になる為の資格「実務者研修」
の2つを無料で取得することができます。

~かいご畑はこんな方にオススメ~

• 初任者研修、実務者研修(費用負担あり)を取得したい人
• 介護職の経験がない人
• 派遣社員、パート・アルバイトで働きたい人
• 介護職としてキャリアを積みたい人
• 転職が初めてで面接などサポートを受けたい人

良かったら登録してみてくださいね。

【マイナビ介護職】

転職・求人の大手「マイナビ」が運営していて、安心して利用することが出来ます。
20代~30代で正社員を希望している人はかなりオススメです。
非公開求人が多いのもマイナビ介護職の魅力的な所です!

マイナビ介護職はこんな方にオススメ

• 正社員で働きたい人
• 給与などのよい条件で働きたい人
• 20代・30代で求人を探している人
• 履歴書の書き方や面接のサポートを受けたい人
• 関東・関西などの都市部の人

良かったら登録してみてくださいね。

【きらケア介護求人】

求人数が他に比べるとトップクラスに多く、転職と言えば「きらケア」というぐらい定番です。
サポートアドバイザーが介護業界に詳しいので安心して転職活動を行うことが出来ます。

~きらケアはこんな方にオススメ~

• 未経験やブランクのある人
• 正社員や派遣社員、パート・アルバイトで働きたい人
• 転職が初めてで書類作成などのサポートを受けたい人
• 首都圏や都市部で転職したい人

良かったら登録してみてくださいね。

ヘルパー会議室