ヘルパーさんが「できること」「できないこと」生活援助の範囲はどこまで?【訪問介護】

 

 

ヘルパーさんの仕事は大きく分けると身体介護と生活援助に分けられます。(介護保険サービス)

ヘルパーさんをしていて生活援助をしたことが無い人はいないでしょう。

それほど当たり前のように生活援助を皆行っていますが

 

実はこの生活援助

 

「できること」と「できないこと」があるのは知っていますか?

ヘルパーさんをしている人でも、知らず知らずのうちに「できないこと」をしてしまっていることも・・・

ヘルパーさんをこれから始める人は事前に知っておくと良いでしょう。

 

生活援助で「できること」と「できないこと」

 

生活援助では

利用者さんの自宅に訪問し掃除、洗濯、シーツ交換、買物、調理などを行いますが

これらも内容が細かく「できること」「できないこと」が決まっております。

 

 

厚生省の通達では

  1. 直接本人の援助に該当しない行為
  2. 訪問介護員が行わなくても日常生活を営むのに支障が生じないと判断される行為
  3. 日常的に行われる家事の範囲を超える行為

 

 

これらは一般的に介護保険の生活援助の範囲に含まれないと考えられる事例として上げられています。

 

実際の訪問介護現場に沿った形で「できること」「できないこと」を見ていきましょう。

 

 

掃除編

 

掃除は居室やリビング、台所、お風呂、階段、トイレ等を掃除します。

 

利用者さん本人が使っている所のみしかできない

掃除の範囲はあくまでも 「利用者さん本人が使うところのみ」 になります。

そのため

高齢者夫婦世帯の場合で奥様の介護保険を使ってケアに入る場合、ご主人の部屋は掃除できません。

例えば

ご主人は家のお風呂を使うけど、利用者さん本人はデイサービスでお風呂入るという場合は、利用者さん本人は自宅のお風呂を使わないので

ヘルパーさんがお風呂掃除をすることができない。ということになります。

 

大掃除的な掃除はできない

例えば

  • 棚の飾り物をどかして拭く
  • 家具や電気器具などの移動
  • 窓拭きや換気扇の掃除
  • 玄関たたきや玄関外の庭掃除
  • 台所も床掃除や食器洗いなどはできても、排水口、レンジの中、ガスコンロ等の掃除

 

などはできないことになっています。

これは厚生省通達の③に該当します。

 

1週間に同じ所を重複して掃除しない

掃除は1週間に同じところを重複して掃除することは望ましくないとされています。(できないわけではありません)

例えば週二回掃除のサービスでヘルパーさんが訪問する場合は

「リビングと台所と寝室」「トイレとお風呂と廊下」等、1週間の間で2回同じところを掃除しないようにしている訪問介護事業所がほとんどです。

 

 

洗濯・シーツ交換編

 

おしゃれ着は洗濯できない

利用者さん本人の物を洗濯を回し干して畳む。至って普通ですが

おしゃれ着で手洗いしないといけないものは洗濯できないことになっています。

ですが失禁などによる汚れは手洗いしてから洗濯することもあります

 

アイロンがけは基本的にしない

シーツ交換をしてから洗濯を回す事はありますが、基本アイロンがけは服もシーツもヘルパーさんはしません。

 

 

訪問介護では利用者さんの価値観や生き方を尊重します。それは洗濯の行い方一つとってもそうです。洗濯物の干し方にこだわりがある方もいますので、出来る限りそのやり方に沿って洗濯をすることもヘルパーさんの仕事の一つです。

買物編

 

日常生活を送る上で最低限度の生活を保つために必要な食品、消耗品等の買い物をします。

 

趣味趣向品の買物はできない

趣味趣向品とは

たとえはお酒やたばこ、金券や贈答品などです。こういったものをヘルパーさんは購入できません。

 

可愛い孫のお菓子やジュースは買えない

ヘルパーさんとしては心の痛い話なのですが

可愛いお孫さんが来るからといってお菓子やジュースは買えないのです

何度も言いますがあくまでも生活援助は利用者さん本人のみになります。

 

遠くのスーパーやデパートには買物できない

近くにスーパーがあるのに遠くの高級スーパーやデパートには行けないことになっています。

 

食事制限がある利用者さんの禁止されている物は購入できない

糖尿病などの疾患による食事制限のある方にも禁止されている物はヘルパーさんは買えません。

ヘルパーさんは利用者さんの病状もしっかり把握する必要があります

知らずに買ってしまい利用者さんの病状が悪化することがあってはなりません。

 

