【訪問介護】サービス提供責任者の3つのやりがいとは?【これから目指す人も必見】

サービス提供責任者のやりがいとは?

 

訪問介護の仕事を続けていく上で、キャリアアップとしてサービス提供責任者を考える人がいると思います。

いざ挑戦しようと考えたときに

 

サービス提供責任者をやってみたいけど、どんなやりがいがあるの?

 

と思ったりしますよね。

そこで今回は現役のサービス提供責任者である私が実体験にもとづいた『やりがい』を3つ紹介します。

少しでもサービス提供責任者に興味があるようでしたら、一読いただければと思います。

 

 

\ 訪問介護の転職ノウハウまとめ /

  • 訪問介護の『適性チェック診断』
  • 『職場選び』のポイント
  • 転職活動の『進め方』
  • 転職にまつわる『不安を解消』


必読
転職ロードマップをみる

リンク先:https://helper-kaigi.net/houmon-care-jobchange/

訪問介護の転職で失敗したくない..でも働いてみたいって方におすすめ!

 

本記事の信頼性
  • 介護業界11年目のちょいベテランで現役の管理者兼サービス提供責任者が執筆しています。
  • 保有資格:ヘルパー2級、基礎研修、社会福祉士、同行援護、全身性ガイドヘルパー、ほか
  • 制度などの解説記事は「厚生労働省の一次情報」をもとにしています。

 

サービス提供責任者の3つのやりがい

よしっ!のポーズの介護士女性

 

サービス提供責任者の3つのやりがいは下記のとおりです。

 

3つのやりがい
  1. ヘルパーやケアマネージャーから頼られる
  2. 介護・福祉の視野が広がる
  3. チームでケアすることの達成感を得られる

 

① ヘルパーやケアマネージャーから頼られる

現場のヘルパー利用者や家族に頼られることは多々ありますが、サービス提供責任者はヘルパーからも頼られることが多くなります。

ヘルパーから「利用者や家族から質問されて分からないことも、サービス提供責任者に相談できるから心強い」

なんて言われると俄然やる気がでます。やりがいを感じれる瞬間ですね。

 

そのためには、日ごろからヘルパーと信頼関係を築くことができるのかが大切です。

 

また仕事に慣れてくるとケアマネジャーなどの多職種からも頼られることが増えます。

複数のサービス提供責任者が在籍する事業所でも、指名して相談されることもあります。

多職種から頼られることがあるとサービス提供責任者としての必要性を強く感じるため、やりがいへと繋がります。

 

② 介護・福祉の視野が広がる

サービス提供責任者になると他職種とかかわる機会が増えます。

ケアマネージャーや地域包括支援センター、時には病院のソーシャルワーカー等とも連携を取る必要があります。

 

こういった他職種とのかかわりの中で介護や福祉の視野がグンと広がることがあります。

視野が広がることにより新しい発見もありますが、あらためて訪問介護の立ち位置や大切さを実感し、やりがいを感じることも多いです。

 

介護保険制度の理解・把握も自然とできるように

多職種と仕事をする上で、介護保険制度の理解や把握は必要です。

自ら勉強する必要もありますが、仕事を続けることにより、自然と理解・把握ができるようになります。

 

現場でヘルパーの仕事をしていても介護保険制度の理解・把握はできますが、実際に多職種と仕事をすることにより学ぶ機会は格段に増えるのです。

 

③ チームでケアすることの達成感を得られる

訪問介護はサービス提供責任者が作成した訪問介護計画書にもとづいた支援をヘルパーが行います。

その計画目標を達成できたとき、チームとして適切な支援ができたという達成感を得られます。

 

もちろんヘルパーとしても達成感は得られますが、連絡調整や書類、ヘルパーの後方支援など様々な業務をこなして得る達成感はひときわ強いものがあるのです。

 

多職種と達成感を分かち合うことも・・・

在宅介護はチームケアで成り立っています。

訪問介護、ケアマネージャー、デイサービス、訪問看護、福祉用具、インフォーマルサービスなどの多職種が

それぞれの役割を発揮しながら連携を取り合います。

支援が上手にいった場合の達成感を分かち合うことができ、やりがいを強く感じる場面でもあります。

 

サービス提供責任者の「大変さ」以上に「やりがい」が勝る人もたくさんいる

高齢女性の肩を抱く女性介護士

 

サービス提供責任者の業務は多岐にわたりますので大変な職種ではあります。

キャリアアップを目指してサービス提供責任者になってはみたものの、「辞めたい」と考える人がいるのも事実です。

しかし、「大変さ」以上に「やりがい」が勝る人もたくさんいることもまた事実です。

向き不向きということもありますが、興味を持つことができたのであれば一度挑戦してみる価値はある職種と言えます。

 

もし「サービス提供責任者として働いてみたい」とお考えであれば、

当サイトでは訪問介護に特化した転職ノウハウ職場選びのポイントをまとめたロードマップを無料で公開しています。

約20000文字とかなりのボリュームになっていますがかなり使えると思います。

ぜひご活用ください!

 

まとめ

サービス提供責任者のやりがいを3つ紹介させていただきました。

今回はあくまで私が感じる「やりがい」になり、すべての人にあてはまるものではありませんが、挑戦してみる、続けてみることによって得られるものだと思います。

当サイトではサービス提供責任者の初心者向けに『業務マニュアル』を無料で公開しています。

かなり参考になると思いますので下記をぜひチェックしておきましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました