サービス提供責任者は男性でも務まる?3つの強みと必要なスキル3選を解説。

男性サービス提供責任者の3つの強みと必要なスキル

 

女性が多い訪問介護で、日々健闘をしている「男性」のサービス提供責任者も意外といます。

男性のサービス提供責任者は苦労することも多いですが、独自の強みもあります。

 

今回は現役の男性サービス提供責任者である私が

  • 苦労すること
  • 強みになること
  • 必要なスキル

の3つを解説します。ぜひ男性でサービス提供責任者を目指している方は参考にしてくださいね!

 

 

スポンサーリンク

男性サービス提供責任者はなぜ苦労することが多いのか

?と思っている女性

 

一番の要因は結局のところ「女性の多い職場」だからです。

ヘルパーやサービス提供責任者は比較的女性が多く、サービス提供責任者を複数人配置している事業所で、男性のサービス提供責任者が1人だけということもあります。

 

女性が悪いわけではないですが、ヘルパーをまとめる役割でも、男性は気を使ってしまいます。

時にはヘルパーや他のサービス提供責任者に対して注意しなければいけない場面でも、一歩引いてしまうことがあり、自分の意見を通すことが難しくなってしまいます。

そんな男性のサービス提供責任者は、肩身が狭いおもいで仕事をしなければならないとおもいがちですが、逆を返せば「重宝される人財」なんです。

強みを理解して、必要スキルや適切な対応を抑えれば、周りから頼りにされる存在となります。

 

スポンサーリンク

男性サービス提供責任者の3つの強み

男性介護士と女性介護士

 

女性が大半を占める事業所の中で、男性のサービス提供責任者が重宝される理由を具体的に見ていきましょう。

 

① 新規の相談で、男性の利用者さんを依頼される事が増える

新規依頼の利用者が男性であった場合、男性のサービス提供責任者なら心を開くということがあります。

そういった理由で、ケアマネジャーから「あの事業所には男性のサービス提供責任者の〇〇さんがいる」と、真っ先に相談の連絡がきます。

ここから関係性を深めていけば、ケアマネジャーからの信頼は厚くなり、「男性」だからこその地域で必要な人財となることができます。

 

② 難しい身体介助の対応ができる

身体が大きい利用者さんの「移動介助」「排泄介助」「入浴介助」など、なにか不測の事態が、起きた際でも対応しやすい「力のある男性」に安心して相談依頼をされるケースが増えてきます

男性のサービス提供責任者が、直接介助をすることもありますが、基本的にはヘルパーにお願いをします。

身体が大きい利用者の介助中に、緊急事態が起きた際には、男性に助けてもらえると、安心して介助ができるようになり、頼りにされることも多くなります。

 

③ 男性だからこそ相談できることもある

女性のサービス提供責任者には相談しづらいことも、男性のサービス提供責任者には話せることもあります。

職場での女性同士の人間関係や、男性の利用者の相談、身体介助のアドバイスなど多岐に渡って相談できる環境があると、ヘルパーも安心して働くことができます。

 

スポンサーリンク

男性サービス提供責任者に必要なスキル3選!

女性介護士と男性介護士がグッとサインをしている

 

男性であれば、必ず「重宝」されるわけではありません、もちろん男性のサービス提供責任者として気をつけなければならないことや、重宝されるために必要なスキルがありますので、見ていきましょう。

誰にでも磨くことができますよ!

 

① コミュニケーションスキル

男性関係なく、サービス提供責任者として必要なスキルです。

孤立してしまわないように、自分から他のサービス提供責任者やヘルパーさんとコミュニケーションをとることを意識しましょう。

そうすることで仲間の小さな変化に気づけるようになり、さらに質の高いコミュニケーションがとれるようになります。

もちろん話しかけることも大事ですが、「話を聴くこと」を心がけましょう。

信頼関係も深まり、居心地の良い職場となっていきます。

 

② セルフマネジメントスキル

男性サービス提供責任者特有の、問題に直面することがあります。

職場での気づかいや人間関係など、余計な神経を使うことが出てきてしまいますが、自分自身の感情のコントロールなど、律することを忘れないようにしましょう

感情に振り回されては、もちろん職場内での信頼関係を築くことは難しく、自身も精神的な疲労が蓄積されてしまいます。

 

③ 必要な知識・技術を身につけておく

ケアマネジャーからの依頼やヘルパーから頼りにされるためにはサービス提供責任者として必要な知識・技術がなければいけません。

「男性だから力がある」、「同性介助の依頼が受けられる」ではなく、介護のプロとしての基本的なスキルが大前提に必要になります。

 

スポンサーリンク

まとめ

男性のサービス提供責任者特有の悩み・課題はありますが、強みになることもたくさんあります。訪問介護は今後ますます需要があがり、間違いなく男性のサービス提供責任者が必要とされてきます。

ストレスフルになってまで仕事を続けることはありませんが、この特有の強みを自分自身から引き出し、今からできることを見つけていきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。少しでも参考になれば幸いです。

訪問介護の転職は求人サイト「カイゴジョブ」だけでOK!

・訪問介護の求人数が1都3県で約3000件、近畿2府1県で約2000件と国内最多数と圧倒的!
・サービス提供責任者や登録ヘルパーなど雇用形態を問わず求人件数が多い!
・登録者数はなんと60万人!

現役訪問介護職の私の経験から言うと訪問介護の転職活動はとりあえず「カイゴジョブ」だけ登録しておけば問題なしです。
※施設介護は別ですので注意してくださいね。

ヘルパー / サービス提供責任者の仕事
記事が役にたったらシェアしてね!
くらたろうをフォローする
ヘルパー会議室