【だれでも分かる】訪問介護の『加算・減算』一覧【まとめ】

 

くらたろう
くらたろう

訪問介護事業の運営において加算・減算の知識を持っておくことはかなり大切です。

今回は加算・減算一覧と概要をまとめましたので良かったら参考にしてみてくださいね!

 

\ 訪問介護の転職ノウハウまとめ /

  • 訪問介護の『適性チェック診断』
  • 『職場選び』のポイント
  • 転職活動の『進め方』
  • 転職にまつわる『不安を解消』


必読
転職ロードマップをみる

リンク先:https://helper-kaigi.net/houmon-care-jobchange/

訪問介護の転職で失敗したくない..でも働いてみたいって方におすすめ!

 

本記事の信頼性
  • 介護業界11年目のちょいベテランで現役の管理者兼サービス提供責任者が執筆しています。
  • 保有資格:ヘルパー2級、基礎研修、社会福祉士、同行援護、全身性ガイドヘルパー、ほか
  • 制度などの解説記事は「厚生労働省の一次情報」をもとにしています。

 

訪問介護の加算・減算一覧と概要

車いす

 

初回加算(月200単位)

初回にサービスを実施した場合のみ、初月に取得できる加算となります。

また介護計画の作成が必須となりますので、介護計画の作成+サービスの開始が条件となります。

 

これはサービスが始まった月中にサービス提供責任者がサービス訪問することで算定することができます

例えば1月13日にヘルパーサービスがスタートしたとすると1月31日までにサービス提供責任者が訪問する必要があります。

同じ利用者でも要介護→要支援になった場合、要支援→要介護になった場合も算定が可能。他にも入院等で2か月以上サービスが中断し再開した場合も初回加算の取得対象になります。
算定要件などをより詳しく知りたい方は下記をどうぞ。

 

緊急時訪問介護加算(1回100単位)

利用者や家族から要請があり、緊急で訪問してサービスを提供した場合に算定できます。

 

通常、訪問介護はケアプランに定められた予定に基づきサービスが提供されますが、緊急時の場合は予定に入っていないサービスを提供することになります。

連絡を受けてからサービスを提供するまでが24時間以内にであり、身体介護中心の場合に算定することができます。

 

算定要件などをより詳しく知りたい方は下記をどうぞ。

>>訪問介護の緊急時訪問介護加算とは?算定要件や注意したいポイントを解説!

 

2人の訪問介護員等による場合の加算(所定単位の200%)

1人対応が難しい利用者に対し、2人のヘルパーでサービス提供を行った場合の加算となります。

単位数は2人分です。

 

算定要件などをより詳しく知りたい方は下記をどうぞ。

>>訪問介護の「2人介助加算」とは?算定条件と注意点を解説!

 

夜間・早朝・深夜加算

夜間帯(18時~22時)早朝(6時~8時)にサービスを提供した場合は25%の加算

深夜(22時~6時)の場合は、所定単位数の50%加算

 

生活機能向上連携加算

生活機能向上連携加算Ⅰ(1か月100単位)

外部の医療提供施設の助言にもとづいて、生活機能の向上が目的となっている訪問介護計画書を作成した場合に算定できる加算です。

初月のみ加算ができます。

 

生活機能向上連携加算Ⅱ(1か月200単位)

外部の医療提供施設の医師などが利用者の自宅を訪問する際に同行をして、評価を共同で行い、訪問介護計画書を作成した場合に算定ができます。

3か月以内であれば1か月のみ算定が可能であり、生活機能向上連携加算Ⅰを算定している場合は算定することができません。

 

生活機能向上連携加算について、より詳しく知りたい方は下記をどうぞ。

>>生活機能向上連携加算とは?算定要件、単位数、事例を徹底解説!

 

特定事業所加算

特定事業所加算はⅠ~Ⅳまでありますが、その中でも特定事業所加算のⅠは所定単位数の20%と非常に大きな単位数を取得することができます。
取得要件は下記のとおり。

 

  1. 全ての訪問介護員に対して個別の検収計画を作成し、実施すること
  2. 利用者情報の共有や技術指導の為に会議を定期的に開催すること
  3. 文章にて訪問開銀に利用者情報等を文章で伝達すること
  4. 訪問介護員に対して定期的な健康診断を実施していること
  5. 緊急時等の際、どのような対応をするのか利用者に提示していること
  6. 訪問介護員の内有資格者の数が一定以上いること(介護福祉士30%以上など)
  7. 前年度の利用者の内重度の方の対応が一定以上あること(要介護度4から5、日常生活自立度がⅢ以上の方など)
  8. 常勤のサービス提供責任者が人員基準を上回る数を確保していること(利用者80名以下の事業所の場合)

 

 

また特定事業所加算Ⅱ、Ⅲ、Ⅳとありますが、これはⅠよりも条件難易度が低いですが、その分算定できる単位数も少ないので、事業所に合して取得するようにしましょう。

 

算定要件などをより詳しく知りたい方は下記をどうぞ。

>>訪問介護の特定事業所加算とは?取得要件を徹底解説!

 

介護職員処遇改善加算・特定処遇改善加算

介護職員の賃金の改善等を実施している事業所に対する加算のことで、Ⅰ~Ⅴまであります。(Ⅳ、Ⅴは厚生労働大臣が定める期日まで算定可能)

それぞれ

  1. 総単位数の13.7%
  2. 総単位数の10%
  3. 総単位数の5.5%
  4. 加算Ⅲの単位数90%
  5. 加算Ⅲの単位数80%

となっています。

介護職員処遇改善加算を取得するためには、厚生労働省が定めているキャリアパス要件と職場環境要件を満たす必要があります。

 

算定要件などをより詳しく知りたい方は下記をどうぞ。

>>介護職員等特定処遇改善加算と介護職員処遇改善加算とは?

 

集合住宅減算(同一建物減算)

  • 「同一敷地内建物等」「同一建物に20人以上居住する建物」へ訪問介護を提供する場合は10%減算
  • 「同一敷地内建物等に50人以上居住する建物」へ訪問介護を提供する場合は15%減算

となっています。

 

減算要件をより詳しく知りたい方は下記をどうぞ。

>>訪問介護の同一建物減算とは?範囲や金額を徹底解説!

 

 

加算の取得は慎重に行いましょう!

よしっ!のポーズの介護士女性

訪問介護事業の運営にとって加算は必要不可欠です。

算定をするだけで単位数が増えますので、出来るだけ加算を取得したいところです。

ただし出来るだけ慎重に加算をすることをお勧めします。

 

加算要件を満たしていなければペナルティもある

時々要件を満たしたと思って算定をしていたら、後から要件を満たしていないことが分かったということがあります。

この場合は加算をした分を返還をしないといけません。利用者に対しても返還をする必要がありますので非常に大きな手間であるといえます。

また、悪質な場合は新規受け入れの停止や指定取り消しなどもありえますので十分注意する必要があります。

 

最後に

今回は訪問介護の加算・減算一覧と概要を解説しました。

サービス提供責任者としては加算・減算の知識は必須ですのでしっかり理解しておきましょう。

当サイトではサービス提供責任者の初心者向けに業務マニュアルを無料で公開しています。

この機会にチェックしておきましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました