契約について

  • このトピックには4件の返信、2人の参加者があり、最後ににより2022年9月13日 17:11に更新されました。
4件の返信スレッドを表示中
    • #19156

      ヒロ
      参加者

      現在、女性利用者にサービス提供を行っていますが、家族と関係が上手くいっていません。こちらに不信感がある状態でサービス提供は難しいと思っています。しかし、家族はこのままサービス提供を行ってほしいと要望がありました。
      ヘルパーも精神的に病んでいる状態であります。
      他事業が入るまでは、サービス提供を行いたいと考えていますが、この場合、契約解除となっても問題ないでしょうか?

    • #19157

      わさび
      参加者

      ヒロさん、こんにちは。

      質問に答える前に少し整理させてほしいのですが、ヘルパー側に不信感を持っているのは利用者ですか?それとも家族でしょうか?

    • #19158

      ヒロ
      参加者

      こんにちは。
      家族の方です。

    • #19159

      わさび
      参加者

      なるほど。家族がヘルパーに対して不信感を持っているのにもかかわらず、サービス提供は継続してほしいということですね。
       

      契約解除となっても問題がないか、については、契約書に定めた契約終了事由に該当しているならば問題ありません。また今回のケースは、ヘルパーが精神的に病んでしまうレベルですので、余程のことがあったと推察できます。ですから、まず問題ないだろうと思われます。
       

      ただし、契約解除の際にトラブルになる可能性があるため慎重に進めてくださいね。事業所側に否がなかったとしても市町村へ通報される等の大ごとに巻き込まれるケースが多いです。
       

      なので仮に市町村等へ通報されても問題がないように準備しておきましょう。
       

      ①介護保険であればケアマネ、障害福祉であれば相談支援専門員へ、事の経緯を説明しておくこと

      ②契約解除の根拠書類として事の経緯を記録しておくこと

      ③他事業所が見つかったら、引継ぎをしっかり行うこと
       

      ①と③については大丈夫だと思いますが、②が一番重要です。単に「利用者家族がこちらに不信感があり、ヘルパーの継続的な派遣が困難であるため契約解除に至った」的な記録だけでは根拠書類にならないので注意してください。
      そもそも家族がなぜ不信感を持っているのか、そして、ヘルパーが精神的に病んでしまったのはなぜか(家族からのヘルパーに対する言動や行動)、を具体的に経過記録に残しておく必要があります。

    • #19160

      ヒロ
      参加者

      ご丁寧にありがとうございます!
      大変、参考になりました。

4件の返信スレッドを表示中

コメントする

このトピックに返信するにはログインが必要です。