訪問介護でエアコンの掃除を頼まれたら|介護保険でできること?

 

どうもくらたろうです。

訪問介護をしているとエアコンの掃除を頼まれた経験はありませんか?

「エアコン掃除はダメだよね・・・?」

と思いつつも

仮にケアプランで自宅内の掃除が位置付けられていたら、簡単にエアコンを拭くぐらいなら大丈夫かな・・・?

なんて新人ヘルパーなら思うこともあるかと思います。

 

今回は

介護保険制度を確認しながらエアコン掃除ができるのかできないのか

解説していきます。

 

 

スポンサーリンク

エアコンの掃除は介護保険の範囲外

 

結論から言うと、原則として訪問介護でエアコンの掃除を行うことはできません

訪問介護に位置付けられている掃除は、日常的に本人が使用している範囲内に限られています。

本人以外の部屋の掃除や日常生活に支障のない部分の掃除は、介護保険の範囲外となってしまいます。

 

訪問介護では、次のようなサービスを受けることはできません。

・直接利用者の援助に該当しないサービス

(例)利用者の家族のための家事や来客の対応 など

・日常生活の援助の範囲を超えるサービス

(例)草むしり、ペットの世話、大掃除、窓のガラス磨き、正月の準備

 

(引用:どんなサービスがあるの? – 訪問介護(ホームヘルプ)|厚生労働省)

 

 

スポンサーリンク

ヘルパーがエアコンの掃除を頼まれたときの対応は・・・

 

訪問介護でエアコンの掃除ができないとわかっていても、利用者からお願いをされることはあります。

契約のときに掃除のできる範囲を説明していたとしても、利用者が忘れてしまっている場合もあります。

では、エアコンの掃除を頼まれたときはどのように対応すれば良いのでしょうか。

 

 

黙って掃除をするのはNG

お願いされると、ついついやってあげたくなる気持ちはわかります。

しかし、「エアコンのフィルターを掃除するのであれば時間もかからないし、やってあげよう」と、掃除してしまうのはNGです。

 

例えば、エアコンの掃除をしていた人が担当を変わってしまった場合に

ヘルパーあるあるですが

利用者や家族から「Aさんはやってくれたのに、新しい担当のBさんはやってくれない」というクレームに繋がる可能性があります。

介護保険制度を守っている職員や事業所が責められてしまうのを避けるためにも、自己判断で黙って掃除をするのはやめましょう。

 

 

そのまま放置はしない

エアコンの掃除のお願いを断ったとしても、そのままにしてしまうのは好ましくありません。

利用者は訪問介護の職員を頼ってお願いをしています。

断ってそのままにしてしまうと、利用者に不満が募り、関係性が悪化してしまう恐れもあります。

訪問介護ではできないことをお願いされたとしても、困っていることを理解し、そのままにしないようにしましょう。

 

かならず報告・共有をする

エアコンの掃除など訪問介護でできないことでも、事業所内で報告・共有をすることは大切です。

家族がいる利用者の場合、事業所から家族に、エアコンの掃除は介護保険でできないことを説明したうえで、掃除の要望があったことを伝えましょう。

また、ケアマネージャーへ報告して、対応をお願いするのも方法の一つです。

ケアマネージャーはインフォーマルなサービスの情報も持っているので、訪問介護でエアコンの掃除ができなかったとしても、訪問介護以外のサービスで利用者の要望を叶えることができるかもしれません。

そのためにも、まずは報告・共有することが大切だと言えます。

 

代替え案としての自費サービスはオススメできない

介護保険でできないことは介護保険外サービスとして自費で提供している訪問介護事業所も多いと思います。

ですが、エアコン掃除に関しては自費サービスでの対応は辞めておきましょう。

なぜなら素人のヘルパーがエアコン掃除を行ってしまうと破損させてしまう恐れがある為です。

家電製品などの機械関連は、その道のプロに任せるのがヘルパー、利用者双方にとって安心安全であると言えます。

 

スポンサーリンク

「できないこと」を上手に断る2つのポイント

 

断らなければいけないとわかっていても

「お願いされると断りにくい」

「断って関係が悪化したらどうしよう」

と、心配になることもあるかと思います。

今後も気持ちよく訪問介護を使っていただくためにも、上手に断る2つのポイントを抑えておきましょう。

 

相手に共感する

まずは相手に共感をしてください。

「そうですよね、エアコンの掃除したくなりますよね」

「私もエアコンを使うので、掃除したい気持ちわかります」

 

このときに、

「話してくれてありがとうございます」と付け加えると、悪い印象を抱きにくくなります

 

共感をせずに、頭ごなしに「訪問介護ではできないんです」と伝えてしまうと、相手は否定された気持ちになってしまうので注意してください。

 

介護保険を共通の敵に仕立てる

共通の敵と言うと大げさに聞こえてしまうかもしれませんが、断る理由を介護保険のせいにしてしまうということです。

「本当はエアコンの掃除をしたいけど、介護保険で決められているからできなくて」

「お願いをしてくれているのに、介護保険のせいで掃除できなくて、私も辛いです」

 

利用者は断られたことによって、職員や事業所に少なからず負の感情を抱きます。

その矛先を職員や事業所から介護保険に向けてしまうことで、今後の関係性を崩さないような断り方も可能になります。

 

スポンサーリンク

まとめ

訪問介護では、原則としてエアコンの掃除を行うことはできません。

介護保険制度に基づくサービスを提供している以上、決められている範囲外の支援を行うことができないからです。

「少しなら大丈夫」と自己判断で掃除をしてしまうと、トラブルの原因になる可能性があります。

その場合は、関係性を崩さないように上手に断り、事業所内で報告・共有をし、解決できる方法を考えていきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!少しでも参考になれば幸いです。

ヘルパー / サービス提供責任者
記事が役にたったらシェアしてね!
くらたろうをフォローする
現役介護士が実際に登録してオススメな介護転職エージェント
【かいご畑】

介護職としてキャリアを積みたい人におすすめの転職支援サービスです。
・訪問介護で働くなら必須の資格「介護職員初任者研修」
・サービス提供責任者になる為の資格「実務者研修」
の2つを無料で取得することができます。

~かいご畑はこんな方にオススメ~

• 初任者研修、実務者研修(費用負担あり)を取得したい人
• 介護職の経験がない人
• 派遣社員、パート・アルバイトで働きたい人
• 介護職としてキャリアを積みたい人
• 転職が初めてで面接などサポートを受けたい人

良かったら登録してみてくださいね。

【マイナビ介護職】

転職・求人の大手「マイナビ」が運営していて、安心して利用することが出来ます。
20代~30代で正社員を希望している人はかなりオススメです。
非公開求人が多いのもマイナビ介護職の魅力的な所です!

マイナビ介護職はこんな方にオススメ

• 正社員で働きたい人
• 給与などのよい条件で働きたい人
• 20代・30代で求人を探している人
• 履歴書の書き方や面接のサポートを受けたい人
• 関東・関西などの都市部の人

良かったら登録してみてくださいね。

【きらケア介護求人】

求人数が他に比べるとトップクラスに多く、転職と言えば「きらケア」というぐらい定番です。
サポートアドバイザーが介護業界に詳しいので安心して転職活動を行うことが出来ます。

~きらケアはこんな方にオススメ~

• 未経験やブランクのある人
• 正社員や派遣社員、パート・アルバイトで働きたい人
• 転職が初めてで書類作成などのサポートを受けたい人
• 首都圏や都市部で転職したい人

良かったら登録してみてくださいね。

ヘルパー会議室