ヘルパーによる代筆は可能?介護保険や訪問介護計画書の署名について解説

 

「上手に書けないから代わりに書いてもらえない?」

こんなお願いをされたヘルパーさんもいるのではないでしょうか。

 

  • 書くこと自体は簡単だけど…
  • 訪問介護のサービスとして、代筆しても大丈夫なの?

 

と悩まれた経験のある人もいるかもしれません。

また、サービスとしてではなく、訪問介護計画書などの署名をお願いされた場合は代筆をしても大丈夫なのでしょうか。

 

そこで今回は

  • 訪問介護のサービスとしての代筆
  • 訪問介護計画書などの署名の代筆

 

について解説していきたいと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

ヘルパーによる代筆は介護保険で算定できない

 

結論、代筆は介護保険のサービスとして算定することはできません

 

そのため、訪問介護においても代筆をサービスとして行うことはできません。

 

「ちょっとくらいなら…」と考える気持ちもわかりますが、訪問介護はケアプランに基づいて支援するのが鉄則です。

ケアプランに記載されていないことは支援することができないので、気を付けましょう。

 

 

視覚障害者は障害福祉サービスで支援可能

視覚障害者は障害者総合支援法に基づく障害福祉サービスにて代筆を行うことが可能です。

もちろん介護保険ではないので、視覚障害があるからといって、ヘルパーの自己判断で支援することはできないので注意してください。

 

 

スポンサーリンク

訪問介護計画書の場合は、まず家族へ相談を

 

訪問介護計画書の署名をいただきたい場合は、まず家族へ相談してみましょう。

可能であれば代筆の要望があることを家族へ伝え、利用者の了承を得たうえで代筆していただくのがよいでしょう。

家族が遠方の場合は、事前に電話で事情をお伝えしたうえで、書類を郵送するのも手段のひとつです。

 

しかし、必ずしも家族がいる人ばかりとは限りません。

もしも家族などの身内がいない人の場合はどうすればよいのかを考えていきましょう。

 

身体上の理由がある場合

身体上の理由により訪問介護計画書へ署名できない場合。

署名の代わりに記名と押印で対応することが可能です。

もちろん、利用者が訪問介護計画書の内容を十分に理解されたうえで同意をしていることが前提です。

念には念を入れて、保険者へ状況を説明したうえで、記名と押印の対応を行っても大丈夫か確認をしてもよいでしょう。

また、事前にケアマネージャーへ記名と押印で対応することを伝えておいた方が、より安心です。

 

 

判断能力の低下がある場合

認知症などの疾患により判断能力が低下して署名できない場合。

これは記名と押印であったとしても対応することができない可能性があります

訪問介護計画書は内容を理解していただいたうえで、利用者の意思決定が必要です。

訪問介護計画書の内容が理解できないとなってしまうと、仮に本人が署名できたとしても、無効になる可能性があります。

そのような場合は、判断能力の低下があることをケアマネジャーへ報告しましょう。

状況に応じて

日常生活自立支援事業や成年後見制度を利用し、正式に代理人をたてる必要がある可能性もあります

 

「本人に言ってもわからないだろうから、代わりに訪問介護計画書に署名しよう」

 

という考え方は非常に危険です。

認知症だからと訪問介護計画書の内容を説明せずに記名と押印で済ませてしまうのは、法に触れる恐れもありますので、絶対にしないようにしましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

介護保険のサービスとして代筆は認められていないので、訪問介護のヘルパーがサービスとして代筆することはできません。

しかし、訪問介護計画書の署名が必要など、様々な場面も想定されます。

家族がいる場合は家族へ相談してみましょう。家族がいない場合は対応方法を保険者へ確認することが一番確実です。

ただし、代筆の理由が認知症などによる判断能力の低下の場合は、利用者の生活を守るためにも日常生活自立支援事業や成年後見制度などを視野に入れなければいけないので、担当のケアマネジャーへ相談しましょう。

代筆は一歩間違えれば法に触れる恐れがあるので、十分に気を付けてください。

最後までお読みいただきありがとうございました!少しでも参考になれば幸いです。

ヘルパー / サービス提供責任者
記事が役にたったらシェアしてね!
くらたろうをフォローする
現役介護士が実際に登録してオススメな介護転職エージェント
【かいご畑】

介護職としてキャリアを積みたい人におすすめの転職支援サービスです。
・訪問介護で働くなら必須の資格「介護職員初任者研修」
・サービス提供責任者になる為の資格「実務者研修」
の2つを無料で取得することができます。

~かいご畑はこんな方にオススメ~

• 初任者研修、実務者研修(費用負担あり)を取得したい人
• 介護職の経験がない人
• 派遣社員、パート・アルバイトで働きたい人
• 介護職としてキャリアを積みたい人
• 転職が初めてで面接などサポートを受けたい人

良かったら登録してみてくださいね。

【マイナビ介護職】

転職・求人の大手「マイナビ」が運営していて、安心して利用することが出来ます。
20代~30代で正社員を希望している人はかなりオススメです。
非公開求人が多いのもマイナビ介護職の魅力的な所です!

マイナビ介護職はこんな方にオススメ

• 正社員で働きたい人
• 給与などのよい条件で働きたい人
• 20代・30代で求人を探している人
• 履歴書の書き方や面接のサポートを受けたい人
• 関東・関西などの都市部の人

良かったら登録してみてくださいね。

【きらケア介護求人】

求人数が他に比べるとトップクラスに多く、転職と言えば「きらケア」というぐらい定番です。
サポートアドバイザーが介護業界に詳しいので安心して転職活動を行うことが出来ます。

~きらケアはこんな方にオススメ~

• 未経験やブランクのある人
• 正社員や派遣社員、パート・アルバイトで働きたい人
• 転職が初めてで書類作成などのサポートを受けたい人
• 首都圏や都市部で転職したい人

良かったら登録してみてくださいね。

ヘルパー会議室