【訪問介護技術】ヘルパーが行う身体介護、買物同行とは?上手く行うポイントを解説。

 

 

ヘルパーが行う身体介護の一つに買い物同行というサービスがあります。(介護保険では身体介護ですが障害福祉サービスで買物同行を行うと家事援助に含まれます。)

 

これは、介護が必要な方を外に連れ出して買い物を行うものであり、高齢者からしてみれば買い物は生活に欠かせないことですし、気分転換にもなって良い影響を与えます

スポンサーリンク

買物同行で利用者に満足してもらうために行うべきこと

買い物同行は誰が行っても同じでは?という疑問を持つ方もいますが、上手な人が買い物同行を行うと非常にスムーズであり、高齢者も喜んでくれます。

上手に買物同行を行うポイントとはどのようなものがあるのでしょうか?

 

 

行き先を調べておく

行き先が決まっているのであれば、その場所はどのような場所なのか事前に調べておくとよいでしょう。調べるポイントとしては以下をご参照ください。

 

① トイレの状況

高齢者は若い方と違ってトイレの近い方が多く、少しの外出時間でもトイレに行きたくなる方がいます。そういった不安を抱えると外出自体したくないという方もいますので、トイレの状況をして調べておきましょう。

どこにトイレがあるのか、洋式トイレなのか和式トイレなのか、車椅子の方であればバリアフリーになっているのかなどの状況を調べておきます。またお店だけではなく道中にもトイレがあるかどうかも確認しておきましょう。

 

② 段差等があるかどうか

足が不自由な方にとっては段差を超えることが難しい場合もあります。歩くこと自体が難しくなったり、つまずいてコケたりすることがあります。特に車椅子や歩行器を使用している方にとっては、段差を越えるのは非常に難しくなります。

車椅子や歩行器でも超えれるような段差なのか、迂回して超えれる声のかなどを事前に調べておくとよいでしょう。

スロープがあったりなど高齢者に配慮したお店などもありますので、そういったところに積極的に行くことをお勧めであると言えます。中には車いすを貸出ししてくれるところもありますので、一度も調べてみましょう。

 

③ 自宅からの距離について

買い物同行は介護保険内で行うものですので、自宅からあまり離れた距離にあるお店には行くことができません。できるだけ近くのところで、短時間で切り上げるようにしなければいけません。そのため、自宅からお店までの距離をきちんと調べておいて、往復の時間や買い物をする時間などを考慮して、スケジュールを組み立てることが必要になります。

もし自宅から近い距離にお店がない場合は、少し遠出になることがあります。その場合は、事前に距離と時間を調べておいて、途中で休息時間を取るなどの計算をしておきましょう。

 

スポンサーリンク

買い物をすることで得られる効果とは?

買い物同行と言っても買い物するだけが目的ではありません。買い物をする中で楽しみを見つけたりはもちろん、歩いたり外の空気を吸ってリフレッシュするなどの効果もあります。

 

買い物をするメリットとはどのようなものがあるのでしょうか。知ることによってヘルパーの意識も変わりますので、是非知っておきましょう。買い物はリハビリになりますし、身体機能の維持や向上を期待することができます。

例えば、

お店に行くまでに歩く、商品を手に取る、財布からお金を取るなどの動作は自宅にいるときはあまり行いませんのでリハビリになります

また、お金の計算をしたり、自宅の冷蔵庫の中身を思い出しながら買い物もするなど、買い物をする際は頭を使って様々な計算をしながら行います。こういった行為は脳に刺激を与えて認知症に効果があるといいます

こういったメリットを知っていると、ヘルパーは高齢者を主体的に考えるようになります。買い物同行は予め時間が決まっていますので、ヘルパーによっては高齢者を急がしたり、ヘルパーが自ら率先して買い物をしたりなど、せっかくのメリットを潰してしまう可能性があります。

高齢者自ら考えることによって脳に刺激が与えられますし、自ら動くことによってリハビリにもつながるのです

 

スポンサーリンク

時には買い物代行を活用することも大事

要介護要支援者の高齢者は何かしらの障害を持っていますので、毎回買い物に行くのはしんどい、負担が大きいという場合もあります。そんな時は、無理をさせずにヘルパーが買い物に行く買い物代行で対応するようにしましょう。

買い物代行は生活援助になりサービスの種類が変わっていきますので、サービス提供責任者に連絡をして、ケアマネージャーにケアプランを変更追加してもらう必要があります。また急にサービス内容を変更することは基本的にはできませんので、予めサービス内容に買い物代行入れてもらっても良いかと思います。

サービスをしなければいけないと、疲れている高齢者を無理に外に連れ出すことは高齢者の負担を増大させてしまいますので注意が必要です

 

スポンサーリンク

まとめ

買い物同行の目的や実施のポイントなどを把握しておくと、良いサービスを提供することができて、高齢者自身も気持ちよく買い物をすることができます。

目的や効果を知るとその効果が出やすいようにヘルパーが動くようになりますので是非覚えておきましょう。

 

 

現役介護士が実際に登録してオススメな介護転職エージェント
【かいご畑】

介護職としてキャリアを積みたい人におすすめの転職支援サービスです。
・訪問介護で働くなら必須の資格「介護職員初任者研修」
・サービス提供責任者になる為の資格「実務者研修」
の2つを無料で取得することができます。

~かいご畑はこんな方にオススメ~

• 初任者研修、実務者研修(費用負担あり)を取得したい人
• 介護職の経験がない人
• 派遣社員、パート・アルバイトで働きたい人
• 介護職としてキャリアを積みたい人
• 転職が初めてで面接などサポートを受けたい人

良かったら登録してみてくださいね。

【マイナビ介護職】

転職・求人の大手「マイナビ」が運営していて、安心して利用することが出来ます。
20代~30代で正社員を希望している人はかなりオススメです。
非公開求人が多いのもマイナビ介護職の魅力的な所です!

マイナビ介護職はこんな方にオススメ

• 正社員で働きたい人
• 給与などのよい条件で働きたい人
• 20代・30代で求人を探している人
• 履歴書の書き方や面接のサポートを受けたい人
• 関東・関西などの都市部の人

良かったら登録してみてくださいね。

【きらケア介護求人】

求人数が他に比べるとトップクラスに多く、転職と言えば「きらケア」というぐらい定番です。
サポートアドバイザーが介護業界に詳しいので安心して転職活動を行うことが出来ます。

~きらケアはこんな方にオススメ~

• 未経験やブランクのある人
• 正社員や派遣社員、パート・アルバイトで働きたい人
• 転職が初めてで書類作成などのサポートを受けたい人
• 首都圏や都市部で転職したい人

良かったら登録してみてくださいね。

ヘルパー / サービス提供責任者
スポンサーリンク
ヘルパー会議室