ヘルパーさんが注意しておくべき医療行為について。【訪問介護】

 

訪問介護で注意したい医療行為について

 

医療行為はその名の通り、病気やケガなどを治療する為に行われる医療の行為であり、これは医師や看護師など一定の資格を持っている方しか提供できないという決まりがあります。

訪問介護では時々利用者から医療行為をしてもらうように頼まれることがあります、ヘルパーとしては自分でも出来ると思い実施して、後から医療行為だと気づき様々な問題を引き起こすことがありますので十分注意が必要だといえます。

 

 

訪問介護で働く方は、どの部分が医療行為に当てはまるのかはしっかりと理解しておく必要があります。

 

 

正しい知識を持つ必要性について

医療行為は医師や看護師にしか認められていない行為であり、法律でも明記されています。

ヘルパーが医療行為行ってしまいますと法律違反になり、介護報酬がもらえなくなったり、資格の停止、それを行うことによって事故やケガを行わしてしまった場合は罰則がある可能性があります

 

 

つまり、何が医療行為かを知ることは自分の身を守るものであり、医療行為と密接に関係しているヘルパーは必ず覚えておかないといけないものとなります。

正しい知識は利用者の身を守ると同時に、自分の身も守るものだと覚えておきましょう。

 

 

医療行為に該当しないもの

 

医療行為とは何かというところに着目をすると数が膨大になりますので、医療行為に該当しないもの、つまりヘルパーが行える行為について見ていきましょう。

 

 

平成17年に厚生労働省が発表した医療行為についての解釈通知を元に解説していきます。

 

①体温計を脇に入れて体温を計測、耳式電子体温計を外耳道入れ体温を計測する行為

これは、ヘルパーであればよく行われる行為です。肛門に体温計を指して直腸の温度を測る行為などは医療行為となるようです。

 

 

②自動血圧測定器を使って血圧を測ること

血圧計も正確に測ろうと思いますと、水銀で測る方法がありこれは医療行為に当てはまります。家庭でも使うような血圧測定器を使う場合は医療行為には当てはまりません。

 

 

③新生児以外で、入院治療が必要でないもの対して、血中の酸素濃度をパルスオキシメーターを使用して測る行為

これは、SPO2測定器であり施設系ではよく行われています。パルスオキシメーターを使えば医療行為ではありません。

 

 

④専門的な判断が必要でない軽微な傷の処置

これは例があります。便等の汚物で汚染されたガーゼの交換等とあります。汚染されたガーゼを交換する程度の処置であれば医療行為ではないといえます。

 

 

⑤専門的な知識が必要のない内服の補助、肛門からの座薬挿入、皮膚への軟膏の塗布等

これには様々な条件があります。例えば、医師や看護師などの継続的な経過観察が必要のない方への行為が大前提です。つまり状態として安定している方にのみ適用されることです。

 

 

 

以下の行為についても医療行為の規制に該当しないと、厚生労働省が「念のため申し添える」とし記載されている項目です。

 

①爪や爪周囲の皮膚等にも問題が無い場合のみ、爪切りが出来る。
②歯ブラシや綿棒などで口腔内の汚れを取ること
③ストマにたまった排泄物を捨てること
④自己導尿の補助(カテーテルの準備等)
⑤耳垢を取ること
⑥市販の浣腸を用いること

 

これらも追記されています。

特に6の浣腸に関しては挿入部の長さが6センチ以内、グリセリンの濃度が50パーセント以内といったように細かく規定されていますので必ず守るようにしましょう。

 

 

医療行為の解釈に注意する

厚生労働省は先ほど説明した医療行為に該当しないものを通知しましたが、これをどう解釈するかも注意が必要です。

 

これは人によって軽微な傷の解釈が違うということです

この解釈を間違ってしまいますと医療行為をしていないつもりでも、医療行為をしてしまっていることにもなりかねませんので、判断が難しい場合は医療行為だと判断しておくのが安心でしょう。

 

 

 

訪問介護の医療行為の難しさ

医療行為をして問題になるのは訪問介護が多いといえます。その理由としては様々なものがありますが、施設系になると看護師が常駐していることが多く、他の職員もいるため迷った際はすぐに他人の意見を聞ける環境であるという要素が強いです。

 

 

それに対して訪問介護の場合は、ほとんどが利用者とヘルパーの1対1です。そのような状況で利用者から医療行為を頼まれた場合、相談する人もいませんし、断りにくいこともあるので、実施してしまうケースがあります

 

 

そうならないように事業所全体を挙げて医療行為についての勉強会を行うと良いでしょう。また、そういった行為を頼まれた場合、する可能性がある場合は、すぐにサービス提供責任者に連絡をおして指示を仰ぐ体制を取っておくことも必要であるといえます。

 

 

まとめ

今回は訪問介護で注意したい医療行為に関して紹介させていただきました。

ヘルパーをしていると、どこまでが医療行為でどこまでがOKなのか良く分からないことも多いと思います。しかもサービス提供責任者やケアマネジャーですら良く理解していないことも多いです。

どうしても訪問介護のサービス現場は閉鎖的ですので、それを十分に理解をしたうえで医療行為を行わない環境づくりをしておくことも大切ですね。