登録ヘルパーの移動時間は賃金が発生する?注意したいポイントを解説!

 

訪問介護では登録へルパー、常勤パートヘルパー、常勤正社員ヘルパー、サービス提供責任者等様々な雇用形態があります。

その中で登録ヘルパーは少し特殊な雇用形態になっています。

基本的には

  • 利用者宅へ自宅から直行し数件利用者宅を回り直帰
  • 給与は利用者1件につき〇〇円(生活援助1350円、身体介護1800円等)

というような形になっています。

1件〇〇円だと非常にシンプルで分かりやすい給与形態ですが

今登録ヘルパーとして働いている方や、転職して登録ヘルパーになりたいと考えている方からすると

訪問先から次の訪問先への移動時間の賃金はどうなっているのか気になる所です。

 

そこで今回は

 

  • 登録ヘルパーの移動時間の賃金は発生するのか?
  • 移動時間の賃金の関して気を付けたい事

 

の2点を中心に解説します!

 

 

スポンサーリンク

登録ヘルパーの移動時間の賃金は「労働時間に該当するのか、しないのか」で決まる

 

 

登録ヘルパーの移動時間に賃金が発生するか否かは

その移動が業務するために必要な移動であり、それが労働時間に該当するか否かによって変わってきます

(厚生労働省労働基準局 訪問介護労働者の法定労働条件の確保について)を参照

 

つまり労働時間に該当すれば賃金は発生するということです。

では登録ヘルパーの“労働時間に該当する移動”とはどのようなことを指すのでしょうか。

 

労働時間に値する移動について

訪問先から次の訪問先までの移動の間に

待機や休憩などを含む自由利用が“ない”場合は、移動も労働時間にみなされ、賃金が発生します。

 

反対に移動間で待機や休憩などがあり、支援に入るまでに時間調整することは自由利用となり、その間は労働時間には値しませんので、賃金は発生しません。

 

 

賃金が発生する移動時間の事例

 

例1)A宅が10時に予定通り支援が終了し、3キロ先のB宅に10時15分から支援の予定が入っている

 

解説この場合、交通状況にもよりますが移動に与えられた時間は、概ね妥当だと言えますので移動に関しての賃金は発生します。

 

例2)A宅が10時に予定通り支援が終了し、B宅は12時から支援のため、少し時間を潰すために途中のスーパーに寄って早めに昼食を済ましてからB宅に向かう

 

解説)この場合、B宅に移動する際に必要な分の賃金は発生しますが、B宅に行くまでの間はスーパーによって時間調整しているため、この待機時間に関しての賃金は含まれません。

 

スポンサーリンク

会社に移動時間賃金の支払い方法を確認をしておきましょう!

 

賃金が発生している移動に関しては

最低賃金を下回らない範囲であれば、会社との話し合いで、自由に決定することができます

 

ですが実際の所、最初から会社との雇用契約書や就業規則に支払い方法が定められています

雇用契約書をよく見ると

  • 身体介護60分1800円(移動時間手当含む)

という文言になっていたりする訪問介護事業所も多かったりします。

 

金額も訪問介護事業所によってまちまちですので、登録ヘルパーとして働いている方は雇用契約書を確認してみましょう。

これから働きはじめる方は面接の時にでも聞いてみると良いですよ。

 

スポンサーリンク

サービス支援時間の延長などのアクシデントが起きた時は必ずメモを

 

登録ヘルパーとして働いていると、支援時間が延長になるようなアクシデントが起きて予定していたスケジュールから大きく変わってしまうことが結構あります。

これについても、次の訪問先までの移動に賃金が発生するような状況であれば事業所で定められた金額が支払われます。

 

この場合は登録ヘルパーの自己申告と、利用者のその時の状況把握がとても大事になってきます。

そのためイレギュラーになった時の状況や、細かい時間経過等を、事業所の管理者にしっかり伝えられるように、メモしておくことをお勧めします。

 

登録ヘルパーは基本的には1人行動ですので、管理者の目の届かない状態で仕事をすることになります。メモしておかないと少し前の状況を聞かれた時に、忙しさから記憶が曖昧になってしまいます。

記憶をやっと辿るのではなくて、スムーズに管理者に伝えられるように普段から自分の行動を記録に残しておくということを心がけていると、結果的に信頼にもつながります。

とは言っても、ヘルパーにとっては時間との闘いですから、移動時間は、賃金が発生してもしなくても、安全運転で遅れることなく訪問先も到着して、支援に入れることが理想ですよね。

 

スポンサーリンク

まとめ

では今回の登録ヘルパーの移動時間の賃金についての話をまとめると、

  • 移動の間に自由利用がある場合は、自由利用の移動に対しての賃金は発生しない。
  • 移動前後に自由時間がない場合はその移動に賃金が発生する。
  • イレギュラーになった場合、管理者にしっかりと自己申告できるよう、記録しておく。

 

訪問先に出向いて支援をするということは自分が移動することになりますので、どこからどこまでの時間と移動が労働時間で、賃金が発生するのかをしっかり把握しておくということが登録ヘルパーにとって重要なことになります。

自分の入っている支援のどの移動にどのくらい賃金が発生しているかこれを機にもう一度確認してみるのもよいですね。

 

ヘルパー / サービス提供責任者
記事が役にたったらシェアしてね!
くらたろうをフォローする
現役介護士が実際に登録してオススメな介護転職エージェント
【かいご畑】

介護職としてキャリアを積みたい人におすすめの転職支援サービスです。
・訪問介護で働くなら必須の資格「介護職員初任者研修」
・サービス提供責任者になる為の資格「実務者研修」
の2つを無料で取得することができます。

~かいご畑はこんな方にオススメ~

• 初任者研修、実務者研修(費用負担あり)を取得したい人
• 介護職の経験がない人
• 派遣社員、パート・アルバイトで働きたい人
• 介護職としてキャリアを積みたい人
• 転職が初めてで面接などサポートを受けたい人

良かったら登録してみてくださいね。

【マイナビ介護職】

転職・求人の大手「マイナビ」が運営していて、安心して利用することが出来ます。
20代~30代で正社員を希望している人はかなりオススメです。
非公開求人が多いのもマイナビ介護職の魅力的な所です!

マイナビ介護職はこんな方にオススメ

• 正社員で働きたい人
• 給与などのよい条件で働きたい人
• 20代・30代で求人を探している人
• 履歴書の書き方や面接のサポートを受けたい人
• 関東・関西などの都市部の人

良かったら登録してみてくださいね。

【きらケア介護求人】

求人数が他に比べるとトップクラスに多く、転職と言えば「きらケア」というぐらい定番です。
サポートアドバイザーが介護業界に詳しいので安心して転職活動を行うことが出来ます。

~きらケアはこんな方にオススメ~

• 未経験やブランクのある人
• 正社員や派遣社員、パート・アルバイトで働きたい人
• 転職が初めてで書類作成などのサポートを受けたい人
• 首都圏や都市部で転職したい人

良かったら登録してみてくださいね。

ヘルパー会議室