同行援護サービスで買い物に行くときの手順と注意点。

カートを押している女性

 

同行援護ではガイドヘルパーが視覚障害者の外出を支援しますが、その中でも、買い物にガイドヘルパーが同行することは多くあります。

今回は同行援護で買い物に行く際にガイドヘルパーが注意したいポイントを解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

買い物って「通年かつ長期にわたる外出」に当てはまらないの?

○×女性

 

同行援護では「通年長期にわたる外出」に関しては利用できないことになっています。

一見、買い物も通年かつ長期にわたる外出に該当しそうなのですが、買い物に関しては例外となっています。

買い物は日常生活に欠かせない行為である事と同時に余暇活動としても十分な役割を果たしています。

ガイドヘルパーと買い物に出かけることを厚生労働省が認めています。

 

 

スポンサーリンク

同行援護で買い物に行く際の手順と注意点

サポート

 

では実際に利用者と同行援護を利用して買い物に行く際はどのような手順で行えばよいのでしょうか?

注意点と合わせて確認していきましょう!

 

まずは買い物に行く前に利用者の希望を聞く

同行援護で買い物に行く前に「買い物リスト」があれば見せてもらいます。

食品であれば

  • アレルギーはあるか
  • 食材の好き嫌い

などをあらかじめ聞いておくと、商品が選びやすくなります。

買うものを聞き取れたら、何をどこに買いに行きたいのか利用者のニーズを聞きとり買い物に出発します。

 

 

買い物カートを利用する場合

スーパーなどで買い物カートを利用するならば

ガイドヘルパーがカートを押し、利用者はカートの手を添えます。

白杖はカートに引っ掛けておきましょう。

移動時はあくまでも利用者のペースに合わせて移動しましょう。

 

 

商品を選ぶ時の注意点

できれば利用者に商品を手に取ってもらいます。

商品を自身でとってもらうことで利用者が自分で決めることができます。

下記の商品の情報をガイドヘルパーから利用者へ伝えます。

  • 成分
  • 賞味期限
  • 価格
  • 鮮度
  • 個別包装か、大袋か

などです。

 

 

レジでの注意点

買い物の際はレジに注意しておかなければなりません。

レジでは何人待っていて、どれだけ距離を開けなければいけないか、など並び具合を伝えます。

 

支払いは基本的に利用者自身が行います。支払い時では

  • ポイントカードは店のものであっているか
  • 金銭やクレジットカードの出し間違いはないか
  • ポケットから物が落ちなかったか
  • お釣りの取り忘れはないか

などをガイドヘルパーが目視で確認をします。

 

 

盲導犬も一緒に同行している場合

基本的に介助犬は店内の同行を許可されています。

保健所や、各都道府県の条例(食品衛生法施行条例など)で盲導犬の入店は認められています。

飲食店や宿泊施設は原則として盲導犬の入店をダメとは言えないのです。

ただし、調理場には入れないことがありますので注意しておきましょう。

 

もし入店を断られた場合は利用者と相談しながら店員に説明をします。

それでも拒否されるようであれば、視覚障害者協会や盲導犬協会に相談してみるのも一つの手かもしれません。

 

スポンサーリンク

最後に

今回は同行援護で買い物に行く際の手順と注意点を解説しました。

買い物は日常生活に欠かすことができないものです。それは視覚障害者であっても同じです。

利用者のニーズを聞いて、欲しいものが見つかるよう一緒に探してみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。少しでも参考になれば幸いです。

訪問介護の転職は求人サイト「カイゴジョブ」だけでOK!

・訪問介護の求人数が1都3県で約3000件、近畿2府1県で約2000件と国内最多数と圧倒的!
・サービス提供責任者や登録ヘルパーなど雇用形態を問わず求人件数が多い!
・登録者数はなんと60万人!

現役訪問介護職の私の経験から言うと訪問介護の転職活動はとりあえず「カイゴジョブ」だけ登録しておけば問題なしです。
※施設介護は別ですので注意してくださいね。

同行援護の知識・情報
記事が役にたったらシェアしてね!
くらたろうをフォローする
ヘルパー会議室