訪問介護におけるプライバシーとは?事例から学びましょう!

 

訪問介護の仕事をしていると、否が応でも利用者さんのプライバシーを知ってしまうことになります。

時々、訪問介護のヘルパーが利用者様の状況を家族との話題に出していることや、訪問介護にまつわる話題をブログに書いている話も耳にします。

名前を出さければ誰だかわからないだろう、という気軽な気持ちなのでしょうか。

しかし、我々ヘルパーには「守秘義務」があり利用者のプライバシーを漏らすことがあってはなりません。

 

法的に守られていることを漏らすことに対して意識が薄れているとしたら、それは非常に危険なことです。

そこで今回は

 

  • 訪問介護におけるプライバシーとは?
  • プライバシー侵害の事例

 

を解説します!

ヘルパーという仕事をしていく以上、しっかり理解しておく必要があるので一緒に見ていきましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

そもそもプライバシーって何?

 

プライバシーとは何か?と言うとWikipediaによると

プライバシープライヴァシー: privacy)は、私生活上の事柄をみだりに公開されない法的な保障権利である[1]個人情報保護の文脈では、他者が管理している自己の情報について訂正・削除を求めることができる権利(積極的プライバシー権)を指す。英語の privacy片仮名表記したものであり、日本語では私事権私生活と訳されることもある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

となっています。

訪問介護はサービスの性質上

利用者の私生活に介入することになりますので、利用者のプライバシーに踏み込んでいく仕事になります。

 

 

訪問介護現場でのプライバシーとは

前述のとおり訪問介護は利用者のプライバシーに踏み込んでいく仕事になりますが、実際どのような情報がプライバシーになるのでしょうか?

以下にまとめてみました。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 出身地
  • 住所
  • 既往歴
  • 服用している内服状況
  • かかりつけ医情報
  • 経済状況
  • 身体状態
  • 精神状態
  • 家族構成
  • 居室内の状態
  • 訪問介護実施記録などの帳票

などヘルパーしか知ることができない情報も多くあります

 

 

スポンサーリンク

ヘルパーによるプライバシー侵害の例

 

 

プライバシー侵害と言っても、訪問介護をする時にどんなことに気をつけたら良いのでしょうか?

実は何気なく普段行っている行動の中にもプライバシー侵害となることがあります。

業務上の責任があるので「知らなかった」では済まされないので十分な注意が必要です。

 

では実際に、ヘルパーがプライバシー侵害をしてしまっていた例から見ていきましょう!

 

 

たまたま顔見知りだった利用者とヘルパーの事例

 

 

ある日、利用者Aさん宅へ、ヘルパーが勤務しはじめました。

このヘルパーはAさんと同じ町内に住んでおり、もともと地域の町内会でも顔をあわせていることから、偶然にも顔見知りでした。

ヘルパーは何の気なしにAさんの介護を受けるようになったきっかけなどについて、本人に詳しく聞くようになりました。

 

ある時、町内の集まりがありAさんのことを町内の1人に尋ねられたため

「病気から後遺症を患っているので介護に入っている 」ことや

「介助がないとトイレに行けない」ことなどを話してしまいました。

後日、町内の女性から他の人にも噂が広まりヘルパーから口外したことが知れてしまい問題になりました。

 

事例から学ぶプライバシー侵害の要点

 

この事例のプライバシー侵害になってしまった要因は

  • 「病気から後遺症を患っているので介護に入っている 」
  • 「介助がないとトイレに行けない」

などの私生活での個人的な情報を他者に漏らしてしまった事ですね。

Aさんが知られたくない病気のことや、もともと地域の人が知らなかった個人的なことを

同じ町内であっても、ヘルパー業務を通して知り得た情報は、決して他人に話すべきではありません。

 

 

 

利用者の情報をSNSに載せてしまった事例

 

利用者Bさんは家事援助のサービスを受けていますが、ゴミ屋敷状態で部屋が散乱していました。

長年のゴミ屋敷だったのですが、ヘルパーはどうしても誰かに見せたくて個人のブログにBさんの部屋が散乱している画像をアップしてしまいました。

個人のブログだからバレないだろうと思っていた矢先、たまたま利用者の家族がその記事を発見。

利用者や家族とトラブルとなり訴訟問題にまで発展してしまいました。

 

事例から学ぶプライバシー侵害の要点

 

この場合、SNSであげた画像をとおして、どこの誰かを特定できるような公開をしたことが問題です。

ヘルパーもプライバシーに対する認識がかなり甘かったようです。

ネット上に1度出たものを回収することは実質的に不可能です。

決してあってはならないケースですので十分注意してください。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は訪問介護のプライバシーに関して解説しました。

ヘルパーが理解しているプライバシーの認識が甘いことがあります。

はじめはプライバシーについてしっかり守ろうと思っていても、長年勤めている、同僚がSNSで気軽にあげている、などの状況で感覚は変わってくることがあります。

1度プライバシーを侵害してしまうと、利用者との信頼関係を簡単に失ってしまいます。

また、何でも個人の携帯で保存したり、SNSで情報をあげることができますが、ヘルパーの軽はずみな行動がインターネットを通じたトラブルになりかねません。

そのこともしっかり理解したうえで情報の取り扱いには注意していきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!少しでも参考になれば幸いです。

 

ヘルパー / サービス提供責任者
記事が役にたったらシェアしてね!
くらたろうをフォローする
現役介護士が実際に登録してオススメな介護転職エージェント
【かいご畑】

介護職としてキャリアを積みたい人におすすめの転職支援サービスです。
・訪問介護で働くなら必須の資格「介護職員初任者研修」
・サービス提供責任者になる為の資格「実務者研修」
の2つを無料で取得することができます。

~かいご畑はこんな方にオススメ~

• 初任者研修、実務者研修(費用負担あり)を取得したい人
• 介護職の経験がない人
• 派遣社員、パート・アルバイトで働きたい人
• 介護職としてキャリアを積みたい人
• 転職が初めてで面接などサポートを受けたい人

良かったら登録してみてくださいね。

【マイナビ介護職】

転職・求人の大手「マイナビ」が運営していて、安心して利用することが出来ます。
20代~30代で正社員を希望している人はかなりオススメです。
非公開求人が多いのもマイナビ介護職の魅力的な所です!

マイナビ介護職はこんな方にオススメ

• 正社員で働きたい人
• 給与などのよい条件で働きたい人
• 20代・30代で求人を探している人
• 履歴書の書き方や面接のサポートを受けたい人
• 関東・関西などの都市部の人

良かったら登録してみてくださいね。

【きらケア介護求人】

求人数が他に比べるとトップクラスに多く、転職と言えば「きらケア」というぐらい定番です。
サポートアドバイザーが介護業界に詳しいので安心して転職活動を行うことが出来ます。

~きらケアはこんな方にオススメ~

• 未経験やブランクのある人
• 正社員や派遣社員、パート・アルバイトで働きたい人
• 転職が初めてで書類作成などのサポートを受けたい人
• 首都圏や都市部で転職したい人

良かったら登録してみてくださいね。

ヘルパー会議室