サービス提供責任者は初心者でも務まる?陥りやすい3つの注意点。

女性介護士がノートに書いている

 

訪問介護事業所に必ず配置しなければならないサービス提供責任者。

いざサービス提供責任者に挑戦してみようと思っても

 

訪問介護も未経験なのに、サービス提供責任者は厳しいのでは…

私にサービス提供責任者が務まるのか心配…

 

と、心配になる人も多いと思います。

 

そこで今回は

  • 訪問介護も未経験な初心者でもサービス提供責任者になることができるのか
  • サービス提供責任者を始めて間もない初心者の人が陥りやすい注意点

を解説していきます。

 

スポンサーリンク

サービス提供責任者は要件を満たしていれば初心者でも従事することはできる

○サイン女性

 

まず要件を満たしていればサービス提供責任者へなることはできます。

そのための要件とは、以下のいずれかを満たしている者になります。

  • 介護福祉士を取得している者
  • 介護職員実務者研修の修了者
  • (旧課程)ホームヘルパー1級課程の修了者

 

そのため、介護福祉士や実務者研修の修了者の場合、訪問介護の経験がない初心者であってもサービス提供責任者へなることができるということです。

 

とはいえ、サービス提供責任者は訪問介護の知識が必要であったり、ヘルパーへの指導をしなければならなかったりと、訪問介護の経験が必要に感じることが多いのが現状です。

 

 

スポンサーリンク

初心者のサービス提供責任者が陥りやすい3つの注意点

悩んでいる女性

 

訪問介護の経験がない初心者であったとしても、要件さえ満たしていればサービス提供責任者へなることができます。

が、訪問介護の経験があるないに関わらず、サービス提供責任者になって間もない初心者こそ陥りやすい問題があります。

ここではいくつかにポイントを絞ってお伝えしていきます。

 

訪問介護の曖昧さやグレーゾーンに戸惑う

訪問介護は他の介護保険のサービスと比較して、曖昧でグレーゾーンが多いサービスと言えます。

生活援助の掃除だけでも、できる掃除とできない掃除があり、サービスを提供する事業所側はそれらを理解していなければなりません。

訪問介護の経験がなくて慣れないうちは、利用者に求められる支援は介護保険で行うことが可能なのかを確認しなければならないかもしれません。

 

覚えなければならない情報量が多い

前述した通り掃除だけでも様々なルールがありますが、生活援助は掃除以外にもたくさん存在します。

そして身体介護にも様々なルールがあり、時間や回数によって単位数も変わってくるため覚えることが多いです。

また、訪問介護は在宅生活を支えるための中心的な支援なため、時には介護保険外のインフォーマルな知識が求められる場合もあります。

施設介護の仕事を長く続けているベテランだったとしても、訪問介護の仕事は分からないことが多くて躓いてしまうということもあります。

 

ベテランのヘルパーと上手く付き合えない

訪問介護は一人で自宅へ訪問して介護をする性質上、一定水準以上の介護技術や知識を持った人材が求められる傾向があります。

そのため、介護経験が豊富なヘルパーも多く、ベテランが多数在籍している事業所も少なくはありません。

そのような環境の場合で訪問介護の経験が浅いままサービス提供責任者になった場合、ベテランのヘルパーと上手くいかずに挫折してしまうこともあります。

 

スポンサーリンク

初心者でも前向きにサービス提供責任者へ挑戦するのはあり!

よしっ!のポーズの介護士女性

 

ここまでネガティブな情報を伝えてしまいましたが、

やっぱり訪問介護の経験が浅い者がサービス提供責任者を目指すのは辞めたほうが良いの・・・?

と思ったかもしれません。

ですが「そんなことはない」です。

 

たしかに訪問介護の経験が浅いと自分で勉強をしなければならないですし、大変なことも多いのです。

が、分からないことはベテランのヘルパーに確認したり行政に確認したりと、自身の努力で乗り越えることは可能です。

また、サービス提供責任者の初心者であったとしても、継続することにより得られるものは大きいと感じています。

 

働きながら自然と介護保険の知識が身に付く

介護士やヘルパーとして働いていていると、介護技術や知識は身に付いたとしても介護保険の知識は身に付きにくいものです。

サービス提供責任者は働きながら自然と介護保険制度に触れるため、様々な介護保険の知識が身に付きます。

また、介護保険や様々なサービスの中心は在宅となっているため、在宅を支える訪問介護のサービス提供責任者は介護保険の勉強をしたい人にもうってつけの職種であると言えます。

 

仮に実務研修修了者でサービス提供責任者になった場合、介護福祉士やケアマネージャーの資格を持った人と常に仕事をすることになるため、その人らの経験や知識に触れることにより自身の成長にも繋がりますよ!

スポンサーリンク

まとめ

今回はサービス提供責任者は初心者でもできるのか?について解説しました。

訪問介護の経験を問わず、要件さえ満たしていればサービス提供責任者になることは可能です。

しかし、訪問介護の経験が浅い人、或いはサービス提供責任者になりたての初心者の人は陥りやすい問題がいくつかあるのも事実です。

一方で、だからといってサービス提供責任者になるのを諦める必要はありません。

自分自身の努力は必要になりますが、在宅生活の中心となる訪問介護のサービス提供責任者という職種は、様々な人と関わることで自然と介護保険の知識も付き、自身の成長にも繋がる職種です。

興味があるのであれば、一度飛び込んで挑戦する価値のある職種だと言えるでしょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。少しでも参考になれば幸いです。