ヘルパーが銀行へ同行する際に注意すべき5つのポイント。

 

ヘルパーの仕事には身体介護や生活援助などが中心となりますが、外出の際の同行も仕事のうちの一つになります。

 

 

今回解説する銀行同行はトラブルになる場合が多く
事前にどのようなトラブルがあるのか?

注意点などについて知っておくとスムーズに銀行への同行できるかなと思います。
そこで

 

  • ヘルパーが銀行に同行する際に注意してほしいポイントを5つまとめました!

 

是非参考にしてみてください!

 

スポンサーリンク

ヘルパーが銀行へ同行で注意したい5つのポイントをチェック!

 

ヘルパーの銀行同行には様々な注意点がありますが、実際にはどのような点に注意していけば良いのでしょうか。

ここでは、銀行同行を行う際の注意点を5つまとめましたので確認しましょう!

 

忘れ物のないように

せっかく銀行に行ったとしても、忘れ物があり手続きが出来なかったということもあります。

その際は再度行き直しになるかと思いますが、その分へルバーの付き添い費用も倍かかってしまうことになりますので、出来るだけ1度で済むように持ち物には注意しておきましょう。

銀行に行く際に持っておきたいものとしては

  • ①通帳
  • ②銀行印
  • ③キャッシュカード(あれば)
  • ④身分証明書

になります。

については必ず持っていくようにしましょう。

 

の銀行印に欄では、銀行に届出をしている印鑑をもっていきます。場合によってはどれが銀行印なのか分からない方もいますので、何本か持っていくと良いです。銀行では教えてくれませんので注意が必要です。

 

キャッシュカードは必須ではありませんが、あればもっていくようにしましょう。

 

の身分証明書は基本的に運転免許書などの顔写真付きの身分証明が良いです。無い場合は健康保険証などになると思いますが、顔写真が付いていない身分証明書の場合は、必ず2枚以二持っていくことをお勧めします。健康保険証と介護保険証がおすすめです。

 

①~④を持っていくことによって、ほとんどの手続きが可能となります。

 

 

ヘルパーが利用者の荷物を持ってはいけません

外出をする際に、ヘルバーが荷物を持ってしまうことがあります。

通常であればそれは問題ありませんが、銀行へ行く際に通帳やキャッシュカード、銀行印などはヘルパーが持たないことをお勧めします。

もし道中で無くなってしまったなどのトラブルがあった際

ヘルパーが持っていると疑われる可能性があります。

 

こういったトラブルが起きてしまいますと、その後の関係性も悪くなってしまいますので注意が必要です。

現金はもちろんですが、銀行関係の物品に関しては基本的に持たないようにするのが無難です。

 

 

預金などの情報を確認しないこと

銀行同行にいくと利用者と一緒に手続きを行いますが、ここでは預金を見ないようにしましょう。

ヘルパーによっては興味本位で頂金をのぞき見してしまう方もいるようですが、預金に関してはその利用者の非常に重要な情報ですので見てはいけません。

 

また、見られた利用者側としても非常に不快に感じてしまいますので注意するようにしましょう。

預金は通帳にも書かれていますし、ATM であれば画面に記載される場合があります。

 

あえて「私は預金残高を見てはいけませんので、 ここからは一人でお願いしますね」 とお声がけしても良いかもしれません。

 

また、預金の他にはいくら下ろしたか、誰に振り込むのかなどの情報も、利用者側から提示されるまでは自ら確認しないようにしましょう。

お金に関する情報は非常にデリケートな問題となります。

 

 

確認書を作成しておく

銀行同行でトラブルを防止するために必要なことは、いくつかの注意点を踏まえれば防止することが出来ますが、どうしても防止出来ない場合があります。

それは利用者の勘違いで「通帳を取られた」「預金を見られた」など言われる場合です。

 

この場合の対処方法としては確認書を作成しておくことです。

 

例えば

  • 自宅から出る前に通帳や印鑑を持ち出して、利用者自身が持っていることに対して書面で確認してもらう。
  • 通帳は見ないこと、もし見たとしてもすぐに忘れることを書面にしてサインをもらっておく

などの対処方法が必要となります。

 

 

複数名で対応をする

これは最終的な手段となりますが、お金の疑いが出て一人で対応することが難しい場合の対処方法です。

一人での対応が難しければ複数名で対応をするようにしましょう。

一人が監視役、一人が付き添い役で対処することによって疑いをもたれず対応することが出来ます。

 

しかし、注意したいこととしては、複数人の加算を算定する場合は、利用者から暴力がある、暴言がある、適切な介護が出来ないといった理由が必要です。

 

銀行同行の際にヘルバーへの疑いがあるため複数で対応したとしても

条件に該当せず複数での加算算定が出来ませんので注意しておきましょう

 

最終的な手段として考えておいた方が良いです。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

銀行には利用者の資産情報がありますので、その取扱いには十分注意する必要があります。

また、銀行ならではの注意点などもご紹介しましたので、事前の対策、道中の対策などをとっておきましょうね!

最後までお読みいただきありがとうございました!少しでも参考になれば幸いです!