同行援護でガイドヘルパーが注意したい7つのポイント

サポート

 

同行援護サービスでは視覚障害者の外出をサポートしますが、ガイドヘルパーは専門職として利用者が安心して外出するために特別な配慮をする必要があります。

ここでは同行援護でガイドヘルパーが注意する点を7つのポイントに分けて解説します。

 

スポンサーリンク

同行援護でガイドヘルパーが注意すべき7つのポイント

女性介護士

 

同行援護でガイドヘルパーが注意したいポイントは下記の通りです。

  1. 視力や視界はひとりひとり違うことを理解しておく
  2. 利用者の安全を守ることを第一に
  3. 利用者に白杖を携帯してもらう
  4. 利用者の緊急連絡先を知っておく
  5. 利用者を安心させる態度を心がける
  6. 利用者が18歳未満の時は保護者の確認を
  7. ガイドヘルパーはフットワークの軽い服装を

 

です。それぞれ見ていきましょう!

 

① 視力や視界はひとりひとり違うことを理解しておく

ひと口に視覚障害と言っても、視力や視界はひとりひとり違います。

  • 弱視やロービジョンの方
  • 視野の狭い方
  • 階段が見えにくい方

など、さらに同じ利用者でも日によって見え方が変わります

それだけその日の利用者の状態に合わせた臨機応変の対応が必要になります。

 

② 利用者の安全を守ることを第一に

同行援護では、まず利用者への危険性を回避し、安全第一である事をガイドヘルパーは念頭に置いておく必要があります。

具体的には

  • 車やバイク、自転車から利用者を遠ざける
  • 「下りの段差がある」「目の前に枝ある」といった情報を前もって伝える

などをガイドヘルパーは意識し利用者の安全を守ります。

 

もし危ないと思ったら

利用者を安全な場所に誘導し状況を伝えるようにします。

  • エレベーター
  • エスカレーター
  • 階段

などが特に要注意です。

 

③ 利用者に白杖を携帯してもらう

視覚障害者が外出する際には白杖の使用を義務付けられています

白杖を持ちたがらない利用者には、事業所と協力しながら説明し使用してもらいます。

利用者が白杖を持たないと、道路交通法上、違反になります。

事故が起こったとき、問題が大きくなりますのでよく理解しておきましょう。

 

④ 利用者の緊急連絡先を知っておく

同行援護中にトラブルが発生することもありえます。

事故など緊急の事態が起こったときは、状況にあわせて救急車を呼ぶなどしてから、事業所や緊急連絡先に連絡を入れる必要があります。

また併せて利用者の健康状態も知っておきましょう。

  • 疾患や服薬状況
  • かかりつけ医や救急搬送先の指定病院

など把握しておくと心強いです。病状の悪化は意図しないときに急に現れるものです。

 

 

⑤ 利用者を安心させる態度を心がける

同行援護で利用者に安心感を持ってもらえるポイントとしては

  • 利用者の話をしっかりと聞く
  • 正しい手引きを行う
  • 利用者の手首など、体に触れる前には、先に声をかける
  • 利用者の歩行中に白杖をさわらない
  • 状況を言葉で説明する
  • 情報の伝達は客観的かつ具体的
  • 決定は利用者が下す

を心がけましょう。

また、利用者をひとりで待たせるときは、座っていてもらいます。

座る場所がなければ、人通りが少なく、壁や机などが近い場所 (人が通り抜けない場所)で「何分で戻ります」とできるだけ具体的に伝えて離れます。

全盲の利用者なら本人の手で壁や机を触って、待つ位置を確認をしてもらいます。

 

逆に、次のような対応をすると、利用者が不安になりますので注意が必要です。

  • 後ろから背中を押す
  • 横から不意に引っ張る
  • 気配なく突然利用者に触れる
  • 利用者が歩いているときに白杖に触れる
  • ただ黙々と誘導のみ行う
  • 手や体に触れるものが何もないところで待たせる
  • 「ちょっと待って」で帰ってこない
  • ガイドヘルパーが勝手にどんどん決める

などです。これは厳禁です。

 

 

⑥ 利用者が18歳未満のときは保護者の確認を

利用者が18歳未満なら、保護者に引き継いで同行援護を終了しましょう。

保護者に同行援護中の利用者の様子などを報告することで安心してもらうこともガイドヘルパーの仕事です。

また具体的に保護者の誰に引き継ぐのか、あらかじめ取り決めをしておいた方が良いでしょう。

 

送り届けたが保護者がいない場合は?

同行終了地点で保護者が不在で、待っていても現れないということもあります。

そういう時はまず事業所に連絡を入れて支持を仰ぎましょう。

計画外で18歳未満の利用者をひとり放置することはできませんので勝手にガイドヘルパーが帰らないように注意しておきましょう。後々トラブルになりかねません。

 

⑦ ガイドヘルパーはフットワークを軽くした服装で

  • 肩とひじが隠れる服
  • 腕が厚すぎるジャケットは避ける
  • つるつるした服は避ける

手引きに掴みやすい服を選ぶと良いでしょう。

 

スポンサーリンク

最後に

今回は同行援護で注意するポイントを解説しました。

正直、同行援護で注意する点を挙げるとキリがありません。

ですが、何をおいても安全第一で利用者が落ち着いてできる外出が大切です。周囲に気をつけて、利用者に安心を提供していきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。少しでも参考になれば幸いです。

訪問介護の転職は求人サイト「カイゴジョブ」だけでOK!

・訪問介護の求人数が1都3県で約3000件、近畿2府1県で約2000件と国内最多数と圧倒的!
・サービス提供責任者や登録ヘルパーなど雇用形態を問わず求人件数が多い!
・登録者数はなんと60万人!

現役訪問介護職の私の経験から言うと訪問介護の転職活動はとりあえず「カイゴジョブ」だけ登録しておけば問題なしです。
※施設介護は別ですので注意してくださいね。

同行援護の知識・情報
記事が役にたったらシェアしてね!
くらたろうをフォローする
ヘルパー会議室