同行援護で宿泊は可能?自家用車に乗せることは?疑問を徹底解説!

同行援護 宿泊

 

同行援護は視覚障がい者の方々に対しての外出支援を行うのですが

介護保険での外出介助とは異なり、同行援護では可能なことが介護保険では不可能だったりと

非常にややこしく、サービス提供責任者やヘルパーからすると疑問に思うことが多いですよね・・・

 

そこで今回は同行援護で疑問になりがちな

 

宿泊などの泊りの外出はできないのか?

自家用車に乗せて外出は出来ないのか?

 

の2点を中心に解説します!

 

 

スポンサーリンク
本記事の信頼性

介護業界11年目のちょいベテランで現役の管理者兼サービス提供責任者が執筆しています。

保有資格:ヘルパー2級、基礎研修、社会福祉士、同行援護、全身性ガイヘル、ほか

制度などの解説記事は「厚生労働省の一次情報」をもとにしています。

同行援護で宿泊などの泊りのサービスは提供できる?

 

結論から言うと同行援護で宿泊などの泊りは可能です。が、注意しておきたいポイントがあります。

同行援護は「楽しむ」ために利用している方も多く、「旅行して宿泊したい」という要望は結構あります。

そういった要望があるのも当然なことだとは思いますが、事業所側もボランティアで関わっているわけではありませんので算定可能かどうかは非常に重要な所ですね。

注意しておきたいポイントは2つありますのでしっかり押さえておきましょう!

 

 

宿泊ではなく、「泊りは1日の連続」という解釈

同行援護で「宿泊がなぜ可能なのか」というと宿泊を1日の連続としている為です。

例えば1泊2日の同行援護を行った場合、2日間を分けて報酬算定するということになります。

算定方法だけを見ると「泊り」という概念は無いわけです。

 

寝ている時間などは算定「できない」

宿泊になると就寝中などサービスを提供していない時間帯は必ず存在します。

その時間帯は報酬算定ができませんので注意しておきましょう!

 

 

スポンサーリンク

同行援護で従業員の自家用車に乗って移動することはできる?

 

結論から言うと同行援護で従業員の自家用車の使用は可能です。が、報酬算定はできないです。

利用者か同行援護サービスで「車を出してほしい・・・」と言われることも結構あります。

利用者からすると車の方が色々と安心だったりすることもありますので。

 

以前、私も利用者さんから「ヘルパーさんが車を運転して外出したい」と言われたことがあったので管轄の役所に問い合わせたことがあります。

その時も「可能ですが、算定はできません」と返答がありました。

理由を尋ねると「運転中に利用者に何かあった場合介助できないため」との事でした。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は同行援護で疑問になりがちな

  • 宿泊などの泊りの外出はできないのか?
  • 自家用車に乗せて外出は出来ないのか?

について解説しました。まとめとして

  • 宿泊は可能だが、就寝中などは算定不可
  • 自家用車での移動は可能だが、運転中の算定は不可

でした。

同行援護に対しての知識は自治体も良く分かっていないことも多く、事業所側も悩みながらサービス提供をしている事だと思います。

今回の記事が参考になれば幸いです!

タイトルとURLをコピーしました