 

お正月が近づくとお餅を頼まれる方が多いですが、多くの事業所ではお断りしています。その場合は事故を防ぐためですので、利用者さんもヘルパーもお互いに理解していただきたい所ですね。

 

ヘルパーさんは通帳やカードは預かれない

銀行での振り込み等、通帳やカードを預かることもできません。が、スーパーのポイントカードは預かれますので安心して下さいね。

 

支払い代行は払込票での支払いのみ

買い物の際に支払いを代行することもありますが、払込票での支払いなどに限られます。そして、多くの事業所が預かるのは一万円までとしており、買い物と支払いで一万円(各事業所の規定による)を超えない範囲の支払いです

 

 

調理編

 

時間制限がある

調理に限らずですが訪問介護は利用者さんの所にいれる時間がきまっています。

1時間で買い物と調理というパターンが多く、大体2〜4品位でしょうか

調理には基本片付けもセットになっています。

 

可愛い孫のための調理はできない

それからやはり調理も利用者さん本人のためだけに行います。

利用者さんが何回かにわけて食べる用にたくさん作る事はありますが、可愛いお孫さんが来るためには多く作れません。

 

 

利用者さん皆が生活援助を利用出来るわけではない

 

訪問介護では生活援助はかなりポピュラーな仕事になりますが

すべての利用者さんが生活援助を利用しているわけではありません

 

生活援助を利用できる条件

 

生活援助を受けられる人の条件として、

利用者が一人暮らしまたは同居の家族等が障害や疾病その他やむを得ない理由により、家事を行うことが困難な場合。

が挙げられます。

つまり、家事を行える家族と同居していると生活援助は受けられません

また、同一敷内や同じマンションの部屋違いも同居と同じ扱いになりサービスを受けることができないことになっています。

 

 

「できないこと」をしてしまったら必ず報告を

 

ヘルパーさんとして働いていると「できないこと」を利用者さんにお願いされて、断りきれず行ってしまう事があります。

断りにくい利用者さんもいますし、断ることがそもそも苦手なヘルパーさんもいます。

 

 

よくヘルパーさんの中で勘違いされやすいことがあるのですが

「できないこと」をする→ヘルパーが法律を犯す

と結びつけてしまっていることがあります。

 

ですが

「できないこと」をすることが法律を犯しているということではないのです。

正確には

「できないことをする」 → 介護報酬請求・受給 → 違反

です。

 

生活援助サービスでヘルパーさんが「できないこと」をしてしまったが介護報酬をそのまま請求し報酬を得る。という事が違反なのです。

つまり「できないこと」をしてしまっても介護報酬を請求しなければ違反にはなりません

 

なので、ヘルパーさんが現場で利用者さんに言われて断りきれず「できないこと」をしてしまったら、黙っておかずサービス提供責任者に必ず報告するようにしましょう。

 

黙ったまま請求をあげてしまうことの方が後々困ったことになりかねません。

報告をあげてサービス提供責任者から利用者さんに話してもらうことも一つの手段です。

 

最後に

ヘルパーさんの生活援助で「できること」「できないこと」をご紹介しました。

 

介護保険サービスである訪問介護は介護保険法の基に成り立っています。

介護保険での生活援助は常に最低限度の生活を保つための援助として考えられているので、使用している部屋限定の掃除、最低限の買い物、日常の食事のための調理、普段着のための洗濯なのです。

 

庭掃除や花の水やり、ペットの世話等やってほしい事はたくさんありよく話にはでますが…厳しい言い方をすると、

庭が汚れていようと生活には問題ない。

 

 

 

自分で水あげられないなら花は育てるな。

世話出来ないならペットは飼うな。

と言うことになります。

 

とはいうものの、正直それぐらいいいんじゃない?と思う事は多々あります。ヘルパーも人間なので人情も働きます。

 

ですが、「できないこと」というルールを守ることがプロのヘルパーさんなのだと思います

 

 

ケアが開始する前にきちんとケアマネジャーやサービス提供責任者と、何をしてほしいか、どこまで出来るかをきちんと確認してください。

安易に「できないこと」をヘルパーさんがしてしまうのではなく

介護保険外の事は自費サービスやその他サービスではできないか可能性を探りましょう。

 

介護保険のケアではできなくても情報提供ができる場合があります。ケアマネジャーも地域のサービス情報を把握しています。

わからない事や困っている事は相談してください。きっとできる限りの事はしてくれるでしょう。