同行援護の2時間ルールとは?ガイドヘルパーが注意したい1つのこと。

同行援護の2時間ルールとは?

 

介護・障害福祉分野における訪問介護のサービスに共通して「2時間ルール」という制度上の算定ルールがあります。

外出系サービスである同行援護にもこの「2時間ルール」は適用されます。

今回は

  • 同行援護の2時間ルールとは?
  • 同行援護ならではの1つの注意点

を解説していきます。ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

スポンサーリンク

同行援護における「2時間ルール」ってなに?

ひらめいた女性

 

2時間ルールはサービスとサービスの間が2時間未満の場合に2回ではなく1回の算定となるルールの事を指します。

同行援護の場面でいうと

(例1)

  • サービス① AM9:00~10:30・・・利用者を自宅~目的地まで送り届ける
  • サービス② AM11:30~12:00・・・目的地に迎えに行って自宅に送り届ける

例1の場合は、サービス①と②の空き時間が2時間未満なので1回にまとめて算定する必要があります。

つまりサービスコードの同援日中2.5で算定となります。

 

(例2)

  • サービス①AM9:00~10:30・・・利用者を自宅~目的まで送り届ける
  • サービス②PM14:00~15:00・・・目的地に迎えに行って自宅に送り届ける

例2の場合はサービス①と②の空き時間が2時間以上になっていますので、それぞれ2回分の算定します。

つまりサービスコードの同援日中1.5と同援日中1.0をそれぞれで請求算定となります。

 

 

2回算定の方が、介護報酬は多くなりますが、2時間ルールはサービス管理のため必要なことなのです。

ちなみにサービス実施記録はサービス毎に必要になりますので注意しておきましょう!

 

 

スポンサーリンク

同行援護の2時間ルールでヘルパーが注意したい1つのこと

 

よしっ!のポーズの介護士女性

同行援護は外出の支援となるため、居室内での支援とは様々な面で大きく異なります。

それは、2時間ルールにおいてもその通りで同行援護ならではの注意点があります。

 

 

状況によって空き時間が変化する可能性があるので注意

同行援護ではイベントごとや会議など、様々な場所への外出支援を行います。

ですが、外出先ではガイドヘルパーの予定通りに物事が進むわけではありません。

例を見ていきましょう!

例①
利用者が会議に出席するために同行援護サービスを利用した。会議中はガイドヘルパーは場を離れ、約2時間の空き時間の予定としていたが、急遽代読や代筆が必要になった。
例①の場合は、本来空き時間が2時間あったので「行き」と「帰り」の同行援護を分けて請求するはずが、急遽、代読・代筆をしたために会議中も同行援護時間が発生しています。
つまり、請求としては空き時間のない一連のサービスとして算定する必要があります。
例②
あるイベントに利用者が参加するために同行援護サービスを利用した。同行援護は「行き」と「帰り」の道中のみ。イベントの時間は約3時間で、イベント終了後に迎えに行くことになった。
約1時間後に利用者から「急だけど、今から帰らなければならなくなったので迎えに来てもらえますか?」と連絡があり迎えに。空き時間は1時間30分で迎えのサービスを開始した。
例②の場合は、本来3時間の空き時間を予定していたので「行き」と「帰り」の同行援護を分けて請求するはずが、予定より早く帰ることになったため空き時間が1時間30分になったことに2時間ルールに引っ掛かります。
つまり請求としては、空き時間の1時間30分を省いた「行き」と「帰り」の同行援護をまとめて算定する必要があります。

 

このように、同行援護では外出先で起こることを予測できない部分が多くあります。

それがゆえに、本来2時間ルールに引っ掛からないはずが、予定が変わったことにより引っ掛かってしまう場合も

ありますので注意しておきましょう。

状況に応じて請求方法が変わることをガイドヘルパーも理解しておく必要があります

 

スポンサーリンク

最後に

今回は同行援護の2時間ルールについて解説しました。

同行援護は外出系のサービスであることから、あらかじめ利用者と決めていたことも変更になる可能性があります。

それによって2時間ルールにも影響する場合がありますので、制度をよく理解し注意しておきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。少しでも参考になれば幸いです。

 

訪問介護の転職は求人サイト「カイゴジョブ」だけでOK!

・訪問介護の求人数が1都3県で約3000件、近畿2府1県で約2000件と国内最多数と圧倒的!
・サービス提供責任者や登録ヘルパーなど雇用形態を問わず求人件数が多い!
・登録者数はなんと60万人!

現役訪問介護職の私の経験から言うと訪問介護の転職活動はとりあえず「カイゴジョブ」だけ登録しておけば問題なしです。
※施設介護は別ですので注意してくださいね。

同行援護の知識・情報
記事が役にたったらシェアしてね!
くらたろうをフォローする
ヘルパー会議室